結婚式費用払えない、どうする?

MENU

結婚式費用払えない・足りない、どうする?ブライダルローン徹底解説!

最近では簡易に結婚式を挙げるカップルも増えていますが、やはり本音を言えば本格的に式をされたい方は多いと思います。

 

今回紹介するのは結婚式費用払えない・足りない時はどうすればいいのか?ブライダルローンの徹底解説や消費者金融、銀行カードローンの借入に関する詳細についても触れて行きたいと思いますので、どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

貯金ゼロでも結婚する人続出中!

 

インターネット上の口コミ体験談を見ると意外なことにプロポーズをする前に全く貯蓄をしていない男性が多いということが判明。

 

確かにお金が無くても2人で働けば何とかなるとは思うのですが・・・。貯金0円の場合ですと結婚式費用をすぐに捻出するのはよほどの高収入でない限りは難しいと言えるのではないでしょうか?今現在はほとんどない状況でも構わないのですが、決心した瞬間や結婚が正式に決めった段階で少しずつお金を貯めて行きたいところではありますね。また、どのくらいの料金・費用が掛かるのか?平均的な数値をリサーチしてみましたので、1つの参考にして頂ければと思います。

 

  • 婚約指輪:30~40万
  • 結婚指輪:20~25万
  • 挙式・披露宴:200~500万
  • 新婚旅行:50~80万
  • 新生活準備:150~250万

 

婚約指輪は給料の3ヶ月分と昔は言われていましたが、最近では購入金額がリーズナブルになっているのが印象的ではあります。20代~30代前半のカップルであれば手取り月収の1ヶ月~2.5ヶ月分を目安にされている方は多いように思われます。結婚指輪は2人分ですが、婚約指輪に比べると相場費用は低めになります。大体1人辺り10万円前後の金額で購入されるケースが多いみたいですね。そして何より一番かかるのが結婚式代、披露宴代になります。規模によっては1000万円以上かかることもあるなどその費用価格はピンキリになります。それなりにシッカリと挙式するのであれば200万円以上は覚悟しておきたいところではありますね。ウェディング会社安い・格安を徹底比較するのも節約手段の1つではありますが、人生最大級の祝い事イベントになりますので、値切りたくないというのが新郎・新婦の本音でしょう。

 

また、意外と出費が大変と言われているのが挙式後になります。国内・海外で大幅に変わってくるのですが新婚旅行にお金を掛ける夫婦は最近ではたくさんいるみたいですね。上記でも記載をしていますが、旅費以外でも結婚式でお世話になった方へのお土産代が結構弾むみたいです。また、お互い独身時代は実家暮らしのケースですので、新生活を始めるために家具・家電・賃貸などの出費が必要になります。ついつい新婚ホヤホヤの時って妥協は一切したくないと高額な冷蔵庫、エアコン、ベッドなどを購入してしまうものですので、シッカリとお金を貯めておきたいところではあります。

 

親・親戚からの援助が期待できないケース

 

人昔前までは挙式代の全てを親が負担する例もたくさんありましたが、最近では親にも資金がなく、自分たちだけで資金を工面する場合が多いみたいです。

 

また、「援助してもらいたくない」と独立意識を持っている人もいると思いますので、大変ではありますが、1つの壁を乗り越えると思って自力で何とかするのも良い経験だと思います。確かに援助金ゼロだと20代同士とかだとキツイですけどね。ローンなどを上手に活用すれば何とかなることもあるでしょう。

 

ブライダルローンって何?教えて

 

現実的に考えると結婚式費用足りないよ~と嘆いている人がほとんどだと思います。特に「後払い」ではなく「前払い」のケースですと金銭的にも心理的にもキツイものがあると思います。そこで視野に入れておきたいのがブライダルローンになります。一体何?という方もいると思いますので、簡単に概要を説明していきたいと思います。結婚資金の調達・工面を検討されているのであれば是非知っておくべきでしょう。

 

ブライダルローンとは・・・簡単に言えば結婚式費用が足りない方のためのローンになります。実際には支払い能力がある場合でも通常の消費者金融キャッシング、銀行カードローンと比べると金利が低い傾向がありますので、新居の為の費用を取っておくために借り入れをするケースも結構あるみたいですね。また、ブライダルローンの商品を提供されているのは銀行以外でもJA、信用金庫、クレジットカード、信用組合、労働金庫(ろうきん)などが挙げられます。ブライダルローンを消費者金融で探す方もいるみたいですが、「今すぐ借りたい!」、「審査に落ち続けている!」という方以外については基本的に金利の関係性から消費者金融キャッシング以外で検討することをおすすめします。

 

また、ブライダルローンの主な使い道・使途については下記の通りになります。(各金融機関の商品によって異なりますので、詳細について各サービスでご確認くださいませ。なお、掲載している内容以外でも利用できる可能性はありますし、逆に利用できない場合もありますので注意が必要になります。)

 

  • 挙式代・披露宴
  • 新婚旅行・ハネムーン
  • ウェディングドレス・その他衣装

 

ブライダルローンは目的ローンになりますので、使い道に制限があるタイプになります。場合によっては上記以外でも新婚生活のための引越しなどに利用できるケースもありますので、よーく確認して申込することを推奨します。

 

簡単な結婚式ローンの条件特集

 

融資限度額:300~500万円までになっているケースが多いのが特徴的ではあります。

 

貸出単位:1万~10万円と様々になります。

 

年齢:20歳以上~65歳未満、完済年齢が70歳までという制限がある場合もある。また、18歳、19歳の未成年でブライダルローンで借り入れをされたいのであれば父親・母親名義でローンを組む手もありますので、検討してみてください。一般的に未成年(16歳~19歳)

 

収入:毎月安定した収入がある方。年収400万円以上あると嬉しい。最低でも年収150万円以上は欲しいところ。

 

勤続年数・雇用:正社員がベストです。勤続年数は3年以上あるとよいでしょう。最低でも1年以上は継続的に働いている証拠が欲しい。20歳以上でも大学生、専門学生は基本的に難しい。

 

必要書類:一般的には次の通りになります。①運転免許など本人確認書類②勤続年数の証明書類(サラリーマンなら健康保険証、自営業・個人事業主であれば開業届け、確定申告の写しなど)③所得証明書(源泉徴収票や確定申告など)④資金使途確認書類(請求書、予約受付書類など)、⑤その他

 

保証人・担保:原則不要が一般的になります。金融機関によっては新郎、新婦、両親の片方が連帯保証人として要求されることがあるみたいです。

*あくまで一例として参考にしてください。詳細については各会社の公式サイトやお問合せで確認してくださいませ。

 

一般的に審査は難しい傾向がありますので、これまでにキャッシングで延滞した経験が無い方でも落ちる方も結構います。そのような場合に結婚式費用を消費者金融でキャッシングする方も割と結構いるみたいですね。少々金利は高いのですが、最短即日融資・手軽な審査申込が人気の理由になります。

 

即日でブライダルローンを検討されている方へ

 

30日間無利息サービスを提供しているプロミスアコムなどの消費者金融キャッシング・カードローンをするのも1つの手ではあります。特徴は最短で即日融資可能である点、審査から借入までのスピード感・手軽さなどが挙げられます。急いでお金を借りたい人や銀行・信用金庫などのブライダルローンで審査に通る自信が無いのであれば検討してみてはいかがでしょうか?ブライダル費用が無い!前払いで足りない!という方は最終手段としてぜひ覚えておいてくださいね。