みずほ銀行カードローンの評判&口コミ

MENU

みずほ銀行カードローンの評判&口コミ審査

日本を代表するメガバンクの1つである「みずほ銀行カードローンの評判&口コミ評価」の理由について徹底分析するページになります。CM、広告は乱発されている訳ではないので、カードローン、キャッシングにおいてはあまりイメージを持っていない方もいると思いますのが、数ある銀行系カードローンの中で極めて優秀なスペックを誇っていますので、今回は単独企画として作成することになりました。みずほ銀行の発行しているカードローンの特徴やメリット、さらには他社に比べて劣る点・デメリットなど客観的に正直な意見として掲載していきたいと思いますので、どうぞ最後までチェックして頂ければと思います。

 

会社概要について

 

既に言うまでもありますが、みずほファイナンシャルグループで数ある銀行をはじめとする金融機関の中でも抜群の知名度と実績を誇っています。信頼性という観点で選ぶのであれば大きな魅力として考えることができるでしょう。

 

商号 株式会社みずほ銀行 (Mizuho Bank, Ltd.)
金融機関コード 0001
発足日 2013年7月1日
所在地 東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)

 

主な業務内容としては預金、貸出、商品有価証券売買、有価証券投資、内国為替、外国為替、社債受託および登録、附帯業務などになります。ファイナンスに関する様々な分野を取り扱っていますので、もしかすると今までに一度くらいはお世話になった方も多いのではないでしょうか?今後も注目しておきたい企業であることは間違えないでしょう。

 

みずほ銀行カードローンのメリット

 

続いては魅力や選ばれる理由について分析していきたいと思います。他社と比較した時に「みずほ銀行カードローン、イイネ!」と思える点に集中して紹介します!

 

専業主婦OK(配偶者に安定した収入があれば)

 

消費者金融の場合ですと審査難易度はそれほど高くはないのですが、「学生・主婦のパート・アルバイトの場合は本人に安定した収入があればOK」と掲載されていることが多いのが特徴的ではあります。キーポイントになるのは「本人に安定した収入が必須」という点になります。簡単に言えば主婦業とパートの兼業をされている方については対象になりますが、専業主婦は対象外というケースがほとんどです。しかし、みずほ銀行カードローンは専業主婦でも借入OKなのです。但し、「配偶者に安定した収入があれば」という条件を満たす必要がありますが、大半の場合ですと専業主婦・主夫の場合ですと片方の夫・妻がシッカリと働いているケースが多いので、それほど難しくはないと思います。

 

専業主婦でキャッシング・カードローンをされたい方は審査に挑戦してみてはいかがでしょうか?実は銀行系の中でも専業主婦の申込対象者にしている金融機関は少ないので貴重な存在なのです。

 

業界最高水準の融資限度額

 

カードローンの限度額1000万円クラスは今現在においてはほとんどありません。消費者金融の標準レベルが大体300~500万円が限度額、銀行系であれば500~800万円程度になっていますので、それに比べるとレアな存在価値があると思います。さらに言えば銀行の場合ですと消費者金融と違って総量規制の対象外になりますので、年収の3分の1を超える借入をすることができるなど年収に制限が無いので大口融資をされたい方にとっては非常に向いている商品であると言えるでしょう。

 

低金利

 

みずほ銀行カードローンの金利の低さはあまりに有名です。批評サイトの多くはその魅力的な低金利を評価する口コミ体験談・感想になっています。ズバリ金利は3%~14.0%になります。上限金利14%はハッキリ言って業界最低水準になります。ライバル各社のカードローンと比較すれば一目瞭然ではありますが、その魅力は明確に分かると思います。

 

ココで覚えておきたいのが「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の存在になります。2つの簡単なスペックについては下記の通りになります。

 

エグゼクティブプラン:①金利年3.0~7.0%、②最大限度額1,000万円

 

コンフォートプラン:①金利年3.5%~~14.0%、②最大限度額1,000万円

 

コンフォートプランでも非常に魅力的なスペックになっているのですが、それ以上のエグゼクティブプランの金利は低い!「上限金利7%ってカードローンであるんだ」と思わず筆者もビックリ仰天です。但し、注意が必要なのは誰でもエグゼクティブプランを選択することができる訳ではなく、審査の結果によって決定される仕組みになっています。みずほ銀行カードローンの「エグゼクティブプラン」はまさに選ばれし者だけが利用することができる超ハイスペックプランなのです。

 

WEBで即日融資可能

 

銀行系カードローンの場合ですとネックになるのが審査・融資のスピード力になります。消費者金融と比べると遅いのが印象的ではあります。しかし、みずほ銀行カードローンは即日融資も最短で可能になっていますので、緊急性のあるユーザーにとってもメリットがあると言えるでしょう。但し、みずほ銀行に口座を持っていなければいけないなど条件がありますので、注意が必要になります。持っていると結構手続きが楽ですので、おすすめです。

 

ご利用限度額200万円まで収入証明書不要

 

小口融資であれば書類の準備等の手間を大幅に省くことができますので、「手続き関係が大っ嫌い!」という方にも向いていると思います。借入限度額が原則200万円までなら収入証明書が不要になりますので、大きな借入をされたい方以外については楽ちんです。

 

みずほ銀行カードローンのデメリット

 

みずほ銀行の普通預金口座が必須

 

顧客を大切する社風なのでしょうか?確かにカードローン、キャッシングの低金利は魅力的ではありますが、ハッキリ言ってわざわざ口座を作るのは面倒というのが大半の意見ではないでしょうか?実際に口コミ&評判で批判的な感想・体験談の方でこの件について触れている方は結構多いのが特徴的ではあります。口座を作るだけで数週間かかる場合もありますので、口座を持っていない方については融資までに1ヶ月程度かかるとみておくべきでしょう。

 

銀行系では昔はこのような流れがあったのですが、最近では口座不要のカードローン・キャッシングが多いのが実情になります。他社と比べて不便になりますので、これはデメリットと言えるでしょう。

 

WEB完結申込&銀行窓口以外だと融資スピードが遅い

 

最短即日融資可能ではあるのですが、申込方法によっては遅くなるケースがありますので、注意が必要になります。

 

みずほ銀行の紹介サイトを見ているとスピード力を評価されている場合も多いので、それをあまり調べないで全て鵜呑みにすると痛めに合うかもしれない。口座を持っている場合でもやり方次第では2~3週間融資までにかかることもあります。

 

返済方法の利便性が悪い

 

基本的に返済は口座の自動引き落としのみになりますし、毎月10日(休業の場合は翌営業日)となっていますので、自由度が低いと言えるでしょう。自分のタイミングで返済することができないので利便性に難点アリと言えるのではないでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンの融資条件

 

商品名 みずほ銀行カードローン
利用対象者 以下のすべての条件を満たす個人のお客さま

①ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
②安定かつ継続した収入の見込める方
③保証会社の保証を受けられる方
*ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限にお申し込みいただけます。
*外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。
*審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。

資金使途 自由(ただし事業性資金はご利用いただけません)
プラン エグゼクティブプランとコンフォートプランの2つのプランをご用意しております。

プランは、審査結果によって決定させていただきます。
*プランについては、お客さまご自身でお選びいただくことはできません。

利用限度額 【エグゼクティブプラン】

200万円~1,000万円(100万円単位※)

 

【コンフォートプラン】
10万円、20万円、30万円、50万円、100万円~1,000万円(100万円単位※)
※インターネットでお申し込みの場合50万円単位でお申し込みいただけます。
*審査の結果によっては、ローンご利用のご希望にそいかねる、またはご希望のご利用限度額から減額させていただく場合もございます。

取引期間 1年(契約成立日から1年後の応当日の属する月の10日)とし、1年ごとの審査のうえ自動更新となります。ただし、銀行が特に認める場合を除き、満70歳以上での更新は行いません。
担保・保証人 不要(保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが審査のうえ保証します)
遅延損害金 ご返済を遅延された場合の損害金は年19.9%とします。

*公式サイト参照


みずほ銀行カードローンの評判記事一覧