家賃代のキャッシング

MENU

家賃払えない!キャッシングできる?

毎月の固定費で最も大きな割合を占めると言われているのがアパート、マンション、一戸建てなどの家賃になります。

 

生活を送るために賃料を払って物件を借りるのは一般的な習慣になりますが、中には急な出費が続いて「家賃払えない!どうしよう?」と悩まされている方もいるみたいです。

 

今回紹介するのは家賃代のキャッシング・カードローン審査に関するページになります。銀行がいいのか?消費者金融が向いているのか?などの気になる質問についても回答していければと思っています。

 

家賃滞納するとどうなるの?教えて!

 

「ヤバい・・・来月の家賃を払うお金が無い・・・」

 

「家賃滞納の可能性がある時の対処方法を知りたい」

 

「家賃滞納のリスクやデメリットを教えて欲しい」

 

「遅延損害金で高額請求される!?」

 

そのような方はまずはポイント1からご覧くださいませ。

 

責任感が無い方や神経がズ太いであれば「気にしな~い」、「考えても意味ないから放っておきま~す!」と本当にヤバくなるまでは放置プレーをする人もいると思いますが、”人に迷惑をかけてはいけない”と教え込まれている日本人であれば80%以上の方はできる限りの対処はしたいと考えるのが一般的です。トラブルを回避するためにはどうすればいいのか?

 

①~報告する

 

まず最初に家賃を払えないと滞納する可能性が出ましたら、その主旨を大家さん又は管理会社の報告することが大切になります。一言声をかける意味はあるのか?と考える方もいると思いますが、相手の立場からすると何も言わないで滞納すると、予め報告してくれるのでは互いの信頼関係が変わってきますし、家賃収入を得てる側の個人や法人からすると情状酌量の余地が出てくる場合が多いのです。

 

②~交渉する

 

但し、単純に支払えるか分からないと報告するのではなく、具体的に今後滞納しないためのプランやまずは半額だけ支払って、2ヶ月後に1ヶ月分の賃料と滞納している半額の賃料を払うなど交渉するのも1つの手になります。

 

③~家賃滞納が続くと強制退去になる?

 

家賃支払いができないと運営側としてもそのまま住ませる訳にはいきませんので、最終的に契約解除になるのが一般的になります。最初は電話か手紙などで催促されることになりますが、それでも支払えない場合は内容証明郵便で契約解除予告状が送られてくるのが流れになります。この時点ではまだ退去しなくても大丈夫なのですが、その数カ月に今度は「契約解除・物件明け渡し請求書」が届き、いよいよ退出することになります。

 

家賃滞納からどのくらいの期間で「契約解除予告状」や「契約解除・物件明け渡し請求書」が届くか?については賃貸借契約書などの書類でどのような規約事項になっているのか?を確認することを推奨します。

 

④~連帯保証人に迷惑が掛かる

 

保証人なし・保証会社で契約している場合ですと特に関係の無い話になるのですが、家賃滞納が続くと結構な金額の債務が溜まります。あなたに債務の返済能力が無いと判断されると信用してくれた大恩人に連絡が入る可能性があります。人によって異なりますが、はじめてのことで大騒ぎする人、焦って・パニック状態になる人、激怒する人・・・などなど冷静に判断してくれるケースもありますが、あまり知識が無いと感情的になってしまうこともあります。

 

連帯保証人に嫌な思いをさせたくないと家賃代のカードローン・キャッシングを検討される方も結構多いみたいです。

 

いずれにしても迷惑をかける可能性が出た時点で謝るなど報告するべきでしょう。

 

なお、契約内容によっては滞納したことによるペナルティーとして遅延損害金が請求される可能性もありますので、注意しましょう。

 

家賃滞納のために借り入れをする選択

 

たまたま急な出費や家計のやり繰りを失敗してしまっただけであればそれほど深刻な問題にはならないのですが、下記に当てはまるのであれば生活レベルの改善をする必要があるでしょう。

 

  • 年収(月収)に対する家賃の割合が高い
  • 契約当時に比べて家計の支出が増えた
  • 見栄を張ってしまうようになった
  • ギャンブルに手を出した

 

1つでも当てはまるのであれば仮に家賃滞納をカードローンやキャッシング借り入れで凌げたとしてもいずれまた危機に遭遇することになりますので、シンプルに「今月・来月はお金を借りて何とか家賃を支払おう」という考えてでは負の連鎖を続くことになります。

 

まず家賃滞納などで失敗している方で結構多いのが身の丈に合わないお金の使い方をしているケースです。

 

例えば様々なメディアサイトを見ると”家賃は月給の3分の1程度を目安に”と掲載されていますが、それは昔の話で正直な話をすれば20%程度に抑えるのが妥当です。例えば月収30万円であれば家賃6万円を上限にするのが上手に家計をやり繰りするコツになります。もちろん、勤務地など人それぞれ諸事情がありますので、25%でも問題はないと思います。30万円なら7.5万円ですね。賃料の高い地域ではなく、多少通勤時間を増やせば見つけることができるはずです。

 

万が一、月給に対する家賃の割合が35%~50%程度を占めるのであれば解決策として引越しをするのも1つの手になります。

 

家賃は消費者金融でキャッシングする方がいいの?

 

消費者金融のメリット安定した収入があれば10~20万円程度なら審査通過率が高い傾向がある点になります。

 

また、申込から審査・融資までの流れについても簡易的になりますので、即日融資を受けことができたという口コミや評判も多いのでスピード性においても評価されること結構あります。デメリットを挙げるのであれば金利が若干銀行カードローンより高い傾向があるという点になります。

 

家賃が20万円以下であれば消費者金融でキャッシングをするのも1つの手ですね。