フリーローン比較ランキング

MENU

銀行フリーローン金利比較ランキング

お金を借りるサービスが本当にいろいろな種類があって、「覚えるの大変!」嘆きたくなる気持ちは大変理解できます。

 

今回紹介するのは①「フリーローンとは」、②「銀行フリーローン比較ランキング」に関する内容になります。キャッシング、カードローン・・・「また新しいの出てきたよ!」とツッコミを入れている方も中にはいるでしょう。銀行フリーローン低金利比較や人気ランキング関する企画も用意していますので、「どこに借りようかな~?」と迷っている方については参考にして頂ければと思っています。

 

ちなみに

 

フリーローン=多目的ローンになりますので、覚えておきたいところではありますね。

 

フリーローンとは、一体何?

 

まずは基礎的な知識を身に付けましょう!

 

「大体分かっている!」

 

「多目的ローンでおすすめ銀行を早く知りたい」

 

というような方については飛ばして、比較ランキングコーナーを早速チェックしてくださいませ。

 

フリーローンとは・・・ザックリ言えば名前の通りで目的を問わない借入のことです。消費者金融、信販会社(クレジットカード会社)ではなく、銀行が取り扱っている個人向けのローンとして注目を集めているのが特徴的ではあります。ちなみにキャッシング、カードローンとはちょっと違いますので、ゴチャゴチャにならないように気を付けたいところではありますね。

 

フリーは自由で束縛・制約が無いという意味になりますので、「借りたお金は私の勝手に使わせてよ!」という方に大変向いているローンの1つになります。但し、完全に自由に使える訳ではないので、ちょっとややこしい名称になっているのが注意点になります。例えば通常の個人向けフリーローンの場合ですと独立・起業・経営等の事業目的、投資目的で借りるのは難しいという声もあります。もちろん、事業資金向けのフリーローンもありますので、そちらを利用すれば問題はありません。

 

フリーローンの特徴やメリット・デメリット

 

【メリット】

 

  • 金利が低い
  • 基本的に資金使途の制限がなく、自由度が高い
  • 計画的に早く返済しやすい

 

多重債務者になって自己破産するのは怖いという方に大変人気があります。フリーローン(多目的ローン)の低金利比較をすれば一般的なカードローン、キャッシングに比べて大幅に「安い!」と叫びたくなるような金利に出会える可能性が十分にあります。ビックリするような嬉しい成功事例ですと半分以下の金利というケースもありますので、これまでにキャッシングを繰り返してきた方からすると喜びの一言ですね。

 

金利が安い・低いと高い場合に比べて毎月の利息返済額が少ないので、生活の圧迫を避けることができるというメリットがあります。その分を元本の返済に充てることもできますので、計画的にフリーローンを利用すれば借金地獄に苦しむリスクも少なくなると思います。また、何といっても資金用途が基本的に無いというのは嬉しいですね。(一部制限あり。)

 

また、追加で融資を受けることができないので、借入→毎月返済→借入→毎月返済・・・の悪循環に陥ることもなく、スムーズに完済しやすいと思います。デメリットにも掲載していますが、個人的にはこれまでメリットであると思っています。確かに利便性については悪い一面もありますが、何より延滞しないで計画的に返済をすれば確実に完済に近づけることができるのは嬉しいですね。ついつい、またこれが欲しい、あれ欲しいと欲望を出すのが人間になりますので、それを断ち切りたい方やこれまでカードローンで失敗をされた方については多目的ローンを比較対象に入れておいてはいかがでしょうか?

 

【デメリット】

 

  • 即日融資不可
  • 追加融資不可
  • 事業・投機目的不可

 

フリーローンのデメリットで挙げられるのは主に上記の3つになります。即日融資どころか1日、2日、3日経っても審査が通って、融資実行されるのは難しいと考えておくべきです。即日でお金を借りたい方には向かないので、緊急性が高い場合においては銀行系又は消費者金融系のキャッシング、カードローンをおすすめします。それではどのくらいで契約が完了して、融資が実行されるのか?という点ですが、各社によって差があるのでハッキリした答えは出せないのですが、1週間以上かかる銀行フリーローンが多いのが現状になります。スピード力に欠けますので、「早くしてよー!」、「お~い。まだか~?」、「めんどくせ~~」と審査待ちの状況の時には叫びたくなりますね。

 

また、個人的にはメリットであると認識しているのですが、追加融資を受けることができないという点をデメリットに捉える意見も結構あります。追加でお金が必要になった時は再度審査をして、金銭消費貸借契約しなければいけないのは確かに面倒な手続きになりそうですね。お金を借りる種類はたくさんありますが、数ある中でも多目的ローンはある意味”流動性が低い”と言えるのかもしれない。

 

皆はどのような資金用途なの?

 

具体的なフリーローンを活用した使途についてピックアップしてみましたので、ご確認くださいませ。

 

  • 海外旅行へ出掛けたい!
  • 最新のパソコンが欲しい
  • 引っ越したい
  • 結婚式でお金が足りない
  • 整形して可愛くなりたい

 

などなど様々な目的を果たすために多くの方がフリーローンを上手に活用されています。確かにお金を貯めて、1年・2年我慢するよりも待たないで借入をしたい時ってありますからね。海外旅行に行った経験がその何倍以上もの価値を生む可能性も十分にありますし、最新パソコンを購入して仕事が軌道に乗ることも十分に考えられます。また、特に女性の間で流行している美容整形の多くは健康保険適用外になりますので、自己負担額が大きくなることがあります。そのような場合においてもフリーローンは有効な選択肢の1つであると思います。

 

銀行フリーローンとカードローンの違いって何?

 

違いについて徹底検証してまとめると下記の通りになります。

 

①フリーローンは銀行の個人向けローンに対して、カードローンは銀行、消費者金融、信販会社(クレジットカード会社)がそれぞれ取り扱っている個人向けローンになります。

 

②フリーローンは追加融資を受けることができないが、カードローンなら枠内での追加融資は何度でも自由に繰り返すことができる。

 

③フリーローンはカードローンに比べて金利が低い傾向が見られる。(特にメガバンク)

 

④フリーローンは基本的に即日融資は難しいが、カードローンは即日融資できる銀行が多数ある。

 

⑤フリーローンは手軽にコンビニATMキャッシングはできないが、カードローンなら出来る場合が多い。

 

なお、審査難易度、必要書類、融資限度額、資金使途の自由度については同等レベルであると考えていいと思います。似てはいるのですが、ちょっと違う!というのがポイントですね。なお、銀行カードローンと同様に銀行フリーローンは総量規制対象外になります。気を付けなければいけないのはフリーローンはあくまで銀行への個人向け借り入れであるという点です。消費者金融のキャッシングとは異なりますので、注意をしなければいけません。