事業者ローン比較ランキング

MENU

おすすめ!事業者ローン比較ランキング

会社を成功させて、成長させるとなるとぶち当たるのが資金繰りになります。これに頭を悩まされている経営陣は多数いるのではないでしょうか?急にお金が必要になった時にその資金が不足していると倒産に追い込まれてしまうケースも多数あります。事業を継続させるための運転資金、取引先が倒産した時の予備資金、つなぎ資金、会社を成長するために欠かせない設備投資・・・結構資金が必要になる例は事業をされている方であれば頻繁にあると思います。銀行への借入を申請したけど審査が厳しく落ちてしまった。銀行だと時間が掛かって間に合わない!そんな時に頼りになる存在が事業者ローンです。商工ローン、ビジネスローン、ビジネスカードローンなどサービスを取り扱っている金融機関によって様々な呼称がありますが、一般的にはどれも同様と考えていいでしょう。今回は「おすすめ!事業者ローン比較ランキング」で評判&口コミ評価に優れたビジネスローンの消費者金融、クレジットカード会社、信販会社など銀行以外のノンバンクについても解説していますので、どうぞ最後までチェックしてくださいませ。やはり、事業者ローンは比較して決めるべきですからね!

 

事業者ローンとは何か?

 

ザックリ言えば事業を行っている個人事業主(自営業・フリーランス)、中小企業の運営をサポートのローンのことです。大企業と比べると中小規模の法人経営者は資金調達に悩まされているケースは結構あると思います。また、事業自体は順調で成長が見込める場合においてもレバレッジを掛けるために借り入れを選択肢に入れる社長・会長等の経営者は多いのではないか?と思います。

 

ビジネスローンは銀行や消費者金融・クレジットカード会社・信販会社などのノンバンクでも取り扱っていますので、覚えておきたいところではありますね。

 

ちなみに使い道・使途の例としては下記の通りになりますので、チェックしておいてくださいませ。

 

  • 商品・在庫の仕入れ
  • 社員への給料支払い
  • 新規の商品開発
  • 事業を継続するための運転資金
  • 銀行融資までのつなぎ資金
  • 設備投資

 

ほとんどのビジネスローンは事業性のある資金活用であれば使い道としてはOKとされているケースが多いみたいです。詳しい内容については各銀行、ノンバンクを調べる必要がありますが、「原則的には自由度の高い融資」であると認識しておくべきでしょう。もちろん、経営者家族が豪遊したり、日々の生活費のために使うことは許されることではありません。個人のためではなく、あくまで法人又は事業のタメに使うのが基本になります。

 

事業者ローンのメリット・デメリット

 

ビジネスローンには先ほども紹介した通り、大きく分けて「銀行」と「ノンバンク」に分かれています。

 

ノンバンクとは銀行以外のクレジットカード会社、消費者金融、信販会社などが挙げられます。今回は銀行事業者ローンとノンバンク事業者ローンのそれぞれのメリット・デメリット、さらには特徴について解説していきたいと思います。

 

銀行ビジネスローン

 

  • 安心感がある
  • 金利が低い
  • 融資金額の幅が広い
  • 総量規制対象外
  • 審査通過率が低い(難しい)
  • 融資までに時間が掛かる
  • 手続きが面倒
  • 担保・第三者保証人が必要になる場合が多い

 

ザックリ挙げると上記の通りになります。やはり銀行という金融機関への一般の方の信頼度は非常に高いのでまず安心してお金を借りることができるのは大きなメリットであると思います。また、一番のメリットは金利がノンバンクと比較して安い・低い傾向があるという点です。ココが決め手となり銀行系ビジネスローンを比較対象に加えている方は多いのではないでしょうか?但し、良いことばかりではなく、デメリットもありますので、注意が必要になります。例えば審査が通りにくいと言われていますし、融資実行までに時間が掛かります。長期間待たされた挙句に審査に落ちるというケースは事業者ローンにおいてはよくある話です。体験談・口コミを探せばそのような出来事を綴っている方もいるのかもしれないですね。「事業においてスピードは不可欠」であると考えている方にとっては難色を示される経営者も少なくはないはずです。実際にお金が必要な時って緊急性が高い場合が多いですからね。ただ、たくさんのお金を調達する場合ですとやっぱり頼りになるのは銀行ですね。

 

ノンバンクビジネスローン

 

主に消費者金融、クレジットカード会社がノンバンクの事業者ローンの場合ですと代表的です。

 

  • 即日融資可能な会社もある
  • 手続きが簡単で利便性に優れている
  • 総量規制対象外
  • 銀行と比較すると審査が通りやすい傾向がある
  • 金利が高い
  • 融資限度額が低い

 

ノンバンクのメリットは融資実行までのスピード力と手続きの利便性が主に挙げられます。最短で即日融資可能な業者も多く、銀行の審査に落ちた方や長期間待つことができない場合などにおすすめです。知っている人も多いと思いますが、消費者金融やクレジットカード会社の融資は総量規制の対象になっています。但しこれは個人を対象にしたお話しで事業性の目的での借入であれば総量規制対象外になるのです。確認するために必要書類などの提出を求められる可能性もありますが、基本的には「個人」ではなく「事業資金」としての借入であれば「年収の3分の1まで」という上限はなく、お金を借りることができるのです。

 

但し、大きな資金を借り入れする場合ですと融資限度額の範囲が狭く、本当に必要な資金を満足に集めることが難しい場合があります。また、銀行の事業者ローンと比較すると金利も高いので利息総支払額は増え、毎月の返済が大変になるリスクがある点についても頭に入れておきたいところではありますね。

事業者ローン比較記事一覧