医師はカードローン審査に通りやすい?

MENU

医師のカードローン・キャッシング審査

超難関国家試験を突破しなければ就くことができない希少価値に優れた職業の1つになります。研修医時代こそサラリーマンの平均年収と同等クラスの400万円程度とされていますが、一人前になれば平均で1500万円くらいと言われています。もちろん、独立開業をすれば億レベルに達することもあり、世間の中では高収入をイメージを持っている方は非常に多いと思います。また、高齢化社会に突入している日本においては今後も需要は十分すぎるくらい見込めますので、安定感・信頼性についても抜群であると言えるでしょう。さて、今回紹介するのはそんな超高ステータスである医師のカードローン・キャッシング審査について徹底解説していきたいと思います。消費者金融を利用された方の体験談・口コミを調べていると意外と医師でキャッシング・借入経験がある方がいますので、今回は審査の難易度から融資限度額・金利などを徹底検証してみることにしました。

 

セレブなイメージはあるが、実はそうではない?

 

消費者金融・銀行カードローンと医師・医者は離れた世界にいるように一見すると感じるのですが、実は「今月のお小遣いがもうない!」、「お金足りないよ~」と嘆いている方は割と結構います。医師のカードローン・キャッシング理由を下記にちょっとまとめましたので、どうぞ確認してみてくださいませ。

 

  • 独立開業して間もない
  • 見栄を張ってしまう
  • 付き合いがかなり多い
  • お金持ちと思われているので、奢る機会が多い
  • 研修医で収入面がキツイ

 

消費者金融で借入しなくても実家がお金持ちなのだから両親に頼ればいいのでは?

 

そのように思っている方も多いのではないでしょうか?確かに医学部の大学は通常の4~6倍程度の学費が必要になると言われていますので、裕福な家庭で育った方もたくさんいます。しかし、実は貧乏で奨学金を利用して入学されている方もいますので、そのような方のケースは頻繁にかかる交際費や少しでも見栄を張ってしまうとお金が足りなくなってしまうようです。特に20代~30代前半くらいまでの医師は年収1000万以下の場合がほとんどで世間の思っている高収入のイメージとはかけ離れた生活をされていることもあります。都心部であれば高級タワーマンション、地方であれば広々とした一戸建てなどを想像されている方もいると思いますが、1ldk、1K、1Rと一般的な初めての一人暮らしと同等レベルの生活水準をされているタイプは普通にいます。

 

特に研修医時代は年収が低いので彼女とのデートに苦労していると悩まされている人までいます。医師としての恩恵をフルに得ているのは30代後半以降の年齢層と考えた方がいいのかもしれないですね。

 

医師はカードローン審査で有利って本当なの?

 

  1. 年収が高い
  2. 職業として安定している
  3. 社会的信頼度が高い

 

上記の3つに当てはまるので過去に返済を滞納したりするなど信用情報機関に掲載されていないのであれば一般的なサラリーマン、OLと比較すると審査が通りやすいのではないか?と推測することができます。お医者さんは民間病院・クリニックで働く場合でも高収入版の公務員みたいなものですので、融資・借入の際には金融業者から信頼を得やすと思います。なお、大学病院、国立病院、県立病院、私立病院で働く場合については国家公務員、地方公務員の身分になるのが原則になりますが、民間でもキャッシング審査に不利になることは基本的には無いと見ていいでしょう。確かに「白い巨塔」などのテレビ番組では派閥や助教授からの教授争いなどが繰り広げられているので、いかにも社会的地位が高いイメージがありますが、最近では徐々にその権威についても薄れてきているように思われます。

 

医師の借入は消費者金融と銀行どっち?

 

ズバリ!銀行カードローンをおすすめします。

 

理由はシンプルに消費者金融に比べて低金利であるという点、融資限度額の範囲が広いことが挙げられます。

 

銀行カードローン・キャッシングは審査難易度が高いので、本当は銀行で借り入れをしたいけど審査に落ちて仕方なく高金利の消費者金融を利用されているという体験談・口コミなどは結構あります。医師はステータスがありますので、それほどキャッシング審査を気にする必要はないので、迷わず銀行カードローンで申込をするといいと思いますよ!ちなみに40代、50代、60代、70代の医師なら低金利で人気のあるみずほ銀行カードローンを視野に入れておくといいでしょう。まだ、研修医など20代、30代の若手で審査が心配であればプロミスアコムなど消費者金融を視野に入れるのも1つの手です。