薬剤師のキャッシング借入

MENU

薬剤師キャッシング借入と審査

全国に多数ある調剤薬局、ドラッグストアで悩みを抱えている店舗は多いと言われています。その困っている理由の1つが薬剤師の人材不足になります。雇いたいのに求人応募する人が少ないので獲得することの難しさを語る方はたくさんいると言われています。それだけに一部の地域エリアでは年収・給料が高騰しているとの噂もあります。さて、今回紹介するのは薬剤師キャッシング借入の審査事情に関するテーマになります。何となく借金する人が少ないイメージのある職業ですが、実は消費者金融・銀行でカードローンをされた経験を持っている人は数多くいると思われます。

 

薬剤師は消費者金融で借り入れするのに有利なのか?それとも不利になるのか?などこれからキャッシングをされるのであれば興味のあるポイントであると思いますので、徹底的に分析していきたいと思います。

 

薬剤師は平均年収が高めの職業か?

 

 

年齢別の給料を独自で推測してみました。概ね下記の通りになります。

 

25歳~29歳:年収400万~480万

 

30歳~40歳:年収500万~550万

 

41歳~50歳:年収580万~620万

 

51歳~60歳:年収650万

 

一般的に6年制の薬学部を卒業しなければいけないのは年収は普通のサラリーマンに比べてやや高めの印象があります。年収1000万円を超えるのは並大抵の努力では難しいのですが、管理薬剤師などであれば700~800万円程度であれば十分に射程圏内であると考えていいでしょう。努力次第では高額給料を得ることも十分に可能になります。薬局、漢方、ドラッグストア、病院が王道ではありますが、製薬会社・化粧品会社など様々な就職先が広がりを見せているのも職業としての人気の理由の1つであると思います。最近では特定分野の専門性を求める声もありますので、特化してキャリアを積むことで高収入の道が開けるかもしれません。

 

上記の年齢別年収を見れば分かりますが、卒業したての20代中盤~後半でもそれなりの収入を得ることができます。薬剤師はキャッシング・カードローン審査でPR材料になる職業と言われていますので、有利になる可能性はあっても、薬剤師ということで不利になることはまずないでしょう。何となく医療系の専門職って信頼性は高いですし、世間帯もいいような気がしますからね。これなら借入もそれほど難しくはないかも!?

 

「パート」だと審査通過率が悪いって本当?

 

一般的に消費者金融や銀行から借り入れをする際には安定した収入がある点が求められます。

 

週1~2日程度の出勤では「安定」していると判断されない可能性もありますので、注意が必要になります。薬剤師のように時給3000円以上になるケースもあるなどパートでも高給取りであるのが特徴的ですので、収入の金額を判断してくれる可能性もありますが、やはり正社員の方が借り入れにおいてはしやすいと思います。審査がどうしても不安であるなら「銀行」より「消費者金融」がおすすめです。

 

代表的な会社で言えばプロミスとかアコムですね。誰にもバレたくないのであれば家族や会社に知られる確率が低い消費者金融としてお馴染みのモビットが人気があります。