年収600万のキャッシング

MENU

年収600万のキャッシング借り入れ

日本のサラリーマンの平均年収を十分に上回っているからと言って決して裕福な生活をしている訳ではないでしょう。さて、紹介するのは年収600万のキャッシング借入になります。自営業であれば割と難しくはないのですが、サラリーマンでこの金額を安定して稼ぐのは結構大変です。平均給料が丁度このレベルの収入である職業をいくつか挙げると国家公務員、薬剤師、社会保険労務士、行政書士などになります。もちろん、個人差がありますので、何とも言えないのですが40歳以上のビジネスマン・ウーマンが多いと推測することができます。実は年収600万円以上の収入があるのはほとんどが男性と統計データがあります。女性でこのレベルの金額を得ている方はまだまだ少ないみたいですね。なお、このページで対象者になるのは下記に当てはまる方になります。もちろん、それ以外の方についてもチェックしてくださいませ。

 

  • 年収600~610万
  • 年収620~630万
  • 年収640~650万
  • 年収660~670万
  • 年収680~690万
  • ~699万以下

 

一人暮らしではゆとりのある独身貴族を満喫することができることでしょう。会社員の女性でこのレベルまでの給料を得ている方がいればかなりやり手のキャリアウーマンであると思います。35歳以下のサラリーマン、OLであれば既に部下をたくさん持っている課長・室長クラスの管理職になっている方か営業職などインセンティブをたくさん獲得されている優秀な人材である可能性が高いです。大企業で収入面に優れているケースであれば年功序列で特に実績は無くても30代中盤~40代前半でたどり着くことが多いみたいです。

 

年収600万の借入限度額ってどのくらい?

 

消費者金融へのキャッシング・カードローンであれば法律の範囲内での借り入れになりますので、例えば年収660万であれば220万までがMAXになります。年収630万なら210万までが融資限度額になりますので、最大で考えるとかなりまとまった金額になります。実際にMAXまで限度額を引き上げてもらえない場合でもそれなりの金額をキャッシングすることが可能になりますので、いざという時の安心感はあるのかもしれないです。

 

しかし、一流企業勤めで安定した収入がある場合においても過去に延滞、遅延された経歴があるなどブラックリストに掲載されている方は審査に落ちる可能性が高いです。これは消費者金融・銀行カードローンだけではなく、クレジットカードのキャッシング枠についても同様になりますので、注意が必要になります。特にマジメに返済されているようであれば比較的、収入という面においては審査で自信をもってもいいのかもしれないですね。

 

基本的にこのクラスの収入があって、勤続年数も3年以上あるのであれば銀行カードローンがおすすめです。消費者金融より何より低金利の傾向がありますので、利息総額を減らしたい方にはメリットがあると思います。ただ、「今すぐ借りたい!」とスピードを重視するのであれば消費者金融の方が審査・融資が早い傾向がありますので、そちらを視野に入れておいてもいいのかもしれないですね。

 

年収600万円台の生活感とは?

 

月収:35~58万円

 

家賃相場:8~10万

 

車相場:150万円

 

年間目標貯蓄額:180万

 

都心部であれば20代でも年収600万円はそれほど珍しくはありません。地方であれば割合的に相当少ないはずですが、20代後半であれば可能な領域であると思います。但し、実際には40代以降が中心になるでしょう。20代、30代前半で年収ベースでこれだけ稼いでいれば同世代でも頭1つ、2つ抜けている存在でしょう。同窓会では胸を張れるのかもしれないですね。家賃についても1人暮らしであれば10万円以上の物件に住むことも可能です。1ヶ月辺りのお小遣いも独身生活を満喫するには十分な金額になりますので、楽しみやすいと思います。但し、妻・子供など家族持ちの場合は年収600万円を超えていても貧相な生活をされているサラリーマンはゴロゴロいますので、もう少しステップアップして上を目指したいところではありますね。