看護師のキャッシング審査

MENU

看護師のキャッシング・カードローン審査

白衣の天使として男性ファンも多いと言われている看護師。高齢化社会で重要拡大の注目の職業の1つで安定感を求めて目指す学生も少なくはないと言われています。今回は看護師を筆頭とする助産師、保健師のキャッシング・カードローン審査について徹底解説していきたいと思いますので、お金を借りたい、銀行・消費者金融の利用に興味がある方はどうぞ最後までチェックしてくださいませ。また、看護師のキャッシングは審査に有利になるのか?ローンの限度額はどのくらい?金利は低くなる?など様々な点について分析していきたいと思います。

 

 

【年齢別の給料目安】

 

22歳~29歳:年収400万円

 

30歳~39歳:年収450万円

 

40歳~49歳:年収500万円

 

50歳~60歳:年収520万円

 

勤続年数は看護師消費者金融での審査に影響される可能性はありますが、基本的に年齢によって大きく給与・賞与に差が出にくいのがポイントになります。逆に言えば20代中盤~後半レベルでも割の条件の良い融資を受けることができるかもしれない。

 

 

パートか正社員で異なる

 

最近では子育てと仕事を両立できるようにパート・アルバイトでの募集も増えている業界ではあります。正社員求人・採用情報しかない場合ですと産休・育休後に復帰するのが難しく、そのまま専業主婦になる方も多いと思いますが、これなら片手間で働くことができます。しかし、看護師キャッシングで借り入れをする時にこの雇用形態が結構重要になります。

 

実は大手消費者金融や銀行カードローンの申し込み条件を見ると「安定した収入があること」と掲載されているケースがほとんどです。

 

例えば専門性に優れている看護師であれば時給2500円~3000円程度稼ぐ方でも決して珍しくはないのが特徴的ではあります。

 

ですので、1日6時間×週2日勤務でも月10万円以上の収入を手に入れることは十分に可能です。その点について審査で評価してくれればいいのですが、「週2日」では”安定した収入”に当てはまらないと判断される可能性も十分にあるでしょう。それを考えるとパート・アルバイト看護師の場合ですと「1社、2社、3社と審査を受けてやっと融資を受けることができました~」みたいな感じになるケースはあるのではないか?と推測しています。

 

一方、正社員であれば比較的安定感もある職種で収入についても低い方でもある程度はありますので、数ある女性中心の職業の中では看護師はカードローン審査で有利になる!?のではないかと筆者は考えているところではあります。もちろん、過去に滞納・延滞経験があったりでブラックリストに掲載されている場合ですといくらナースでも難しいと言えるでしょう。また、看護師、保健師、助産師のキャッシング・カードローンを比べる方もいるみたいですが、基本的にはそれぞれで信頼性などはほとんど変わらないと言えるでしょう。影響があるとすれば過去の実績、年収・給料、勤続年数などでしょう。

 

看護師は「消費者金融」と「銀行」どっち?

 

基本的には看護師は銀行カードローンがおすすめです。但し、緊急性がある場合など即日融資を求めるのであればスピード力が強味である消費者金融が良い場合もあるでしょう。一般的に銀行の方が審査通過率が低いと言われているのですが、看護師、保健師、助産師などは社会的に信頼性のある職種として世間に認識されていますし、よほど雇用条件が悪いところでなければある程度の収入があると思いますので、勤続年数が3年以上あるのであれば低金利の傾向があるという面も踏まれて銀行を推奨します。

 

但し、過去に銀行の審査に落ちた方、勤続年数の短い新卒採用者、不安定な雇用の方であれば消費者金融を視野に入れるのも1つの手ではありますね。