年収400万のキャッシング審査

MENU

年収400万円のキャッシング・借入限度額

丁度サラリーマンの平均年収が450~480万円程度と言われていますので、多くの方に当てはまる収入層をテーマにしたページになっています。月収の給料は25万~35万円程度でしょうか?ボーナスあり・なしで1ヶ月の給与については結構違ってくると思います。

 

主に年収400万のキャッシング審査・融資限度額・金利って実際どうなの?というテーマで徹底解説していきたいと思いますので、どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

このページの対象収入層は下記の通りになります。

 

年収400~499万

 

キャッシング審査のポイントは「安定した収入」

 

正直なところ時給が高ければ年収ベースで年収400万円以上になることはチラホラあります。なかなかいないのは確かですが、それほど珍しい訳ではないでしょう。

 

日本においては正社員とパートやアルバイトなどの非正規雇用者では信頼度の大きな差が見られるケースが多いのが特徴的ではあります。キャッシング・カードローンにおいても審査や限度額などにそれらは見られる傾向がありますし、他でもクレジットカード発行、住宅ローン、マイカーローンなど様々な場面でその兆候は見られています。

 

ですが、最近ではパート・アルバイトで借り入れOKの消費者金融・銀行は増えていますので、1000万円以上などは別ですが少額融資であればそれほど気にするレベルではないのかもしれないです。実際にキャッシング審査の口コミ体験談などを見てもパート・アルバイトで審査を通過されている例はたくさんあります。さらに言えば年収400万円台であれば普通のバイトではなく、スーパーアルバイトと言っても過言ではないのではないでしょうか?

 

ボーナスなしであれば月収で30万~35万円程度稼いでることになりますので、強気で申込していいレベルであると思います。これは派遣社員、契約社員などでも同様と考えていいでしょう。

 

正社員であれば特にその点で不利になることは無いと思いますが、正規雇用者だからと言って確実に審査を通過する訳ではないので注意が必要になります。例えば同じ年収420万の正社員・派遣社員・パートがそれぞれ一緒の消費者金融に借り入れ申込をされた場合で正社員だけ落ちて、あとの派遣・アルバイトは審査に通ることができたということも十分に考えられます。

 

年収400万円の限度額&総量規制とは?

 

年収400万円で総量規制の消費者金融キャッシングをする場合ですと・・・

 

年収の3分の1に借り入れが制限されますので、

 

400÷3=133.3333・・・

 

約133万円までが原則借り入れ限度額になります。イマイチ理解できない方のために年収480万円を例に融資限度額を計算していきたいと思います。

 

上記と同じく年収の3分の1に借り入れが制限されますので、

 

480÷3=160

 

160万円まで借入可能であることが分かると思います。但し注意しなければいけないのは・・・

 

①現在借りている総額
②今回の借入希望額
③残りの借入枠の残高

 

上記の3つを合算した金額が年収の3分の1までになるか?ということになります。既に借り入れ金額がたくさんある場合は新規での融資は年収の3分の1よりさらに制限されることになりますので注意が必要になります。

 

また、年収400万円で150万円借入したい!というのであれば総量規制対象の消費者金融キャッシングではなく、総量規制対象外の銀行カードローンをおすすめします。実は銀行でお金を借りる場合においてはそのような制限はありませんので、大口融資をされたい方はぜひ覚えておいてくださいませ。

 

消費者金融→総量規制で年収の3分の1までに制限

 

銀行→総量規制対象外、年収の3分の1以上も借入可能

 

一般的に銀行の方が審査が難しい傾向がありますし、実際には融資枠は年収の4分の1、5分の1程度になる可能性も十分にあります。むしろギリギリまで融資限度額を設定するケースはレアですので、余裕を持った借り入れが大切になります。

 

コラム~年収400万円の生活感とは?

 

最後にキャッシング、カードローンとは関係は無いのですが、どのような生活レベルを送ることができる給料なのか?若手にとっては非常に気になるポイントになりますので、まとめてみました。

 

月収:25万(ボーナスなし、33~34万)

 

家賃相場:6~7万円

 

車相場:50万~100万

 

1年間に目指したい貯金額:100万円

 

家賃については無理をすれば10万円程度まで支払う能力はあると思います。

 

一般的に不動産賃貸の年収目安については賃料×36カ月分、できれば48カ月分と言われていますので、家賃10万円のマンション、アパートを賃貸できる可能性は十分にありますが、現実的に考えると6~7万円程度が相場になるでしょう。車については年収400万~499万円程度であれば無理なく購入できるのが100万円までになります。但し、特に若い20代前半~後半の方などにおいてはローンをしてでも高級車に乗りたいというのが本音でしょう。生活が圧迫する恐れがありますが、1人暮らし、実家暮らしの独身で他に趣味が無いのであれば可能でしょう。結婚して子供がいるとちょっとキツイかな?

 

上記はあくまで目安になります。家賃を2~3万円にして余ったお金を車や貯金に回すこともできます。1人一人に合ったライフスタイルがありますので、参考に留めておいてくださいませ。


年収400万のキャッシング審査記事一覧

収入のほとんどない年収100万円以下のキャッシング借り入れ・カードローン入門のページになります。主に下記の給料層をターゲットに記事を掲載しています。無収入(年収ゼロ円)年収10~20万円台年収30~40万円台年収50~60万円台年収70~80万円台年収90~100万円以下上記のような少額給与の場合ですと年の始めに退職したパターンかアルバイト・パートの収入である可能性は非常に高いですね。一般的に主婦...

このページでは年収200万円のキャッシング借り入れ審査に関するテーマで徹底解説していきたいと思います。主な対象者になるのは下記の通りになりますので、確認のほどよろしくお願いします。年収200~210万年収220~230万年収240~250万年収260~270万年収280~290万月収・給料で考えると15万~24万円程度になりますので、気持ちの問題ではありますがそれほど裕福な生活を送るのは難しいと言...

女性の前年代の平均年収が350万円程度になりますので、普通の収入を得ているOLが主に対象となるページになります。男性陣についてはやや平均より低めになりますが、20代前半であれば高めの部類に後半でも普通より若干高い給料レベルであると思います。主な年間給与の対象者については下記の通りになりますので、チェックしてみてくださいませ。年収300~310万(月収25~26万)年収320~330万(月収27万前...

平均年齢で考えると42歳~48歳の働き盛りの会社員で年収500万円台の人は多いと思います。平均給料水準の高い会社に勤めている総合職であれば入社して2~5年目の24歳~29歳くらいの年齢層でも超えてくるケースは男性・女性共に割と結構あるのが特徴的ではありますね。さて、紹介するのは年収500万のキャッシング・カードローン審査事情に関するテーマで徹底解説していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いし...

日本のサラリーマンの平均年収を十分に上回っているからと言って決して裕福な生活をしている訳ではないでしょう。さて、紹介するのは年収600万のキャッシング借入になります。自営業であれば割と難しくはないのですが、サラリーマンでこの金額を安定して稼ぐのは結構大変です。平均給料が丁度このレベルの収入である職業をいくつか挙げると国家公務員、薬剤師、社会保険労務士、行政書士などになります。もちろん、個人差があり...

税金についてもかなり引きれてきますので、年収700万円あれば全て使える訳ではありません。実際の手取りは扶養など個々の状況によっても異なりますが、約550万円程度と考えていいでしょう。月収ベースでは40万~60万円程度が支給額になり、手取りベースでは給料45万円が相場になります。このレベルの収入に到達するための一番の近道は平均年収で700万円を超えている企業に就職することになります。一般的な中小企業...

手取り額で考えると600万円台前半になりますので、毎月に自由で使える金額は平均的に50万円程度ということになります。額面で言えば月収50~65万円程度でそれにボーナス・賞与を加えての年収になっているケースがサラリーマンの場合ですと多いように思えます。これだけの収入があれば子供2人、妻・夫を養うことは十分にできますが、見栄やプライドが度を越えると借金地獄になりますので、その辺りについても注意が必要に...

年収900万円あればどの地域エリアにおいてもある程度の生活はすることができるはずです。但し、会社で家賃補助があるか?ないか?によって住まいのレベルが変わってくるケースも多い収入層であると思います。一般的にサラリーマンでも到達することは十分に可能ですが、よほどの高収入カンパニー以外では管理職・経営者のポストになるでしょう。20代~30代前半でこのクラスの給料を得るのはまず普通の会社員では難しく、若手...

サラリーマンが目標に定める収入と言われているのが年収1000万円になりますので、ある意味多くの社会人の憧れとされている高収入を手に入れていることになります。男女共にロマンであり、一生のうちに一度は達成しておきたいと密かに野心を燃やされている方も少なくはないでしょう。しかし、年収1000万円あれば何だって出来る訳ではありません。カップラーメンも食べるし、車も軽自動車、子供は小中公立・・・なんて実は庶...