教員のキャッシング借入

MENU

教員のキャッシング・カードローン借入

学校の先生が消費者金融から借入をしている!?このように校内で噂が広まることを恐れている方もいるのかもしれません。しかし、ハッキリ言って教員でキャッシング・カードローンをされている方って実は山ほどいます。Q&Aサイト、口コミ体験談などをチェックすればそれは一目瞭然であると思います。

 

今回は教員・教師の借入キャッシング審査について徹底解説していきたいと思いますので、消費者金融・銀行からお金を借りたいと検討されている方については必見ですよ!

 

教員の借り入れ信頼度はどのくらい?

 

公立の高校、中学、小学校で働く教師の身分は地方公務員になります。一般の職員と同様に安定した雇用と給料が魅力的な職業になります。もちろん、子供の将来に携わることができるなど一般的な会社では味わうことができない仕事をすることができるのは1つのモチベーションになるとは思いますが、やはり年収・給料や社会的地位に惹かれて就職を決意された方も少なくはないでしょう。一般的に教員の年収・給料相場はどうなの?と疑問を持っている方もいると思いますので、下記に年齢別でまとめてみました。(新卒ストレート採用と考えて勤続年数を考慮しています。)

 

22歳~30歳:年収350~450万

 

31歳~40歳:年収500~680万

 

41歳~50歳:年収700~770万

 

51歳~60歳:年収800~830万

 

定年後の再任用:年収200~400万

 

一部上場企業と比べても待遇条件は非常に良いことが分かります。実は公務員の中でも教師は消費者金融で借り入れ・キャッシングしやすい職業と言われています。その理由は年収にあります。一般的な行政職に比べて+で50万~100万程度高い給料設定になっていますし、若いうちから諸手当などで年収500万を超えやすいと言われています。もちろん、上記はヒラでの退職を仮定しています。教頭、校長、教育庁の局長・部長・次長クラスの出世コースに乗れば年収1000万円の大台を突破することができるほどの高収入の職業なのです。

 

それを考えるとキャッシング、カードローン借入時の教師の信用度は非常に優れていることが分かりますので、審査で有利になるのではないか!?と密かに思っているところではありますね。信頼性があれば融資限度額の増額を狙うことができますし、低金利で融資を受けるチャンスもありますので、何かとメリットはありますね。

 

非常勤講師・臨時的任用職員は審査が難しい!?

 

一般的に教員は銀行カードローンがおすすめなのですが、低金利で融資条件に優れている分、銀行はローンの審査難易度が高いことで知られています。特に安定した雇用・収入については厳しくチェックされる傾向がありますので、正規で採用されている教員と比べると非常勤講師や臨任講師などは借入条件で考えると多少劣ると思います。もしかすると審査に落ちるかもしれないのですが、そのような場合においても大丈夫です。消費者金融であればパート・アルバイトなどの雇用形態の方でもウェルカムな金融業者が結構ありますので、頻繁に出勤されているのであれば審査通過の確率は十分にあると思います。

 

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?教師で借金をするということに抵抗を持っている人もいると思いますが、住宅ローンも同じ借金です。もちろん計画的な返済は必要になりますが、必要な時は教員でも消費者金融キャッシングするのも1つの手です。