学生ローン比較

MENU

おすすめ!学生ローン比較ランキング

勉強も恋愛も就活も全部成功したい!そのように考えている将来ある若い方って結構多いと思います。しかし、勉強したり、好きな男性・女性をデートしたり、同性同士で遊びに行ったり・・・結構お金がかかりますよね。1人暮らしをしている方で親から仕送りを貰ってる方であればある程度ゆとりはあると思いますが、家庭の事情でそうではない人ってたくさんいると思います。自分で稼いで、生活する!みたいな学生も中にはいるでしょう。そのような時に急な出費が重なり、「お金が足りなくなった。家賃が払えない・・・」などなどお金を借りたいという方も多いと思います。

 

しかし、学生ローンとは?学生で審査に通ることは可能なのか?などいろいろ疑問があると思いますので、最初に基礎知識的なコンテンツ記事を最後に「おすすめ!学生ローン比較ランキング」を発表しますので審査甘い・緩い?、金利低い・安い?について徹底比較してみてくださいませ。

 

 

学生ローンとは何か?

 

大学生、大学院生、専門学生、短大生・・・など学生を対象に融資をする消費者金融のことです。銀行系カードローン、キャッシングを対象に加えてランキングを構成されている方もいるみたいですが、日本において学生ローンは消費者金融への借入を表すみたいです。なかなか、イメージが沸かない方のために消費者金融へのキャッシング・カードローンで代表的な会社をいくつか挙げて行きたいと思います。

 

  • プロミス
  • アコム
  • レイク
  • アイフル

 

CMがたくさん流れていますので、知っている方がほとんどだと思います。有名人を起用されていますので、筆者にとってもお馴染みがありますね。安心感を考えると大手消費者金融がおすすめですね。

 

学生ローン審査や利用条件について

 

一番の心配事と言えば本当に審査は通るの?という点になります。各社審査基準については異なりますので、明確なことは言えないのですが、基本事項は抑えておきたいところではありますね。よくある質問に答えていくスタイルでまとめましたので、どうぞご覧くださいませ。

 

未成年ですが、お金を借りることはできますか?

アイシーローン、株式会社カレッヂ(カレッジ)、フレンド田(DEN)など一部未成年OKの消費者金融もありますが、
知名度の高いメジャーな大手消費者金融は全て未成年対象外になります。簡単に言えばプロミス、アコム、アイフル、レイク、モビットなどはNGです・・・。学生の中には女性で早い方なら16歳、17歳、男性なら18歳、19歳で結婚されている方もいると思いますので、一人前の大人とハッキリ言って大差はないと思います。逆に未成年に積極的に融資をする消費者金融の噂を友達から聞いたのであればよく調べてから申込をすることを推奨します。学生ローン(大手消費者金融)は年齢的に20歳以上が基本的に対象になりますので、覚えておきましょう。

 

追記:消費者金融の学生ローン審査に落ちたら、18歳・19歳など未成年OKのクレジットカードを作成してキャッシングするのも1つの手です。但し、こちらについてもキャッシング枠は正直言って少なくなることが推測されます。代表的なクレジットカードで言えば三井住友VISAデビュープラスカード、ポケットカード P-ONEカード、JMBローソンPontaカードVisaなどですね。

 

学生で無収入ですが、審査に通る可能性はありますか?

遊び重視の学生の中にはアルバイトを全くしないで、仕送りで生活することに成功されている方もいると思います。但し、急にお金が必要になった時に親にお願いしたら断られてしまった・・・そのような体験談・口コミは結構ありますね。学生ですので、ニートではないのですが無職・無収入の条件で審査に通るのか?という点ですが、限りなく不可能です。「審査甘い」、「審査緩い」学生ローンを探そうとしても無駄です。基本的に優良消費者金融の場合ですと「安定した収入があること。」が条件になります。

 

どの程度働けば「安定した収入」に当てはまりますか?

各消費者金融によって判断基準は異なります。但し、週5でフルタイム勤務しなければ必ずしもいけないという訳ではありません。1つの参考目安としては週2~3回勤務の1日3~4時間程度でも審査に通る可能性はあります。微妙なラインで迷っているのであれば、一番手っ取り早いのは申込を早速してみることです。

 

必要書類を教えてください。
  1. 学生証
  2. 本人確認書類(免許証、保険証など)

 

上記の2点が基本になります。詳しくは各社の公式ホームページで確認してくださいませ。

 

インターネット申込、来店申込どっちがいいの?

効率性を考えるとインターネット申込をおすすめします。営業時間などに捉われる必要もないのでメリットがあると思います。実際に来店不要で契約することができる会社がほとんどです。

 

学生ローンは即日融資は可能?限度額は?

即日融資可能な消費者金融は多いです。限度額については1万円~30万円、1万円~50万円、1万円~500万円、1万円~800万円など賃金業者によって様々です。但し、正直なところ学生で100万円以上借り入れをするのは相当難しいです。現実を考えると30万円~50万円程度と思っておくべきでしょう。

 

父親・母親に内緒で学生ローンは借りられますか?

親にバレないでコッソリと学生ローンを利用したい・・・そのように考える方って結構多いと思います。家族に心配を掛けたくないし、今後社会人になって独り立ちをするプライドを持っている方もいると思います。結論から申し上げると学生ローンは親にバレないで内緒にコッソリとお金を借りることができます。一番、不安に思っているのは実家に電話(TEL)されたり、書類に捺印を求めたりすることだと思いますが、消費者金融業者は十分にそのような学生の心配を把握されていますので、大丈夫です。ちなみにアルバイトの勤務先や学校にバレることも基本的にないので安心してくださいませ。

 

*親の同意が求められたり、書類の記載など必ずしもバレない保証はありません。

 

返済が遅れると厳しい取り立てをされる?

計画をもって返済するのがモラルです。また、遅れてしまうと遅延利率が適用されますので、通常より利息総額が増えますので、デメリットと考えるべきです。ただ、ドラマのような罵声を浴びせられたり、厳しい取り立てに合うことはありません。正規の賃金業者である消費者金融であれば法律に反することはしません。それでもやっぱり不安という方については大手で知名度の高い業者を推奨します。

 

学生ローンは総量規制対象外?

違います。学生ローンは総量規制の対象になります。ですので、借り入れできるのは年収の3分の1までになります。

 

皆の学生ローンを利用する目的とは?

 

どのような資金用途で借入をするのか?気になる方もいると思いますので、体験談・口コミなどで多い理由についてまとめてみましたので、ご覧くださいませ。学生ローン評判・比較を検討されている方についても知っておきたいところではあります。

 

  • 資格取得
  • 海外(国内)旅行
  • ショッピング(買い物)
  • 家賃・光熱費(ガス、電気、水道代)
  • 運転免許取得
  • 引越し資金
  • デート代(交際費)
  • 就活に必要なスーツ・グッズ購入
  • スマホ・携帯代
  • 食費・外食

 

結構いろいろありますね。資格試験合格を目指して勉強・アルバイトを両立されている方って結構多いみたいです。また、何といっても自由度の高い学生のうちに遊びたい!と考えている方はたくさんいるようです。その1つとして代表的なのが旅行ですね。若い20代の内しか体験できないことをしたい!そのようなポジティブな目的っていいですよね。

 

学生ローンは利用目的を聞かれますが、パチンコ、スロット、競馬などギャンブルは審査を通過するのは難しいでしょう。実は審査で落ちる?通る?の決め手になることもありますので、注意が必要になります。もちろん、虚偽申告は絶対にダメですので、正直に伝えましょうね!

 

学生ローン比較記事一覧

就活中や就職後すぐにキャッシング・カードローンをしてお金を借りたい場面はあると思います。実際に仕事を決めるために惜しみなく費用をつぎ込む方は結構多いみたいです。就職活動を継続するために消費者金融やクレジットカードでキャッシングしたという体験談・口コミもインターネットの情報を見ると結構いますからね。また、その間にお金を使いすぎて就職内定後にキャッシング・フリーローン借入をする例も少なくはないです。就...

日本ではようやく大人の仲間入りをすることができるのが20歳(二十歳)になります。ルールで20歳以上という条件があるケースは世の中にはたくさんありますので、誕生日が来ると解放された気分になる方も少なくはないでしょう。それでは20歳になると何ができるようになるのか?ちょっと気になりましたので、ザックリとまとめてみることにしました。タバコお酒競馬・競輪・競艇・オートレース契約行為に親の同意が不要に裁判員...

20歳未満のキャッシング・カードローンは難しいというのは周知の通りです。しかし、18歳・19歳の未成年でお金を借りたいと考えている方は結構多いのではないでしょうか?場合によっては高卒・中卒であれば既に一人前の社会人として働いている方もいますので、収入面で言えば大人と対等クラスのケースもあると思います。芸能人など特殊な活躍・職業であればそれ以上の数千万円~億単位の年収を稼いでいる方もいるでしょう。さ...