モビットの評判&口コミ

MENU

モビットの評判&口コミ審査

偏った目線ではなく、客観的な立場で消費者金融モビットのメリット・デメリットを徹底分析するコーナーになります。大手とのキャッシングの違いを比較したり、特徴を主に分析していますので、モビットの評判&口コミ評価を理由について知りたい方については参考の1つとしてチェックしてみてくださいませ。これを見ればモビットに向いている人が分かるはずです!

 

モビットのおすすめポイント一覧

 

まずは会社情報について簡単にまとめましたので、チェックしておきましょう。

 

商号 株式会社モビット(英名 Mobit Co.,LTD)
本社 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階

 

メガバンクの傘下である消費者金融になりますので、債務者からすると信頼性は高いのではないのではないでしょうか?安心感のあるキャッシング、カードローンであればモビットを視野に入れておきたいところではありますね。

 

WEB完結申込が凄い

 

下記の2つの条件を全て満たしている方はWEB完結で申込をすることができます。逆に満たしていない方については「カード申込」からお申込の流れになりますので、注意してくださいませ。

 

  1. 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている方
  2. 社会保険証または組合保険証を持っている方

 

ポイントになるのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行で普通預金口座開設をしてあるか?という点になります。いずれも日本を代表する金融機関になりますので、所有者は多いと思いますので、お持ちであればモビットでの借入は非常に便利になります。また、一般的な会社員や公務員であれば健康保険証に関する条件を満たすのはそれほど難しいことではないでしょう。それではココからが本題になります。一体、モビットのWEB完結の何がどう凄いのか?という点を説明していきたいと思います。

 

  • 来店不要
  • 電話連絡なし
  • 郵送物なし

 

インターネットで完結することができる利便性が優れている点についても評価することができるのですが、モビットは「誰にもお金を借りていることを知られたくない」という方にとって非常に適している消費者金融であると言えるでしょう。その理由となるのが職場への電話連絡、契約書類やカード発行等の郵送が無いという点になります。通常ですとキャッシング、カードローンなどお金を借りる時には避けては通れない、不安な時間になるのですが、モビットではそれを省略することができるのです。

 

「会社の上司、同僚、部下に電話連絡で勘付かれて噂されるのではないか?」
「家族に借金していることが発覚して喧嘩・離婚に発展しないだろうか?」

 

などやはり他人の目が気になるのが我々人間になりますので、バレる確率が低いというのは大きなメリットであると言えるでしょう。そのような不安を持っているのであればモビットの「WEB完結」を利用することをおすすめします。

 

他に「カード申込」という方法がありますが、こちらは融資スピードが遅い、WEB完結と比較すると不便というデメリットがありますので、条件を満たしてるのであれば迷うことなく「WEB完結」を選ぶといいでしょう。

 

スピード力が強味。※最短即日融資OK

 

銀行系カードローンと比べると融資実行までのスピードに魅力を感じる方も結構多いのではないでしょうか?

 

条件を満たせばモビットは※即日融資も可能になっていますので、緊急性の高い方にとってもおすすめです。※即日キャッシングするためのポイントをまとめましたので、ご覧くださいませ。

 

一番楽な方法はインターネットから申込、契約をして振込キャッシングをすることです。これなら自宅に居ながらモビットで即日キャッシングすることも可能になっています。振込の場合でのポイントは平日14時50分までに振込手続きを完了させることです。これに遅れてしまうと振込による最短融資を受けるのは難しくなるので注意しておきたいところではありますね。

 

もう一つの方法は「カード発行」パターンになります。※即日キャッシングを目指すのであればローン申込機でカードを受け取ります。ココで注意点については営業時間になります。平日、土日祝日9時~21時までの営業になります。

 

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビットのデメリット・マイナス点を分析

 

魅力だけを伝えるのではなく、デメリットも掲載していきたいと思います。

 

無利息期間なし

 

大手消費者金融会社のほとんどは「30日間無利息期間」が用意されているの対してモビットはそれがありません。

 

一定期間金利が掛からないのはキャッシングユーザーにとっては魅力に感じると思いますので、ちょっと損した気分になるかもしれません。無利息期間のある消費者を金融で選びたいという方には向いていないと言えるでしょう。

 

金利が高い

 

「無利息期間なし」を考える消費者金融のなかでも若干高い水準の金利になっていることが分かります。

 

また、銀行カードローンを比較すればやはり金利面の優遇で劣ってしまうケースが多いと思われます。低金利で決めたい方については向いていないと思います。

 

返済手数料が掛かる場合がある

 

口座引き落としの場合ですと手数料は無料になりますが、それ以外の提携ATM、銀行振込の返済方法だと手数料がかかります。さらに言えば口座引き落としができるのは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座しか指定することができないという難点もありますので、注意が必要になります。1回あたりで考えると数百円程度ですが、それが積み重なると結構大きい金額になります。

 

モビットの貸付条件について

 

モビットカードローンに関する内容を公式サイト参照でまとめてみました。

 

契約形態 極度借入基本契約
借入利率 契約毎に定める借入利率を次の通りとします。

(年365日の日割計算)
実質年率 : 3.00%~18.00%

借入利息計算方法 借入残高×借入利率÷365日×返済期日以前利用日数

ただし、うるう年の場合、年366日の日割計算とします。

賠償額の元本に対する割合 実質年率 20.00%

(平年の場合、年365日の日割計算/うるう年の場合、年366日の日割計算)

担保について 担保は必要ありません。
保証人について 保証人は必要ありません。
ご利用対象 満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)

アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。

元本および利息の支払 お客さまの指定された毎月一定日までに、特定の元本と利息をご返済いただきます。
貸付方法 ATM、振込貸付
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済方法 ATM返済、振込返済ならびに口座振替
返済回数および返済期間 最長106回(8年10ヶ月)
商品限度額 利用限度額1万円~800万円
支払期日設定日 毎月一定日
約定支払日 当社指定日より選択

毎月5日、15日、25日、末日

 

公式サイト

 

モビット