デート代をキャッシングする

MENU

彼女(彼氏)のデート代のキャッシングする

学生時代であれば少ないお金の中で交際相手とデートを楽しむことができますが、就職して社会人になると公園でただひたすら話すなんていう遊びは難しくなります。

 

「少しオシャレなレストランで食事がしたい」
「相手が喜ぶプレゼントをあげたい」
「彼女・彼氏と国内外の旅行を楽しみたい」

 

などついついお金の消費が増える方も珍しくはないでしょう。状況によっては1回だけと心に決めた消費者金融・銀行カードローンでの借り入れは毎月のように繰り替えているという方も少なくはありません。近年、デート代をキャッシングされる方は20代に限らず、30代、40代、50代の中高年の間でも増えていると言われています。

 

彼女・彼氏の借金がヤバイ!どうするべきか?

 

昔に比べると男女の交際においてデート費用を割り勘する流れが進んでいますが、やはり現在においても男性が女性に奢る文化がまだまだ続いていると言えるでしょう。割合は少ないのですが、逆に男性側がひも状態になって女性に生活を支援してもらっているパターンもあります。

 

交際相手の男性・女性が多額の借金を抱えている場合にどのような対処をすればいいのか?悩まされている方も結構多いのではないでしょうか?

 

選択肢として多いのは下記の通りになります。

 

  • 損切して別れを決断する
  • 借金返済を一緒に手伝う
  • デート代を負担する
  • 気にしない

 

結婚を視野に入れている方の場合ですと条件の中に「借金しない人、多重債務者でない人」などと考えている人もいます。金額や借金理由にもよりますが、100万円以上でギャンブルやキャバクラ・ホスト遊びなどの場合ですと思い切って別れを切り出す確率が高いように思えます。

 

「いくらまでなら別れないで一緒に頑張れるか?」という点については人それぞれですが、シンプルに自分の気持ちでいいと思いますよ!

 

ちなみに同棲をしていないと結婚まで彼氏・彼女の婚約者が借金を抱えていることを知らないでトラブルになるパターンも結構多いみたいです。

 

また、デートで見栄を張るためのキャッシング・カードローン借入であれば1回あたりの予算を少なくするなど工夫することで解決することもあります。無理をさせているのであればプライドを傷つけない程度にフォローしてくれると男性の場合ですと助かると思います。

 

後は深刻であれば割り勘にしたり、これまで払ってもらった分を今度は自分が奢るなどするのも良いかもしれないですね。お金の問題で別れる大人の男女は結構多いのです。

 

デート代のキャッシング審査や限度額は?

 

マジメの方の中にはそもそも遊び代目的でお金を借りることはできるのか?と心配されているかもしれないのですが、

 

結論を言えばデート代をカードローンやキャッシングで借り入れすることは可能になります。

 

審査に落ちる、通るについてはなかなか判断基準が難しいのですが、普通のサラリーマンで安定した収入があって、他社での借り入れが無いのであれば年収がそれほど高くなくても消費者金融であれば審査に通るのはそれほど難しい話ではありません。

 

銀行カードローンにおいても安定かつ継続性があれば小額融資なら通る可能性は十分にあると思います。逆に無職だったり、ニートの場合ですと申込すらできない場合も・・・。

 

デート費用をキャッシングする場合の限度額についてはフリーローンですので年収の3分の1程度になります。年収300万円であればシンプルに100万円が限度額になります。

 

但し、限度額いっぱいまで実際に借り入れすることができるか?と言えばそうではありません。実際には50万円、80万円などが限度額として設定されるケースがあります。