出産費用払えない、どうする?

MENU

出産費用払えない場合はどうする?キャッシング

出産するためには入院するのが一般的ですので、前金が足りないというケースが結構あるみたいです。さらにその後、退院時に差額の出産費用が払えない場合どうすればいいのか?と困ってしまう例もあるみたいです。今回は出産費用が払えない場合は対処方法と消費者金融キャッシング、銀行カードローン、さらには出産育児一時金直接支払制度まで様々な点について徹底解説していきたいと思いますので、費用面で悩まされている方についてはぜひ一読してみてくださいませ。きっと出産入院費用が払えない時に役立つ知識になるはずですので!

 

出産育児一時金直接支払制度って何?教えて!

 

妊娠した段階で多くの妊婦の女性、夫である男性なら知っているとは思いますが、おさらいという意味で改めて説明していきたいと思います。

 

基本的に出産には様々な出費が必要になります。多額な自己資金を用意したり、貯蓄するのは結構難しいので、簡単に言えば出産育児一時金直接支払制度とは出産費用を特別に用意しなくても出産育児一時金として受け取ることができる便利な制度になります。但し、注意しなければいけない点もありますので、特徴をまとめましたのでチェックしてくださいませ。

 

  • 健康保険に加入している本人又は扶養家族が対象
  • 出産育児一時金を上回った額は支払う義務がある
  • 妊娠4ヶ月(85日)以上で出産したママ対象
  • 申請手続きが必要
  • 原則1人に付き42万円支給
  • 自治体・加入健康保険組合によっては付加給付金がある

 

まずシッカリと健康保険に加入している人が対象になります。未納・滞納が続いている健康保険の機能自体がストップしてもしかすると受け取ることができない場合もあるかもしれないです。また、出産に掛かった全ての費用を負担してくれる制度ではないので注意が必要になります。42万円を超えた差額については支払う必要があります。帝王切開など出産で予想外の出来事があると入院期間が長くなり、42万円以上になることもありますので、できればある程度は貯金しておきたいところではあります。ついついこの制度の存在を知ると貯蓄ゼロでも出産出来る!と認識される夫婦がいるのですが、出産費用をキャッシング・カードローンで借り入れされている人もいますので、準備態勢を整えておくことを推奨します。

 

ちなみによくある質問としてあるのが自営業・個人事業主でも出産育児一時金直接支払制度は適用されるのか?という点になりますが、大丈夫です。シッカリと国民健康保険を払っていれば支給されますので、フリーランスでも安心です。会社員、自営業、公務員などで若干手続き方法が異なるみたいですので、各種調べておきたいところではありますね。慌てることが無いように余裕を持った申請をおすすめします。

 

出産費用が払えない理由って何?

 

上記を見れば分かるようにこんなに在り難い制度があるのに出産で借り入れ、キャッシングしなければいけない人ってどんな人なの?と思われている方も結構いるのではないでしょうか?実際に消費者金融・銀行カードローンなどの口コミ&体験談などで出産費用を捻出するために借り入れをされている方って少ないのですが、たまにいます。今回は出産入院費足りない、払えない理由を徹底分析しました。

 

出産入院費予算オーバー理由一覧

 

  • 充実した設備の高級病院
  • リッチな個室
  • 帝王切開で入院が長引く
  • 産まれた子供の容態が悪い、難産

 

上記に当てはまるとオーバーして差額を支払わなければいけないことも結構あるみたいです。やはり一番大きいのは入院期間と1日当たりの単価ですね。相殺しても支払う金額が残らないか?不安であれば一度出産の予定の病院で見積をするのも1つの手です。また、病院のVIPな個室は普通のホテルに比べて高い水準の料金設定になっていますので、安易に部屋変えをするのは危険です。退院時の請求にビックリすることも・・・「えっ?こんなに!?」みたいな経験をされた旦那さんも少なくはないでしょう。

 

出産でキャッシング・カードローン借り入れする人って多いの?

 

計画性のある妊娠・出産であれば借金するケースは稀です。というのも上記で紹介している出産育児一時金直接支払制度のおかげで誰でも経済的に無理なく出産出来る仕組みになっていますので、基本的に借金地獄にはハマらないのが特徴的ではあります。

 

問題は想定外な出来事が起きたり、費用を全く気にしなかったりする場合です。差額が数万円であればわざわざ消費者金融キャッシングする必要はないと思いますが、10万円、20万円足りない!となれば必然的に視野に入れることになるでしょう。

 

即日キャッシングをされたいのであれば消費者金融、支払いにゆとりがあって審査に自信があるなら銀行カードローンがおすすめになります。

 

基本的に消費者金融は小口融資が得意で銀行は大口融資が強味となっています。金利的には銀行カードローンにメリットがあるのですが、即日融資のスピード力や手続きの簡易性・利便性を考えると消費者金融がおすすめです。出産費用が払えない場合はぜひ検討してみてください!