総量規制対象外比較ランキング

MENU

総量規制対象外カードローン比較ランキング

このページでは前半に総量規制とは何か?という基礎知識に関する解説と後半に総量規制対象外カードローンの比較ランキングについて掲載しています。人気でおすすめ銀行系カードローンを厳選紹介していますので、最後までチェックしてくださいませ。

 

前半コーナー

 

総量規制の基礎編、まずは覚える!

 

総量規制とは簡単に説明をすると個人の借入総額が年収の3分の1を超えることが原則できないように定められた規制になります。

 

①新規で50万円を超える借入申込希望者
②合計金額が100万円を超える借入申込希望者

 

上記の2つのいずれかに当てはまる場合においては所得証明の提出義務がある点についても抑えておきたいポイントではありますね。

 

【総量規制対象一覧】

 

  1. 消費者金融
  2. 信販会社
  3. クレジットカード会社

気が付いた方もいると思いますが、銀行カードローンは総量規制対象外になりますので、そこが狙い目になります。それに対してCMでお馴染みのアコム、プロミス、モビット、アイフルは消費者金融の部類に入るので総量規制の対象になります。ココのポイントについてはシッカリと覚えておきたいところではありますね。

例をいくつか挙げると・・・

 

消費者金融→総量規制対象

 

クレジットカード会社→総量規制対象

 

信販会社→総量規制対象

 

クレジットカード(ショッピング枠)→総量規制対象外

 

銀行→総量規制対象外

 

新規で60万円借入→所得証明の提出義務アリ

 

合計で200万円借入→所得証明の提出義務アリ

 

新規で30万円借入→原則、所得証明の提出義務ナシ

 

合計で90万円借入→原則、所得証明の提出義務ナシ

 

年収300万→100万円を超える借入できない

 

年収600万→200万円を超える借入できない

 

年収900万→300万円を超える借入できない

 

年収1200万→400万円を超える借入できない

上記の例でザックリとしたイメージは出来たと思います。但し注意が必要なのは年収900万の人が300万円までなら簡単に借り入れすることができると思ったら大きな間違えです。安定した収入を得ていると思われている大企業ですなら1年後に100~200万円程度のダウンは十分に考えられますし、会社が経営難であればリストラも十分にありえるでしょう。つまり年収900万円を維持することができる確証が無ければ通常は限度額いっぱいで借入するのは難しいと考えるべきでしょう。理論上で考えると不可能ではないのですが、期待するべきではないというのが一般論ではありますね。

 

ちなみに年収は会社から支給されている給与や個人事業主の事業所得だけではなく、年金・土地や不動産収入・副業収入なども含まれますので、自分が思っている以上に高い可能性もありますので、覚えておきましょう。

 

時代の背景。総量規制の本当の目的とは?

 

この規制が作られた時代の背景としては返済能力の低い社会的弱者に高金利で多額の貸付を実施して、結果的に任意整理、個人再生、自己破産などの債務整理手続きまでに追い込まれてしまった人が続出したからと言われています。総量規制や過払い金請求によって苦しむ消費者金融会社は最近では増えていると言われています。実際に当時大手の一角を担っていた武富士などは倒産しました。

 

一見すると債務者を救済する素晴らしい規制のように思えますが、これから消費者金融へキャッシングする方にとっては非常に邪魔で息苦しさを訴える意見もあります。確かにこれによって破産に追い込まれる人は減るのかもしれないのですが、それにしても年収の3分の1だとちょっと言う方も少なくはないでしょう。

 

特にある程度年収がある方であればそれほど問題はないのですが、主婦やパート、フリーターなど低所得者にとっては急な不足分に対応することができないと悩まされているケースも体験談・口コミなどを見ると多いような気がします。筆者としては総量規制に引っかかり、お金を借りることができない人が悪徳賃金業者(通称・闇金融)に手を出さないか?心配です。結論から言えば闇金を利用する方って総量規制の対象になってしまい、優良の消費者金融からキャッシングできない人が多いのが実情になります。違法な高い金利を取られるだけではなく、厳しい取り立てに合うなど闇金に厳しくなっている現在の世の中においても被害者は続出している状況になりますので、心配の側面もあるというのが筆者の感想ではありますね。

 

総量規制対象外とは何か?

 

「総量規制」の基礎知識を得たところで、続いては「総量規制対象外」って何?という疑問に答えていきたいと思います。

 

簡単に言えば賃金業法で定められた総量規制の対象にならない貸付になります。

 

種類については「例外貸付」、「除外貸付」の全部で2つあります。

 

例外貸付とは・・・貸付残高は算入しますが、例外的に年収の3分の1を超える場合でも返済能力があると判断すればカードローン、キャッシング等で債務者に貸付をすることができるというものです。

 

除外貸付とは・・・総量規制の対象とならない貸付になります。代表的なところで言えば住宅ローン、マイカーローン(車ローン)などになります。

 

例外貸付について

 

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

 

参照元:施行規則第10条の23第1項各号、日本賃金業協会ホームページより引用→URLhttp://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

 

確かに緊急性が高く、必要なお金が揃わないと不利益になることって結構あると思います。病気で医療費がかかるのにお金がないと困りますよね?これでお金を借りることができないと最悪の場合ですと命に関わる可能性も十分に考えられるでしょう。例えば既に年収の3分の1の総量規制限度額まで借り入れをされている方であっても緊急の医療費であれば通常総量規制の対象になる消費者金融からもキャッシング・カードローンで借入することも可能になります。当然、いかに緊急で医療費で使うお金を手に入れたいと考えている場合であっても相手は商売になりますので、審査に通る保証はありませんので、気を付けてくださいませ。

 

除外貸付について

 

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

 

参照元:施行規則第10条の21第1項各号、日本賃金業協会ホームページより引用→URLは「例外貸付について」の参照元と一緒です。

 

年収の3分の1までしか借りることができない世の中であれば自分の理想とするマイホームや自動車を購入するのは難しくなるでしょう。上記の例についてはシッカリと確認しておきたいところではありますね。

 

ワンポイントアドバイス!

 

例外貸付・除外貸付の借入については総量対象外になります。また上記以外においても冒頭でも説明しましたが、銀行カードローンであれば新規総量規制対象外でお金を借りることができます。既に1社~5社くらいの消費者金融で総量規制の上限まで借りていて、「キャッシングできない!」と悩まされているのであれば銀行カードローンがおすすめです。詳しくは後半の「総量規制対象外比較ランキング」で人気のある銀行キャッシングを紹介していますので、チェックしてみてくださいませ。

 

総量規制対象外に関するQ&Aコーナー

 

いろいろ調べたり、このページを入念にチェックをしたけどイマイチ理解することができないという方向けに「よくある質問に対して答えるコーナー」を作成されて頂きました。全てを明らかにして安心して総量規制の対象になる方は銀行カードローン、総量規制の対象にまだなっていない方は消費者金融又は銀行を利用して頂ければと思います。

 

年収の3分の1以上を消費者金融に借りるのは不可能?

原則として年収の3分の1以上の借入は総量規制の対象になりますので。消費者金融で借入するのは不可能です。

 

しかし、例外貸付及び除外貸付に当てはまれば別になります。上記に一覧項目を掲載していますので、チェックしてみてくださいませ。

 

上手に交渉すれば何とかなるのではないか?とやり手のキャッシング希望の営業マンであれば考えるかもしれません。しかし、ルールを破るような消費者金融はブラックな業者であることは間違えないので、逆に危険でリスクが高まります。当然、ルールを破れば営業停止になるなど厳しい行政処分が下る可能性がありますので、優良の消費者金融であれば絶対に守っています。

 

専業主婦で収入証明が無いとお金は借りられない?

専業主婦ということは基本的にパート・アルバイト・正社員などで働いていない方になります。簡単に言えば年収はゼロ円ということになるでしょう。近年において働き方の多様化から在宅でも収入を得ている方もたくさんいるみたいですが、そのような方はこの回答では除かせて頂きたいと思います。

 

結論を申し上げると消費者金融で無収入の専業主婦が借りるのはほぼ不可能と考えておくべきです。無担保、保証人なし・・・それではあまりにリスクの高いキャッシングは難しいです。しかし、諦める必要はありません。代案策がございます。それが銀行カードローンです。消費者金融より銀行の方が審査が厳しいイメージを持っている方が多いと思います。しかし、専業主婦のケースに限っては銀行の方が歓迎ムードになりますし、何より低金利のケースが多いのでお得に感じるはずです。ぜひ、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

自営業・フリーランスへの貸付は総量規制対象外ですか?

はい。当ページの例外貸付一覧の1つとして適用されますので、個人事業主(自営業・フリーランス)なら総量規制対象外で借入することが可能となっていますので、理論上年収の3分の1以上でもお金を借りることができます。但し、審査に通る保証はありませんし、通った場合においても高い金利設定になる可能性がありますので、返済計画をシッカリ作ってお金をやり繰りをする必要があります。

 

法人への貸付でも総量規制はあるの?

総量規制は「個人向け貸付」を対象とする定めです。「法人向け貸付」については当然のように総量規制の対象になりません。法人代表者(社長や会長等の経営者)は会社として事業者ローン等で資金調達をする場面も多数あると思います。そのような場合においても総量規制の対象になることはありませんので、心配は不要です。

 

総量規制でお金を借入できない場合でも闇金は利用しないべき?

消費者金融からの融資を断れらて、いつも借りているところから見放されてしまった・・・

 

次の充てもなくさまよっている人が闇金を利用するケースが多いと言われています。違法な賃金業者であることは理解していても今すぐお金が欲しいし、すぐに返済すれば大丈夫!そのようにポジティブに考えている方は非常に危険です。悪質な場合ですと通常の5倍以上の金利をむしりとる闇金もありますので、1度借りると返済のためにまたキャッシングと多重債務者の王道の流れになります。

 

テレビのニュース番組の専門家のコメントやネットで情報収集をして「闇金には返済する必要がない!」と真に受けて知能派で攻めようと考えると痛い目に合うので絶対に利用するのは止めましょう。闇金は生き延びるために次々に荒手な詐欺的な手法を編み出していますし、厳しい取り立てや場合によっては家族に迷惑をかける可能性もあります。最後によくある質問としてもう1つ序に答えると「闇金業者は総量規制対象外?」についてはTESです。そもそも闇金はルールを完全に無視している非正規業者ですので、関係はないのです。

 

総量規制の対象になりました。抜け道や裏技はないのですか?

賃金法という法律で定められているルールですので、必殺技のような手法はありません。安心できる優良業者であれば全てルールを守っています。むしろ「普通はどこも無理ですけど、うちならOKです!」みたいな甘い文句を言っている業者があれば悪徳業者ですので、利用しない方がいいでしょう。

 

ただ、消費者金融の借入で総量規制対象になってしまった人にアドバイスをするなら銀行カードローンを利用することです。それまでに何度も言い続けてはいますが、やっぱりそれがベストですね。

 

クレジットカードの総量規制が分かりにくいのですが・・・

クレジットカードキャッシング枠→総量規制の対象になります。
クレジットカードショッピング枠→総量規制対象外になります。

 

結論を言えばキャッシング枠は対象になるけど、ショッピング枠なら対象外ですよ!ということです。

 

そもそもキャッシング枠とショッピング枠の違いが分からないという方のために補足で簡単に説明しますね。

 

キャッシング枠とは直接現金を借りる限度額になります。

 

ショッピング枠とはリアル店舗、楽天やアマゾン等のネット店舗で買い物する時の限度額になります。レストラン、買い物をクレジットカードでお支払いしている人を見たことはありますか?それがクレジットカードのショッピング枠になります。50万、100万、200万、250万とかで枠が設けられていますので、気になる方は確認してみてくださいませ。

総量規制対象外比較記事一覧