年収900万のキャッシング

MENU

年収900万のキャッシング借り入れ

年収900万円あればどの地域エリアにおいてもある程度の生活はすることができるはずです。但し、会社で家賃補助があるか?ないか?によって住まいのレベルが変わってくるケースも多い収入層であると思います。一般的にサラリーマンでも到達することは十分に可能ですが、よほどの高収入カンパニー以外では管理職・経営者のポストになるでしょう。20代~30代前半でこのクラスの給料を得るのはまず普通の会社員では難しく、若手で稼いでいるとすれば外資系・テレビ局・大手商社など極一部になるでしょう。自営業、起業して経営してる人であれば可能ではありますが、30代前半以下であればレアな存在であると言えるでしょう。40代、50代では決して珍しくはなく頻繁に聞くレベルになります。さて、年収900万のキャッシング・カードローン借り入れについて徹底解説してるページになります。

 

お金を借りたい瞬間があるのか?については不明ではありますが、やはり生活設計をシッカリとしていないと年収900万円台のビジネスマンでも消費者金融や銀行カードローンを利用することは結構あるみたいですね。審査・金利・限度額など気になる点はたくさんあると思いますので、ココでは分かりやすく分析していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。なお、今回の企画ページで対象者になるのは下記の方になります。

 

  • 年収900~910万
  • 年収920~930万
  • 年収940~950万
  • 年収960~970万
  • 年収980~990万
  • ~999万円以下

 

年功序列が崩壊している傾向のある昨今においては今から就職される方は良い会社に入っても到達するのは難しいかもしれないです。今後は努力と実績が必要になってくるのかな~とは思いますね。ちなみに資格試験で当てはまるものは見つかりませんでした。勉強を頑張れば達成できるというものではないみたいですね。

 

年収900万円の借入限度額について

 

総量規制対象となる消費者金融でキャッシングするケースですと年収の3分の1までが限度額になりますので、仮に年収900万円なら限度額は300万円までになります。960万なら320万円までとなります。大分まとまった大口融資を受けることも可能になりますが、車など大きなものを購入する際にはマイカーローンなど目的ローンを利用する方が金利面で優遇されているケースがありますので、覚えておきたいところではあります。一般的に消費者金融のキャッシングは金利が高い傾向がありますので、よほど審査に自信が無い限りは年収900万円の方は銀行カードローンを推奨します。

 

一般的に銀行への借入は消費者金融と比較して低金利である傾向があります。大手でおすすめなのはみずほ銀行、バンクイックなどメガバンクが提供しているカードローンになります。

 

年収900万円台の生活レベルとは?

 

家賃相場:15~17万

 

車購入金額:220万

 

一戸建て・マンション購入目安:3500~4000万程度

 

年間目標貯蓄額:250万

 

1人暮らしでお金が足りない!公共料金が支払えない!となるのはよほど急な出費があったか、お金を使い方に問題があったか?の二通りになります。家族持ちで子供が2人、3人いるのであれば妻と一緒に養っていかなければいけないので見栄を張ると割とすぐに生活が圧迫されますので、注意が必要になります。また、家賃補助のある会社であれば上記の家賃相場の1.5倍程度の高級タワーマンションの1ldkに住むことも視野に入れることができます。

 

年収900万円ならキャッシング審査でも自信を持つことができる収入レベルになります。銀行カードローンでの借入を目指しましょう!