葬式費用払えない、どうする?

MENU

葬儀費用払えない・足りない場合はローンを検討!

最近では「小さなお葬式」を選択する遺族も増えていて、主に代表的なのが家族葬、火葬、直葬、密葬などになります。最近では安い・格安プランで各業者がサービスを提供されていますので、まとまった支払うお金が無い場合にはリーズナブルな価格で依頼をすることも十分に可能になっています。

 

今回は葬儀費用払えない、足りない場合の対処方法について徹底解説していきたいと思います。葬儀ローンを選択する手もありますが、借り入れをするのはあくまで最終手段として覚えておきたいところではありますね。消費者金融キャッシング、銀行カードローンを検討する前にまず安いプランで依頼できるお葬式の種類と相場料金についてチェックしておきたいところではありますね。葬儀のキャッシング・借金を考える前にまずは基礎知識を身に着けて対処したいところではあります。

 

代表的な3つの葬式格安プランを抑えておく

 

昔は「一般葬」を選択するのが主流でした。会社の経営者・地位の高い幹部などであれば社葬・合同葬をされるケースも多かったです。

 

一般葬の場合ですと安い場合でも100万円以上するのが通常になります。全国平均で考えると200~300万円程度が相場価格になるでしょう。地域によって若干の差がありますので、その辺りについては各自調べてみてくださいませ。葬儀費用と実費に加えて忘れがちなのが寺院費用になります。こちらの相場については50万円前後になります。

 

結婚式などお祝い事の資金を計画的に貯める人はいるのですが、葬式代を毎月コツコツ積み立てている人は少ないみたいです。また、急に亡くなるケースもありますので、それに対応できずに困っている人は多いのです。

 

葬儀費用ない場合どうすればいいの?

 

そんな方におすすめなのが下記の3つのプランになります。

 

  1. 家族葬相場価格→60~80万円程度
  2. 火葬相場価格→20~30万円程度
  3. 1日葬価格相場→30~50万円程度

 

もちろん、無料で故人とお別れすることはできないので、ある程度の費用はどうしても掛かってしまいます。しかし、一般葬の相場に比べると半額、3分の1、4分の1とプラン次第は料金を抑えることも可能になります。工夫次第では葬儀ローンで借り入れしたり、消費者金融でキャッシング・カードローンしなくても対処することができる場面は結構あります。続いてはそれぞれの特徴について簡単にまとめましたので、チェックしてくださいませ。

 

家族葬

 

簡単に言えば家族・親戚などの身内だけで行う早期になります。弔問客の参例を拒否したい場合などに有効です。ちなみに密葬と同義として取り扱われることが多いのですが、全く違った意味を持つ単語になります。大きな違いは本葬があるか無いか?になります。密葬は火葬後に本葬を行うのに対して家族葬の場合は葬儀→火葬の流れで本葬は実施されないのが特徴的ではあります。そのため費用的な面においても家族葬より密葬の方が若干予算は高めになります。

 

具体的なメリットとしては下記の通りになります。

 

  • 近親者のみなので、気を遣う場面が少ない
  • ゆっくりと故人とお別れできる
  • 一般葬に比べて安い
  • 通夜振舞い・返礼品等の手間も少ない

 

火葬(直葬)とは?

 

お通夜、告別式、お別れ会を実施しないで直接火葬することです。非常に簡易な最低限の葬式と考えると分かりやすいと思います。シンプルなプランになりますので、最近では徐々に主流になりつつあるのがポイントになります。葬儀払えない、お金がない・・・など困っているのであれば候補に入れておきたい。

 

主な特徴は下記の通りになります。

 

  • 大幅に葬儀費用を削減できる
  • 時間、体力、精神的な負担が少ない

 

1日葬とは?

 

簡単に言えば告別式と火葬のみのシンプルなプランになります。一般葬との違いは通夜法要(通夜式)が無く、1日で火葬までするという点になります。

 

  • ゆとりをもって個人とお別れできる
  • 一般葬に比べて安い
  • 喪主の負担も軽減

 

まとめ!結局どのプランがいいの?

 

それぞれの意向によって異なりますので、どれが一番正しい選択ということはありません。

 

但し、費用面で考えるとダントツで直葬(火葬)にメリットがあるでしょう。最低限のお金しか持ち合わせていないのであれば候補に入れておきたいところです。

 

葬儀ローンって何?教えて!

 

葬儀費用以外でも人が亡くなるとたくさんのお金がかかります。

 

  • 遺品整理代
  • 墓地代
  • 墓石代
  • 仏壇代

 

最近では遺品整理会社に依頼して所有物を処分したり、残すようなケースは結構あるみたいです。1人で整理するのは難しいのでプロや専門家にお願いするのは得策な方法ではありますが、当然ですが、これもお金がかかります。豪邸などにお住まいの場合はさらに通常より料金がかさみますので、注意が必要になるでしょう。

 

また、一般的に葬儀費用と同じくらい墓地、墓石、仏壇、その他でかかると言われてます。それを考えると自己資金では足りないでローンを組むのも選択肢の1つなのかもしれないですね。生命保険、死亡保険を受け取れば何とかなるけど、振込までに時間がかかるケースは結構あるみたいです。そんな緊急な時に頼りになるのが葬儀ローンになります。一般的に葬式の借入をする時は葬祭会社、銀行、信用金庫(しんきん)、労働金庫(ろうきん)など複数の種類から選ぶことになります。金利や限度額、申込条件、融資までの時間などで違いがありますので、それぞれを徹底比較して賢く選択するのがポイントになるでしょう。

 

資金用途自由のカードローン・キャッシング

 

葬儀ローンに拘る必要はなく、急ぎであれば銀行カードローンで借入するのも1つの手になります。金利については若干高めになりますが、基本的に使い道は自由になりますので、様々な場面でお金を使うことができます。利便性に優れていますし、スペックについてもさほど変わらないケースもあります。

 

特におすすめなのは三菱東京UFJ銀行(バンクイック)になります。テレビ窓口であれば最短即日カードローンで融資を受けることも可能になります。その他、審査に自信が無いのであれば最終手段として葬儀費用を消費者金融で借入するのも1つの方法でしょう。

 

まあ、基本的に大口融資の場合ですと消費者金融より銀行カードローンの方が金利などを考えてもメリットがありますので、バンクイックなどを選択したいところですね。

 

消費者金融であれば三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがおすすめです。