年収100以下のキャッシング

MENU

年収100万円以下のキャッシング借り入れ

収入のほとんどない年収100万円以下のキャッシング借り入れ・カードローン入門のページになります。主に下記の給料層をターゲットに記事を掲載しています。

 

  • 無収入(年収ゼロ円)
  • 年収10~20万円台
  • 年収30~40万円台
  • 年収50~60万円台
  • 年収70~80万円台
  • 年収90~100万円以下

 

上記のような少額給与の場合ですと年の始めに退職したパターンかアルバイト・パートの収入である可能性は非常に高いですね。一般的に主婦、学生、ニート兼フリーターみたいな感じが多いのではないでしょうか?今回は年収100万円のキャッシング審査事情について徹底解説していきたいと思いますので、消費者金融や銀行からの借り入れを検討されている方は必見であると言えるでしょう。

 

年収100万円以下でお金を借りることは可能なの?

 

単刀直入に言えば無収入でも条件付きではありますが、キャッシング・カードローンの審査に通過する可能性は十分にあります

 

年間で収入が10万円~50万円など極端に低い場合でキャッシングするには専業主婦OKの銀行カードローンがおすすめです。一般的に消費者金融では総量規制対象になりますので、極端に収入が少ない人の借り入れは向いていません。しかし、銀行であれば総量規制対象外になりますので、借入することは普通に比べると難易度は高いのですが、可能です。結論を言えば年収100万円以下でも審査に通るかもよ!ということです。

 

先ほど触れた条件とは「夫・妻などの配偶者に安定した収入があること」この点について申込対象者としての項目に加えている銀行がチラホラあります。逆に言えば独身者+無収入だと限りなく優良の銀行・消費者金融会社などから借り入れするのは難しいと言えるでしょう。不可能と言っても過言ではないのかもしれないですね。だからと言って悪徳業者である闇金を利用するのは絶対に止めましょうね!

 

年収100万円の借り入れ限度額とは?

 

消費者金融キャッシングの場合ですと総量規制対象になりますので、年収の3分の1までが限度額になります。ですので多く借入出来るとしても30万円程度と覚えておきたいところではありますね。

 

お金を借りたい人にとって悩むのが「銀行」か「消費者金融」どっちがいいの?ということだと思います。一般的に銀行は審査が難しいので、年収100万円以下の場合ですと消費者金融を利用されている方が多いのが特徴的ではあります。銀行は金利が低い傾向がありますので、一般的には融資条件が良いのですが、審査やスピード力を考えると消費者金融が妥当かもしれないですね。但し、いずれにしても「安定した収入があること」が条件になりますので、審査通過で苦労すると思います。ただ収入が少ない方でもA社、B社に落ちて、C社でやっと通過できた!という例もありますので、根気強く申込をすれば借入出来るかもしれないです。

 

コラム~年収100万円の生活感とは?

 

家賃:1~2.5万

 

光熱費:1万

 

スマホ代:1万

 

食費:3万

 

その他雑費:1万

 

車:維持費などを考えると所有するのは難しい。

 

1人暮らしの例として算出しました。既婚者であればパートナーに収入のある主婦などであればゆとりのある生活は可能ですが、独身で1人暮らしだと少々キツイのではないか?と思います。住めるアパート・マンションについては3~4畳、築30年以上など条件の悪い物件になってしまうケースが多いです。そもそも賃貸契約の審査の難易度が高いかもしれないですね。都心に住むのは現実的ではなく、郊外・地方がねらい目と言えるでしょう。