奨学金返済が理由のキャッシング審査

MENU

奨学金返済が理由のキャッシング・カードローン借入

大学進学の資金的な工面で役立つのが奨学金になります。無事卒業して就職後の返済テーマに解説しているページになります。

 

奨学金払えないからキャッシング、カードローン借入されたいという方向けに説明しています。

 

奨学金の返済に関する基礎知識から応用まで様々な点について分析していますので、どうぞ最後までチェックしてくださいませ。

 

奨学金の返済、いつから始まるの?

 

実は嬉しいことに通常ですと学生の期間は学業に専念できるように借金を返さなくて大丈夫の制度になっています。

 

基本的には大学を卒業して6ヶ月間(半年)の猶予がありますので、そこから返済がスタートすることになります。

 

ちなみに仮に卒業することができないで中退する場合においても当然のようにその後に支払い義務がありますので、注意が必要になります。基本的には6ヶ月後から同じく返済することになります。

 

例えば3月に卒業の場合ですと10月から返済することになります。11月に中退なら7月ということになりますので、覚えておきたいところではありますね。詳しい内容などについては日本学生支援機構の最新情報をチェックするなどで確認するといいでしょう。

 

一定の猶予期間があるのは新卒で就職後に上京したり、1人暮らしをするなど何かと出費が重なる点、そして何より大卒でも会社から支給される初任給は安いので新生活の基盤を固めるためであると思います。

 

確かに新卒で4月からいきなり借金(奨学金)返済をするのはキツイですからね。これは借入されている方にとっては嬉しいですね。

 

奨学金滞納・払えない時は誰に相談すればいいの?

 

奨学金を滞納・延滞すると・・・

 

  • 住宅ローンの審査が通らなくなる?
  • クレジットカードの審査に落ちる?
  • マンション・アパート等の賃貸ができなくなる?
  • 差し押さえされる?
  • 高額な延滞税を支払わなければいけない?
  • 信用情報機関に掲載される?(ブラックリスト)

 

考えるだけでぞっとするような不安な要素がたくさん挙がってきますね。具体的に奨学金を払わないで放置するとどうなるのか?について徹底分析してまとめていますので、滞納・延滞をしてしまうかも!?という方は必見です。

 

後悔する人続出!滞納のヤバすぎる現実

 

まず忘れてはいけないのは奨学金=借金という事実になります。

 

何となく「奨学金」と言えば特別な印象を受けますが、普通に借入金になりますので、当然のように決まった期日までに返済する必要があります。

 

基本的に奨学金の種類によって多少異なりますので、今回は日本学生支援機構での借り入れケースを基に解説していきたいと思います。

 

まず返済は銀行引き落としが一般的になりますので、口座に払えるお金がない場合は①返済を催促されます。

 

ちなみにこれは確実な情報ではないのですが②延滞3ヵ月以上で信用情報機関に掲載されます。(ブラックリスト化)

 

ブラックリストになると③住宅ローン、マイカーローン(車ローン)、クレジットカードなど各種借り入れ等が困難になりますので、非常に不便な生活になるかもしれません。

 

さらに手紙で催促・督促でダメなら④民間企業に債権回収業務を委託します。

 

まだまだ滞納を続けるようであれば⑤裁判で提訴されます。

 

裁判で負けたにも関わらず奨学金を払わない強固な姿勢があると⑥財産の差し押さえが強制執行されます。

 

当然ですが、滞納をすると通常より支払い総利息額が加算されますので⑦元本借金地獄と延滞税地獄がダブルで待ち構えています。期間によって異なりますが、延滞税を払うだけで精一杯になっている人が口コミ体験談を見ていると続出しています。

 

最終的にザックリまとめると奨学金の返済を滞納するとメリットはなく、デメリットだらけであるということになります。これは消費者金融キャッシング、カードローンをしてでも遅れないように頑張っている人がいることが納得ですね。

 

奨学金のキャッシング借入審査ってどうなる?

 

返済している途中でお金が足りない!と焦ってしまった経験を持っている人もいるでしょう。即日キャッシングをするのではなく、まずは対処方法を冷静に考えるのがいいでしょう。あくまでカードローン借入については最終手段であることを心に留めておきましょう。

 

まず日本奨学金支援機構に相談することが重要になります。事情を話して何か良い方法は無いか?現状に合わせて聞いてみることをおすすめします。

 

また、副業がOKであればアルバイトをして少しでもお金を稼いだり、不要なブランド品を売却するなど消費者金融・銀行の利用は本当に必要なのか?入念に確かめることを推奨します。結果的に無理な状況であれば奨学金返済でキャッシングするのも1つの手でしょう。

 

使い道ついてはフリーローンであれば目的は問われませんので、審査に通れば問題なく返済に充てることができるはずです。奨学金の支払いが理由でキャッシング、カードローンをされた体験談を持っている人は意外と結構いますからね。同じような境遇に合った方の口コミなどを見るのもいいかもしれないですね。