年収300万のキャッシング

MENU

年収300万のキャッシング借り入れ

女性の前年代の平均年収が350万円程度になりますので、普通の収入を得ているOLが主に対象となるページになります。男性陣についてはやや平均より低めになりますが、20代前半であれば高めの部類に後半でも普通より若干高い給料レベルであると思います。主な年間給与の対象者については下記の通りになりますので、チェックしてみてくださいませ。

 

  • 年収300~310万(月収25~26万)
  • 年収320~330万(月収27万前後)
  • 年収340~350万(月収28~29万)
  • 年収360~370万(月収30~31万)
  • 年収380~399万(月収32万前後)

 

上記を見ると独身で1一人暮らしか実家暮らしであれば特別浪費したり、収入に見合わない物を購入しない限りは生活できない・・・なんてことにはなりにくいと思います。もし、毎月の生活費が足りない!と嘆かれているのであれば支出事態に問題がある可能性がありますので、一度生活レベルについて見直す必要があるかもしれないです。さて、紹介するのは年収300万のキャッシング・カードローン借入の審査事情についてです。

 

年収300万の借り入れ限度額はどのくらい?

 

総量規制対象になる消費者金融、クレジットカード、信販会社などから融資を受ける場合ですと年収の3分の1までになりますので、仮に年収300万円の場合ですと新規借入で100万円までが可能になります。もちろん、他社でもいくらか借入しているケースは合算しなければいけないのでその通りにはいかないのですが、このくらいの給料を得ている方であれば会社員、自営業(フリーランス)、経営者であってもそれなりにまとまったお金をキャッシングすることができるでしょう。(もちろん、審査に通ればの話ですが・・・)

 

仮に年収390万で考えると130万まで総量規制対象でも限度額として借り入れ可能になりますので、結構消費者金融が便利に感じるかもしれないです。

 

しかし、注意しなければいけないのが年収3分の1までというのは法律上のもので、その範囲内であれば各金融業者が判断することになります。年収350万円のキャッシングの場合でも限度額が50万円の可能性もあります。可能額は総合的な審査で変わってくることは覚えておきたいですね。これは金利についても同様の考え方でいいと思います。

 

年収300万のカードローン審査で落ちる可能性は?

 

銀行カードローンの審査がなかなか通らないのであれば消費者金融をおすすめします。金利がネックになられる方が多いと思いますが、30日間の無利息期間を設けている会社もありますので、それらのキャンペーンを上手に使い短期返済&少額融資であればほとんど変わらない利息総支払額になることも珍しくはありません。基本的にどちらも安定した収入があることが申込条件になっているケースが多いという点については共通しているのがですが、キャッシング審査の難易度を考えると消費者金融の方が通過率が高いのでは?という意見が多いのも事実になります。

 

落ちる可能性も十分にありますが、年収300万以上あるのであれば銀行カードローンに挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。

 

年収300万円台の生活感とは?

 

家賃:5万~6.5万

 

車相場:50~60万

 

年間目標貯蓄額:100万

 

都市部であれば上記の賃料ではなかなか難しいかもしれないので、プラス2~3万円と見ておくべきでしょう。地方であれば1LDKとスペースに余裕のあるマンションに住むこともできます。その場合は車に乗らないで交通機関で移動をするなど生活レベルを下げることで十分に対応することができるはずです。基本的に高級車に乗るのはなかなか難しい収入になりますので、中古車の軽自動車が妥当であると言えるでしょう。無理をすればセダンなど立派なマイカーを保有することも可能ですが、毎月の食費・交際費を削るなどある程度の犠牲は必要になるかもしれないですね。毎月の駐車場・保険料なども固定費になりますので、最近の20代~30代の都内に住む若手ビジネスマンにおいては必要な時にレンタルするという思考が主流になりつつある。