教育ローン比較ランキング

MENU

おすすめ!教育ローン比較ランキング

子供1人育てるためには平均で2000万円以上必要と言われていて、その中でも高校入学から大学卒業までの7年間は教育費・養育費のゴールドラッシュと呼ばれている期間で1000~1200万円程度かかるケースが多いと言われています。もちろん、私立の医学部など高額な入学金・学費とされる教育機関で学ぶ場合ですとそれ以上にお金がかかります。年収1000万円以上、2000万円以上、3000万円以上と比較的裕福な家庭であればそれほど難しくはないのかもしれないのですが、世帯年収は300万円~600万円程度の層が半分程度を占めていますので、「おすすめ!教育ローン比較ランキング」はほとんどの方にとって関心のあるテーマであると思います。このページでは基礎的な部分の知識に関する解説から教育ローン評判&口コミ評価で人気のサービスまで様々な視点で分析していますので、どうぞ最後までチェックして頂ければと思っているところではありますね。

 

教育ローンとは・・・一体何?

 

シンプルに回答すると「使途を子供の教育関係の費用に限定する借り入れ」のことです。主に銀行等の金融機関が個人を対象の行うローンになります。ですので法人・事業向けの商品とは異なります。

 

具体的な使途の例にについて挙げると下記の通りになります。

 

  1. 学校への納付金(入学金、授業料、施設設備費、教科書・副教材費、修学旅行、実習費など)
  2. 学校へ通うための定期券
  3. 留学費用
  4. 大学受験学習塾・予備校の費用
  5. 受験料(交通費、宿泊費含む)
  6. パソコン購入費
  7. 下宿賃貸アパート・マンションの敷金・礼金

 

*上記に掲載しているのは一般的な使い道になります。金融機関によってはNGの可能性がありますので、シッカリと確認してくださいませ。

 

使い道・用途として許される範囲については各金融機関によって異なりますので、注意が必要になります。例えばホストクラブ、キャバクラ、パチンコ・スロットや競馬などのギャンブルに利用するのは当然のことながらNGです。教育ローンはあくまで”目的ローン”になりますので、範囲内で利用するのが一般的になります。やはり一番苦労するのはまとまったお金が必要になる大学や専門学校の入学金ではないでしょうか?ある程度の貯金はあるけど、もしもの時に切り崩したくないという方にとっても教育ローンはおすすめです。その他、海外留学の費用などにおいては100万、200万円、300万円以上になることもありますので、そのような時に利用されると効率的であると思います。

 

また、学習塾や大学受験予備校の月謝、教材購入などの費用についても対象範囲として認められるケースが多いので、賢く利用すればお得感のあるローンになる可能性は十分にあります。

 

対象外になる例一覧

 

これって教育ローンの使い道で正しい!?と悩む方が下記の場合ですと多いみたいですが、基本的に対象外になる可能性が高いです。何となく”教育の一環”として認識されている方が多いみたいですが、”習い事”に該当すると判断され、教育ローンとは違った趣旨になるみたいです。確かに自己啓発と捉えられてもおかしくはないですからね。曖昧な認識になっている方は注意が必要でしょう。

 

  • 資格取得費用
  • カルチャースクール
  • スイミングスクール
  • 英会話教室

 

*資格予備校は対象外ですが、資格取得を目的としている専門課程への入学であればOKになる場合が多いです。

 

「国」と「民間」の2つの種類がある!

 

実は国が運営する公的教育ローン、銀行等の金融機関が運営する民間教育ローンの2種類があるのがポイントになります。

 

日本政策金融公庫とは?

 

国の教育ローンとはいろいろ言われ方があるのですが、一般的には日本政策金融公庫による教育一般貸付のことをいいます。元総理大臣である小泉純一郎氏の手がけた政策としてはあまりに有名な郵政民営化によって、郵便局は公的機関から民間機関に移り変わったので、現在においては日本政策金融金庫=(イコール)国の公的教育ローンと覚えておくといいと思います。今は2015年11月4日に東証一部上場するなど日本郵政グループとして活躍されているので、応援したいですね。

 

銀行系教育ローンとは?

 

民間の教育ローンは多数の金融機関が日本にはありますので、代表的なメガバンクも取り扱っています。

 

既に知っている方がほとんどだと思いますが、

 

  1. 東京三菱UFJ銀行
  2. 三井住友銀行
  3. みずほ銀行

 

などですね。口座開設をして頻繁に利用されている方も結構多いと思いますので、馴染みは十分にあると思います。メガバンクだけではなく、都市銀行、地方銀行、信用金庫、ろうきん、JAなど様々な金融機関を視野に入れておくことをおすすめします。

 

「国」と「民間」で何がどう違うの?

 

2通りの方法で借り入れることができることが分かったところで、教育ローン比較を「国」と「民間」でしていきたいと思います。

 

金利面・・・一番の違いは民間より国の教育ローンの方が低金利であるという点になります。確かに銀行系や信用金庫系などの場合においても教育ローンは一般的な消費者金融のキャッシング、銀行系カードローンに比べると「安い」、「低い」と金利について印象を持たれる方も多いと思います。しかし、それでも日本政策金融公庫が金利面の安さについては一歩リードと言えるでしょう。具体的にどのくらいの違うのか?という点ですが、金融機関によっても様々ではありますが、日本政策金融金庫の教育ローンと比較して民間の銀行教育ローンは1.3倍~2.5倍程度高く設定されているケースが多いです。もちろん一概には言えないのですが・・・。金利負担が軽いということはそれだけ利息返済総額が減り、毎月の返済による負担を抑えることができます。筆者としても基本的に最初は国系を目指すことを推奨しますね。

 

日本政策金融公庫の教育ローン金利:2,05%

 

民間金融機関教育ローン金利の目安:2.2%~4.8%くらい

 

*2016年3月現在の金利。変動・固定によって金利は異なりますので、注意が必要になります。

 

融資限度額・・・日本政策金融公庫の最高借り入れ額は海外留学資金(一定条件付き)の場合を除けば最高で350万円までとなっています。それに対して銀行であれば300万円以内、500万円以内、1000万円以内と融資限度額は大きい傾向があります。多額の資金を必要とする場合であれば日本政策金融公庫で限度額まで借り入れをして、それにプラスαで銀行を利用するといいかもしれない。

 

850万円必要なケースとしては下記のようなイメージです。

 

日本政策金融公庫:350万円借入

 

銀行A社:500万円借入

 

審査難易度・利便性・・・一般的に言われているのが国の方が民間よりも審査は厳しい・難しいとされています。万が一、「審査甘い」、「審査緩い」などと噂があったらそれは真に受けない方がいいでしょう。公的教育ローンの審査は落ちたけど、銀行の教育ローンは審査に通ったという体験談口コミは結構ありますからね。また、融資実行スピードについても国の教育ローンは20日程度と言われていますので、かなり遅いです。民間であれば即日融資は教育ローンの場合ですと難しいのですが、2日、3日であれば十分に可能だと思います。

 

*即日融資に拘るのであれば消費者金融系キャッシング、銀行系キャッシングがいいでしょう。但し金利は高くなりますので、最終的な利息支払い総額を抑えたい方にとっては向かないと思います。

 

キャッシング、カードローンとの違いは?

 

通常のローンと比べた時の教育ローンの特徴やメリットを中心に解説していきたいと思います。もちろん、気をつけなけばいけない注意点・デメリットに関する解説についても掲載していますので、どうぞご覧くださいませ。

 

【メリット】

 

  • 金利が低い
  • 明確な目的があるから返済計画を立てやすい

 

【デメリット】

 

  • 融資スピードが遅い
  • 手続きが面倒

 

教育ローンの審査が落ちた場合を除き消費者金融や銀行でキャッシング・カードローンで借入をするメリットは少ないです。特に金利面においては教育ローンは通常のキャッシングに比べて低い傾向があります。わざわざキャッシングをして利息返済総額を増やす理由はないでしょう。まあ、消費者金融の存在については最終手段として頭に入れておくくらいでいいと思います。


教育ローン比較記事一覧

生活できないほど金銭面で困窮しているのであれば生活保護を受けることができる可能性も十分にあります。しかし、多くの方にとってそれはあくまで最終手段であり、消費者金融キャッシング、カードローンなど自力で乗り越えたいと考えるケースがほとんどになります。10万円足りない20万円足りない30万円足りないなどなど必要な金額は人それぞれです。今回紹介するのは今月の生活費が足りない・払えない、そのような時はどうす...

最近では簡易に結婚式を挙げるカップルも増えていますが、やはり本音を言えば本格的に式をされたい方は多いと思います。今回紹介するのは結婚式費用払えない・足りない時はどうすればいいのか?ブライダルローンの徹底解説や消費者金融、銀行カードローンの借入に関する詳細についても触れて行きたいと思いますので、どうぞ最後までよろしくお願いします。貯金ゼロでも結婚する人続出中!インターネット上の口コミ体験談を見ると意...

最近では「小さなお葬式」を選択する遺族も増えていて、主に代表的なのが家族葬、火葬、直葬、密葬などになります。最近では安い・格安プランで各業者がサービスを提供されていますので、まとまった支払うお金が無い場合にはリーズナブルな価格で依頼をすることも十分に可能になっています。今回は葬儀費用払えない、足りない場合の対処方法について徹底解説していきたいと思います。葬儀ローンを選択する手もありますが、借り入れ...

出産するためには入院するのが一般的ですので、前金が足りないというケースが結構あるみたいです。さらにその後、退院時に差額の出産費用が払えない場合どうすればいいのか?と困ってしまう例もあるみたいです。今回は出産費用が払えない場合は対処方法と消費者金融キャッシング、銀行カードローン、さらには出産育児一時金直接支払制度まで様々な点について徹底解説していきたいと思いますので、費用面で悩まされている方について...

急激に年収がアップするとその翌年に困るのが住民税になります。*例:千葉県船橋市にお住まいなら県民税、市民税、東京都目黒区にお住まいなら都民税、区民税、大阪府大阪市なら府民税、市民税になります。一般的な会社員・公務員であればほとんどが給料から天引きという形になりますので、「住民税払えない!」と嘆いている人はあまり聞きません。それではどのような人が住民税を滞納したり、お金がない!と困っているのでしょう...

経営者の父親の会社が突然業績悪化で倒産・・・子供が大学生、専門学生、高校生などの場合で起きる緊急事態が学費払えない・足りない・・・という問題点になります。実は授業料が払えないと困っている学生は全国に多数いるのです。このような時にキャッシング・カードローンを検討する前に考えておきたい対処方法などを解説していきたいと思います。お金を借りて返済していくというのがオーソドックスな回避する方法ではありますが...

せっかく高校、専門学校、大学受験で合格したのに入学金が払えないで層々にリタイアを迫られている・・・そのような境遇に立たされている学生も少なくはないでしょう。今回は入学金のキャッシング・カードローン借入を中心に徹底解説していきたいと思います。消費者金融・銀行からお金を借りてこの場を乗り越えたいと考えている方は必見です。大学を指定校推薦で合格した場合は特にまずい?その高校の代表として試験を受けている訳...

大学進学の資金的な工面で役立つのが奨学金になります。無事卒業して就職後の返済テーマに解説しているページになります。奨学金払えないからキャッシング、カードローン借入されたいという方向けに説明しています。奨学金の返済に関する基礎知識から応用まで様々な点について分析していますので、どうぞ最後までチェックしてくださいませ。奨学金の返済、いつから始まるの?実は嬉しいことに通常ですと学生の期間は学業に専念でき...

学生時代であれば少ないお金の中で交際相手とデートを楽しむことができますが、就職して社会人になると公園でただひたすら話すなんていう遊びは難しくなります。「少しオシャレなレストランで食事がしたい」「相手が喜ぶプレゼントをあげたい」「彼女・彼氏と国内外の旅行を楽しみたい」などついついお金の消費が増える方も珍しくはないでしょう。状況によっては1回だけと心に決めた消費者金融・銀行カードローンでの借り入れは毎...