就職後すぐにキャッシングできる?

MENU

就職後、すぐにキャッシング・カードローンできる?

就活中や就職後すぐにキャッシング・カードローンをしてお金を借りたい場面はあると思います。

 

実際に仕事を決めるために惜しみなく費用をつぎ込む方は結構多いみたいです。就職活動を継続するために消費者金融やクレジットカードでキャッシングしたという体験談・口コミもインターネットの情報を見ると結構いますからね。

 

また、その間にお金を使いすぎて就職内定後にキャッシング・フリーローン借入をする例も少なくはないです。

 

就活でキャッシングする目的とは?使い道

 

人気のある企業の中には競争率が30倍を超えるケースも決して珍しくはありません。100社受けて100社落ちる人も中にはいるくらいですからね。

 

ぶっちゃけ10社受けて1社でも有力企業から内定をもらえたらラッキーという感覚の方も多いと思います。さて、就活でカードローンで借り入れをする用途についてザックリとまとめてみました。

 

収入を得るためにしている活動で逆に借金地獄にならないように原因を突き止めておきましょう。

 

  • リクルートスーツの購入
  • 美容院代
  • 交通費
  • 宿泊費
  • 就活グッズ(カバン、パソコンなど)
  • 有料講座や対策セミナー代
  • 交際費

 

上記が代表的になりますね。特に身だしなみを整えるために購入するリクルートスーツには力を入れる方は結構多いみたいですね。数千円という訳にはいかずに3万円~5万円程度の値段で買う方も多いと言われています。

 

中には気合を入れすぎて貯金の全てを使って10万円以上という覚悟を持っている方もいるようです。さらに女性・男性共に清潔感が面接では重要になりますので、美容院やエステで少しでも印象をよくする努力をされている口コミもあります。そこまでするのか!?と思ったのは太っていると自己管理ができない人と思われてしまうのでパーソナルトレーナー付きの高級ジムに通い出したという内容になります。これはビックリですね。

 

さらに地味に痛い出費になるのが交通費及び宿泊費になります。例えば関西から都内の会社に就職したい方であれば新幹線の往復代や日程が連続になっているのであれば宿泊する必要があります。

 

リラックスした雰囲気で勝負の日を迎えたいと考えている人が大半みたいで、格安ホテルではなく中級クラスを選ぶケースが多いようです。これについては就職活動中にキャッシング借り入れをしないと足りなくなってしまう場合もあるでしょう。

 

結構、将来が掛かっている重要な場面においては自己投資に積極的になるみたいですね。その他、アピールするために仕事でつかえるスキルや資格取得でお金を使っている場合もあるみたいです。

 

キャッシングをすると銀行の就職に不利になる?

 

就職希望先が消費者金融、銀行、クレジットカード会社、信販会社などの場合ですと信用情報を確認されている可能性もありますので、気を付けなければいけません。

 

但し、キャッシングした経歴が過去にあるくらいで不利になるとは考えにくいです。例えば滞納利益があったり、ブラックリストになっている場合ですと知らない間にマイナス評価を受けている可能性は否めないですが。既に内定を承諾されているのであればクレジットカードキャッシングをしていたからと言って却下されるのは考えにくいので、それほど不安になることはないと思います。

 

心配であればできる限りはカードローンなど借り入れをしないようにあるお金の範囲内で生活をするといいでしょう。

 

就活中・就職内定のキャッシング審査ってどうなの?

 

アルバイトをしていたり、1ヶ月前まで働いていたなどある程度の収入を証明することができれば就職活動中に消費者金融でお金を借りることはできます。

 

確実に審査に通るということではないのですが、無収入でないのであればチャレンジしてみる価値は十分にあると言えるのではないでしょうか?

 

就職後すぐにキャッシングする場合の限度額

 

総量規制対象外でなければ最大でも年収の3分の1になります。就職先の信頼性や給料・予想年収などによって限度額は変わりますので、まずは融資申し込みをするところからスタートしてみるといいでしょう。