年収800万のキャッシング

MENU

年収800万のキャッシング借り入れ

手取り額で考えると600万円台前半になりますので、毎月に自由で使える金額は平均的に50万円程度ということになります。額面で言えば月収50~65万円程度でそれにボーナス・賞与を加えての年収になっているケースがサラリーマンの場合ですと多いように思えます。これだけの収入があれば子供2人、妻・夫を養うことは十分にできますが、見栄やプライドが度を越えると借金地獄になりますので、その辺りについても注意が必要になるでしょう。

 

一般的に年収800万円くらいの職業として挙げられるのは弁護士、公認会計士など国内最難関の資格士業などになります。サラリーマン、公務員であれば50代であればたどり着くケースは多いのですが、30代ではなかなか難しいと言えるでしょう。しかし、最近では年功序列制度の給料ではなく実力主義の動向に変わってきていますので、今後は活躍する20代~40歳以下の方でも結果を残せれば一般的な会社員でも十分に目指せるようになるのではないか?と思っています。

 

さて、このページで紹介するのは主に年収800万のキャッシング・カードローン借り入れに関する内容になります。消費者金融及び銀行からお金を借りたい方は必見であると言えるでしょう。主な対象者としては下記の通りになります。

 

  • 年収800~810万
  • 年収820~830万
  • 年収840~850万
  • 年収860~870万
  • 年収880~890万
  • ~年収899万円以下

 

比較的、高収入をターゲットにしているキャッシング審査攻略ページになりますが、それ以外の収入層の方についても将来を見据えたりなど参考にして頂けると大変うれしいですね。

 

年収800万円の借入限度額とは?

 

消費者金融キャッシングの場合ですと総量規制対象になりますので、年収の3分の1までになります。よって年収810万のケースだと270万円が融資上限金額になります。840万円であれば280万円までが限度額ということになります。但し、基本的に大口融資を検討されているのであれば金利面を考えても消費者金融より銀行カードローンにメリットがあることが多いのが特徴的ではあります。毎月の返済利息は結構家計に響きますので、できれば低い金利でお金を借りるのが賢い選択になります。緊急の場合においても最短で即日融資OKの銀行カードローンもたくさんありますので、年収800万円台の方はまずはそちらを視野に入れておくことをおすすめします。

 

但し、キャッシング審査に不安があったり、1秒でも早く借り入れをされたいのであれば消費者金融の方がメリットがあるケースもありますので、その時の状況に応じて決めることを推奨します。

 

年収800万でキャッシング審査に落ちる可能性はある?と聞かれれば審査通過できない可能性はあります。

 

これは様々な事情が考えられますが、希望融資金額だったり、過去に返済が滞ってしまった経歴があるなど様々です。審査が不安でもまずは申込をしてみるのがいいと思いますよ!

 

年収800万円の暮らし・生活レベル

 

将来これくらい稼げればいいな~!と密かに野心を燃やしている人も結構いるのではないでしょうか?

 

確かに独身でも家庭を持つ場合においてもシッカリ節約してやり繰りをすればお金が悩みになることも少ないと思います。

 

家賃相場:14~16万

 

車購入金額:200万

 

一戸建て・マンション購入目安:3200~3700万程度

 

年間目標貯蓄額:220万

 

都内であればそこまで他と比べて裕福な暮らしをすることはできないのですが、地方であれば周囲に差をつけることができるレベルになります。車についても独り身なら無理をすれば300万円程度であれば購入できますので、贅沢な暮らしも可能です。但し、毎月のようにブランド品などで浪費をされている方の場合ですと借金地獄にハマるケースもありますので、線引きで要注意な収入層ではあります。