年収1000万のキャッシング

MENU

年収1000万のキャッシング借り入れ

サラリーマンが目標に定める収入と言われているのが年収1000万円になりますので、ある意味多くの社会人の憧れとされている高収入を手に入れていることになります。男女共にロマンであり、一生のうちに一度は達成しておきたいと密かに野心を燃やされている方も少なくはないでしょう。しかし、年収1000万円あれば何だって出来る訳ではありません。カップラーメンも食べるし、車も軽自動車、子供は小中公立・・・なんて実は庶民意識の高い方が多いのが特徴的ではありますね。

 

さて、紹介するのは年収1000万のキャッシング・カードローン借り入れになります。これだけの高収入でもお金を借りるケースも普通にあります。このページも主な読者対象としては下記の通りになります。

 

  • 年収1000~1100万
  • 年収1200~1300万
  • 年収1400~1500万
  • 年収1600~1700万
  • 年収1800~1900万
  • ~年収1999万円以下

 

一見するとめちゃくちゃお金持ち!というイメージがありますが、日本は世界の中でも特に高所得者に厳しい国です。累進課税で収入が増えればそれだけ多く税金で取られてしまう仕組みになっています。所得が1800万円以上になると半分程度持っていかれますので、差が付きにくくなっているのです。年収1000万円を超える人達はどのような職業に就いていのか?についても検証してまとめてみました。

 

  • 地方議員
  • パイロット
  • 医師
  • 総合商社
  • 銀行(メガバンク)
  • 外資系企業
  • 民放キー局
  • 中央省庁の官僚
  • 大学教授

 

ザックリ並べましたが権威ある職業の方が結構多いのが特徴的ではありますね。社員の平均給料が高い会社であれば30代中盤~40代前半の中堅クラスでも超えてきますが、年収1500万円以上になると年功序列では厳しく、結果・実績を残して出世しなければ難しいと言えるでしょう。また、現在の公務員給与制度で視野に入れることができるとすれば国家総合職採用の所謂高級官僚たちになります。本庁課長級くらいから狙えます。

 

年収1000万円の借入限度額とは?

 

キャッシング・カードローン審査の前にまず気になるのが融資限度額になります。消費者金融でお金を借りる場合ですと総量規制対象になりますので、原則年収の3分の1までになりますので、覚えておきたいところではありますね。例えば年収1200万円であれば限度額は400万円まで年収1500万円なら融資上限額は500万円という形になります。

 

一般的にスピード力と手軽さを考えると借入で魅力的なのが消費者金融のメリットではありますが、このクラスの収入があれば審査においても信頼性に優れているのが銀行カードローンの方がおすすめです。理由は消費者金融と比べると金利が低く設定されているケースが多いからです。大口融資もしやすいのでまとまった金額を借り入れされたい方に便利だと思います。

 

年収1000万円台の生活レベルとは?

 

ザックリどのくらい裕福な暮らしをすることができるのか?指標のような参考資料をまとめましたので、チェックしてみてくださいませ。(あくまで独断分析です。)

 

家賃相場:18~30万

 

車購入金額:250~400万

 

一戸建て・マンション購入目安:4500~8000万程度

 

年間目標貯蓄額:300~500万

 

サラリーマンであれば年収1800万円以上、経営者であれば年収1200万円以上がグレードの低い部屋ではありますが、高級タワーマンションに住める目安になります。サラリーマンでも家賃補助があれば経営者と同じような考えでOKだと思います。車についても新車が良ければ購入することは十分に可能であると思います。外車に乗っている方は少ないと思いますが、レクサスなど国産車であれば結構いるのではないか?と思います。節約をすればガッツリ貯金をすることができますので、将来マイホームを購入される方などは頭金の為に蓄えておいてはいかがでしょうか?