住民税滞納はキャッシングするべき?

MENU

住民税滞納・払えない!キャッシング借り入れ

急激に年収がアップするとその翌年に困るのが住民税になります。

 

*例:千葉県船橋市にお住まいなら県民税、市民税、東京都目黒区にお住まいなら都民税、区民税、大阪府大阪市なら府民税、市民税になります。

 

一般的な会社員・公務員であればほとんどが給料から天引きという形になりますので、「住民税払えない!」と嘆いている人はあまり聞きません。

 

それではどのような人が住民税を滞納したり、お金がない!と困っているのでしょうか?住民税で消費者金融キャッシング・カードローン借り入れをされている方はどのような人なのか?

 

その多くは個人事業主や失業者になります。住民税の請求を基本的に1年後にやってきますので、そのことを全く頭に入れていないでお金を散財していると滞納する羽目になることも珍しくはないみたいです。収入が常に右肩上がりであれば問題は無いのですが、この不景気な時代でそれを継続的に続けるのは非常に困難であることは言うまでもないでしょう。特に急に業績悪化で失業して無職・ニートになると生活費だけで精一杯で税金には使えないという場合は結構あると思います。

 

フリーランス・自営業など会社員と違った自分で支払う必要があります。例えば収入が激減してもそれを免れることはできないのです。国民としての義務というやつですね。

 

住民税払えない、滞納する人の特徴や理由まとめ

 

  • 高額所得者から一般のサラリーマンへ転職
  • 普段から貯金する癖が無い
  • 何とかなる!と常に思っている
  • 失業で無職・ニート
  • 住民税の存在を知らなかった
  • 事業の業績悪化で払う余裕がない
  • 急な出費が多くて足りなくなる
  • 借金地獄にハマる多重債務者

 

仕方ないな~という理由よりは計画性の無いお金を使い方が問題になるケースが多いように思えます。確かに調子が良いと大判振る舞いをしたくなる気持ちも分かりますが、イケイケではなく堅実に貯金するのが住民税払えないで困らないようにする対策になります。これが鉄板で来年も今年と同じように上手くいかないこともある程度は想定しておきたいところではありますね。もちろん、地震等の災害であれば自然的な理由になりますので、なかなか事前に対策することは難しいのですが、出来ることはしておきたいところではありますね。

 

住民税払わないと財産は差し押さえになる?

 

はい。納付期限に間に合わないで滞納していると差し押さえになる可能性があります。

 

実際に差し押さえされる可能性が出てくるのは督促発行から10日以内に納付しない場合になりますので、単純にど忘れで遅れてしまったのであれば急いで支払えば問題はありません。

 

注意が必要なのは督促の無視を続けることになります。おそらく、2週間、1ヶ月の滞納レベルで差し押さえの実行をされるケースはほとんどないと思いますが、払える資産・財産があるのに払わない場合だとその対象になる確率はアップするのではないか?と思われます。

 

差し押さえをされても信用情報機関に掲載(ブラックリスト)されることは考えられない、クレジットカード審査、消費者金融キャッシング・カードローン審査に影響しないとネット上では言われていますので、何もデメリットは無いと思い込んでいる方も中にはいると思います。

 

しかし、住民税の滞納はペナルティーとして重い延滞税が課せられますので注意が必要になります。結構、延滞税で再出発が出遅れることがありますので、住民税は速やかに支払いたいところではあります。

 

払えない時はすぐに相談しよう!

 

現状で持っているお金では足りない・・・滞納・遅延してしまう可能性があるのであればまずはお近くの役所の担当者に相談しましょう。

 

また、現在住民税を滞納されている方は「分納」という手もあります。文字通り一括支払いではなく、分割支払いによる方法になります。滞納していた期間・年数によってはしばらく生活が苦しくなるとは思いますが、我慢して頑張りましょう!

 

こんな時に臨時収入があれば・・・そのように願いたいものです。

 

キャッシング・カードローンで借り入れすることも検討しよう!

 

短期的に借入するなら消費者金融、長期で大口融資を検討されているなら銀行カードローンがおすすめです。

 

住民税キャッシング・カードローンで乗り越えるのも1つの手ではあります。消費者金融なら無利息期間サービスを実施しているプロミス、最短で即日融資可能のアコムなどが人気があります。無利息期間を上手に使って短期で返済をすれば必ずしも銀行カードローンより高い金利になるとは限りません。返済・入金の利便性を考えてもメリットがありますので、消費者金融はおすすめになります。

 

住民税を銀行カードローン借り入れで支払いたいと思っているのであればメガバンクで低金利のみずほ銀行カードローン、知名度は大手に劣りますがハイスペックな融資条件であるオリックス銀行カードローンなどを候補に入れておきたいところではありますね。但し、返済できる見込みがない借り入れはNGです。多重債務者になるなど悪循環になりますので、短期で返済できるように計画的にキャッシングしよう!