年収500万のキャッシング

MENU

年収500万のキャッシング借り入れ

平均年齢で考えると42歳~48歳の働き盛りの会社員で年収500万円台の人は多いと思います。平均給料水準の高い会社に勤めている総合職であれば入社して2~5年目の24歳~29歳くらいの年齢層でも超えてくるケースは男性・女性共に割と結構あるのが特徴的ではありますね。さて、紹介するのは年収500万のキャッシング・カードローン審査事情に関するテーマで徹底解説していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。主な閲覧対象者については下記の通りになりますので、確認してくださいませ。もちろん、それ以外の方もぜひチェックしてくださいませ!

 

  • 年収500~510万
  • 年収520~530万
  • 年収540~550万
  • 年収560~570万
  • 年収580~590万
  • ~599万以下

 

1人暮らしの独身者であれば十分に収入がありますので、急な出費や全く貯金が無いという限りは収入面が原因となって借り入れするというのは考えにくいところではありますね。結婚されている方で共働きでないケースであれば子供1人、2人いると時期によっては金銭的にキツイ時もあるでしょう。但しシッカリと生活設計をすれば特に問題なく暮らしていけるはずですので、家計が圧迫してるのであれば支出の見直しなどの対策をすれば大抵は改善されるはずです。

 

年収500万円の借り入れ限度額とは?

 

総量規制対象の消費者金融からキャッシング・カードローン借入をする場合は年収の3分の1までが法律上の限度額になります。

 

年収540万であれば180万円まで、年収570万であれば190万円までキャッシングすることが可能になります。但し、注意しなければいけないのは年収の3分の1までピッタリで限度額を設定してもらえるケースは少ないということです。現実的に考えて年収540万の人が180万円借りるのは難しいと考えておくべきでしょう。大体の目安としては年収の4分の1~5分の1に融資限度額の枠が設定されればいい方だと思います。

 

つまり年収540万であれば100万~135万くらいかな!?と言ったところになります。

 

これくらいの年収があれば金額にもよりますが、収入面がネックになって審査に次々と落ちることはなかなか考えにくいのが特徴的ではあります。年収500万円はカードローン借り入れもしやすいです。

 

基本的に会社員で安定した収入があるのであれば銀行カードローンが低金利ですので、おすすめです。審査に自信が無かったり、即日融資を希望されるのであれば消費者金融を視野に入れるのも1つの手ではありますね。

 

年収500万円の生活感とは?

 

月収30~49万円(ボーナスあり、なしで異なる)

 

家賃相場:7~8万円

 

車相場:80~120万円

 

年間目標貯金額:130万

 

このレベルの収入があれば地方であればオートロック付の1LDK~2LDK、駅近など条件面に優れているマンション・アパートを視野に入れることができます。都心だと他の生活費を削減しなければまだ好条件の物件で暮らすのは難しいでしょう。広さを求めるのであれば築年数の経っている不動産などの工夫が必要になります。また、年収500万円以上であれば100万円以上のマイカーを保有する方も珍しくはないと言われています。見栄を張りたいという方であれば150万円程度であれば生活を圧迫せずに維持することができるでしょう。