年収200万のキャッシング

MENU

年収200万のキャッシング借り入れ

このページでは年収200万円のキャッシング借り入れ審査に関するテーマで徹底解説していきたいと思います。主な対象者になるのは下記の通りになりますので、確認のほどよろしくお願いします。

 

  • 年収200~210万
  • 年収220~230万
  • 年収240~250万
  • 年収260~270万
  • 年収280~290万

 

月収・給料で考えると15万~24万円程度になりますので、気持ちの問題ではありますがそれほど裕福な生活を送るのは難しいと言える収入になります。もちろん、実家暮らし、1人暮らし、家族持ちなどライフスタイルによってお金の使い方は大きく異なりますが、やはりどのようなタイプでも年収200万で借入・キャッシング希望の方はたくさんいると思いますので、その説明に入りたいと思います。

 

大卒新卒採用の平均月収くらい!?

 

大卒の初任給は20万前後と言われていますので、単純計算をすると年収299万以下であるケースは多いと思います。ボーナス・賞与についても満額貰える例は少ないですからね。実際に大卒1年目の平均年収は200~250万程度と言われています。一方、高卒になると月の給料が16~17万円程度になりますので、年収160万、170万、180万、190万と年収200万円未満になることが多いみたいですね。

 

それを考えると今回、年収200万円で消費者金融にキャッシングを検討されている方は若手もしくは勤続年数が短いという人物像が想定されます。もちろん、デフォルトに比べて収入アップが見込めない場合ですと10年勤めても年収300万円以上稼ぐのは難しいかもしれないのですが、概ね20代前半~後半、30代前半辺りが多いのかな~と思います。

 

年収200万の借入・融資限度額とは?

 

総量規制対象になる消費者金融へのカードローン、キャッシングであれば年収210万円であれば3分の1までなので70万を限度として借り入れすることができる可能性があります。(審査に落ちる可能性もあります。)

 

年収270万円であれば90万円まで借入可能になりますので、ある程度まとまったお金をキャッシングすることが分かります。もし、それ以上の金額が必要であれば総量規制対象外である銀行カードローンを検討することをおすすめします。

 

年収200~299万円の層の場合ですと派遣社員、契約社員、アルバイトなど非正規雇用者である労働者も結構多いと思いますが、ほとんどの消費者金融で正社員以外でも安定した収入があれば申込OKとなっていますので、あまり卑屈になる必要はありませんので、ドンドン審査に挑戦してみてくださいませ。

 

もちろん、計画性の無い借り入れは多重債務など借金地獄を招くリスクがありますので、返済期間・計画をシッカリと定めることをおすすめします。お金が足りないからと言って延滞・滞納すると信用情報機関に掲載して次回からの借入が難しくなる可能性もありますので、注意が必要になります。

 

年収200万円台の生活感とは?

 

家賃相場:3~4万

 

車相場:30~40万円

 

1年間に目指したい貯金額:50万

 

共働きで同じくらいの収入がある同士であれば結婚して子供を育てることも十分に可能です。お互いに年収アップの見込みがないと高校入学、大学入学のタイミングで教育ローンの必要性が出る場合もありますが、節約次第では乗り越えることができるでしょう。主に上記のリストにおいては独身の1人暮らしを仮定していますので、地方であれば1K、1Rで風呂・トイレ付のベットやテレビを置くことができる間取りで生活することができると思います。都心部であればちょっと物件を探すのは難しいかもしれません。年収面でおいてはよほど物価の高い地域でない限りは賃貸審査に収入で引っかかり落ちまくることはまずないと思います。住む場所にお金を掛けたいのであれば例えば250万円なら家賃6万強まで可能な範囲です。

 

車については無理をすればセダンなどを乗ることはできますが、目安で言えば中古車の固定費の掛からない軽自動車が妥当でしょう。