転職直後のキャッシング審査

MENU

転職直後のキャッシング・カードローン審査

新しく職場を変更させると環境・ライフスタイルにこれまでと違いが出ますので、ストレスを感じるようになります。

 

さらに現在住んでいるアパートやマンションから離れている場合ですと引越しをして出費が集中してしまうこともあるでしょう。
今回紹介するのは転職直後のキャッシング・カードローン審査や限度額に関するテーマになります。

 

「転職したてのキャッシングは審査に落ちるのではないか?」

 

「転職したばかりのキャッシングは限度額が少ないのではないか?」

 

「再就職だと銀行カードローンではなく、消費者金融での借り入れがベストか?」

 

など気になる方は結構多いのではないか?と考えています。その辺りについて徹底解説するとともに付属して基礎知識も掲載していきたいと思います。

 

お金が無い人続出中!転職活動はどのくらい費用が必要?

 

転職でお金借りる体験談・口コミを頻繁に見かけることがあります。一体何にマネーを使っているのか?気になりますね。

 

簡単にまとめてみましたので、ご覧くださいませ。

 

  • オーダーメイドスーツ
  • エグゼグティブな革靴
  • 情報収集目的のイベント参加
  • 転職講座の利用
  • 生活費
  • 交通費
  • 履歴書・郵送料などの雑費

 

平均50万円~60万円(推定)

 

自己投資に意欲的な方の中には100~200万円程度つぎ込んでいる方もいます。もちろん、そんな大金を掛けなくても実力があれば内定を取れます。

 

基本的に求人サイトなどは無料で利用することができますが、やはりそれだけではライバルたちとの差は広がらないと考える方は結構多いみたいですね。結果的にセミナーや対策講座など勉強費用をたくさん支出されている人は多いのです。また、仕事を辞めて転職活動をしている場合ですと一時的に無収入になります。(雇用保険が支給される場合もあります。)そうなると日々の生活に費用が掛かり、貯金が底をついてしまうことも当然あるでしょう。例えば1ヶ月に20万円必要で収入0であれば20万円赤字になってしまいます。これは転職でカードローンやキャッシングでお金を借りる人が多い理由も分かるような気がしますね。

 

また、気を付けなければいけないのは採用後の給料日になります。当月にすぐ支給されると勘違いしていて、実際には翌月払いになると資金面で圧迫される可能性が高まります。そのような時に頼りになるのが消費者金融や銀行のカードローン借入ですね。即日融資を受けたい場合ですと申込から審査までのスピードが早い消費者金融がおすすめになります。時間があり、安定した収入をPRできるのであれば若干低金利の傾向がある銀行カードローンを選ぶのも1つの手です。

 

採用・内定後は給料日程を確認しておきたい。

 

転職直後のキャッシングは不利?審査に落ちる?

 

確かに継続した在職期間の長いサラリーマンの方が賃金業者からすると信頼性は高いので審査に通りやすく、限度額も有利になると考えられます。

 

但し、100万円以内の小額であれば転職したばかりのキャッシングでも審査に通る可能性は十分にあります。

 

無職の期間が1年以上など特別悪い条件が無ければ年収証明は源泉徴収書などで可能になりますので、申込をする価値は十分にあると思います。

 

転職活動中のキャッシングの場合ですと無職の状況になりますので、実際に働き始めた方に比べると「審査に落ちた」という口コミが目立ちます。


転職直後のキャッシング審査関連ページ

ペット(犬・猫)のローン審査
1万円、キャッシング