入学金払えない、借入の注意点

MENU

入学金払えない、借り入れキャッシングする時の注意点

せっかく高校、専門学校、大学受験で合格したのに入学金が払えないで層々にリタイアを迫られている・・・そのような境遇に立たされている学生も少なくはないでしょう。

 

今回は入学金のキャッシング・カードローン借入を中心に徹底解説していきたいと思います。消費者金融・銀行からお金を借りてこの場を乗り越えたいと考えている方は必見です。

 

大学を指定校推薦で合格した場合は特にまずい?

 

その高校の代表として試験を受けている訳ですので、

 

お金が無いから入学金を払えない

 

払えないから合格したけど入学しない・・・

 

だとハッキリ言えば今後の在校生・後輩の印象を悪くしてしまう可能性があります。迷惑をかけてしまいますので、払えない可能性があるのであれば推薦を受けないのが通常になります。

 

このような境遇に立たされて責任感の強い方であれば何とか対策したいと考えるのが普通だと思います。入学金払えない時の対策について徹底解説しますので、参考にしてくださいね!

 

入学金は奨学金では間に合わない!?

 

お金が無くても学生本人が借金を背負う奨学金を利用すれば入学金はシッカリと振込できるのではないか?そのように考えるのが当たり前だと思います。

 

しかし、実はココに結構な落とし穴があって、奨学金の入金までに時間が掛かって、入学金を支払う期限までに間に合わないの通常です。

 

というのも奨学金制度自体が基本的に進学後に支給という形になりますので、入学金を含む前期学費など前納金に充てることができない仕組みになっているのです。よーく調べておけば誰でも知っていることではありますが、勘違いしている人だと結構焦る場合もあるみたいですので、注意が必要になります。

 

また、入学前納金については50~120万円程度が相場になりますので、一般家庭で数カ月で貯金するのはかなりハードルが高いのが特徴的ではあります。

 

入学前納付金払えない、対策方法とは?

 

一番おすすめの方法が事前にいくら必要なのか?を確認してその目標金額に向かって貯めておくことです。ほとんどの家庭でこれを実践して苦しい家計の中でも乗り切っています。

 

シッカリと前もって貯金・貯蓄することが緊急事態にならない対策としては有効です。

 

2つ目は「お金借りる」という選択肢になります。入学金の借入であれば教育ローンが一般的になります。学費については奨学金で何とかなるけど、その前の段階で間に合わないんだよね。みたいな人にとっては1つの選択肢として覚えておきたいですね。

 

教育ローンの種類については公的ローンである「国の教育ローン(日本政策金融公庫)」と「民間ローン(銀行、信金、労金、JA、保険会社、信販会社など)」に分かれています。

 

日本政策金融公庫の教育ローンであれば地方から都内への大学に進学する場合において結構費用がかかると言われている上京の為の賃貸初期費用(礼金、敷金、家賃など)にも利用することができますので、余裕があるならおすすめです。

 

3つ目は「学生本人が働いて稼ぐ」です。高校生のアルバイトで月に10万円以上稼ぐのはなかなか難しいとは思いますが、後20~30万円足りない!という状況だったら何とかなるかもしれません。但し、校則でバイトが禁止されていたり、届け出が必要になるケースもありますので注意が必要になります。

 

最後にどうしても入学金が払えないなら相談するで解決できる可能性が残されています。家庭の事情を説明しても全額免除という訳にはいかないと思いますが、「分納」や「延納」という選択肢が進学先によってはあるかもしれません。ちょっと気が進まないかもしれないのですが諦めないでどうしてもの時は相談しましょう。

 

急いでいるならキャッシング・カードローン

 

緊急で必要な場合や手軽に申込できることで入学金対策で視野に入れておきたいのが消費者金融や銀行のカードローンになります。

 

特に消費者金融の場合ですと最短即日融資OKで手続きも簡易になりますので、スピードと利便性を求める方に向いていると思います。また、銀行の教育ローンの審査通過に自信を持てない方にとっても頼りになる存在になるはずです。

 

一般的に金利の高いイメージがあるので入学金の為に消費者金融キャッシングするのはあまり得策ではないのでは?と思われている方もいますが、大手のCMでお馴染みのプロミスやアコムなどであれば無利息期間も設けられていますので、短期で返済する場合ですとむしろ利息返済総額が少なくて済むケースも多いのです。