プロミス、「郵送物なし」、「カード発行なし」の借入

MENU

プロミス、「郵送物なし」、「カード発行なし」の借り入れ方法

 

キャッシングをする時に気になるのが「お金を借りていることが周囲に知られてしまうのでは?」という心配になります。

 

特に郵便物・カードはプロミスを利用している証拠のようなものですので、見られてしまうと借金していることが発覚する確率は高いでしょう。

 

できれば、プロミス借入は「郵送物なし」・「カード発行なしも対応可能」で手続きしたいと考えるユーザーも少なくはないと思います。

 

今回は「郵便物」と「カード」の2つに着目して徹底解説していきたいと思いますので、興味がある方は最後まで見て頂ければと思います。

 

プロミス、利用明細書・契約書類って郵送で届くの?

 

まずはプロミスから申込後に届く可能性のある郵送物について紹介します。

 

  1. 利用明細書
  2. 契約書類
  3. カード
  4. 督促状
  5. その他

 

結論を言えば「郵送物なし」でプロミスは申込・借り入れ・返済が可能です。利用明細書、契約書類、カードについては本人の意志で郵送を回避することが可能ですが、返済の滞納が続くと督促状等の書類が届くケースがありますので、注意が必要になります。「絶対に督促状を見られたくない!」というのであれば計画的な借り入れと返済をする必要があります。万が一延滞される場合はその志を早めの連絡をすることと、プロミスからの連絡を取れるようにしておくことが郵送物が届くリスクを軽減するコツになります。

 

「郵送物なし」にする方法

 

WEB完結も対応可能

 

  1. WEB明細にする
  2. 返済を口フリ(口座振替)にする
  3. カードレス(カード発行なし)のWEB取引をする※対象金融機関は200行以上あります。

 

プロミスで「郵送物なし」にするにはWEBで申込後に返済を口フリ(口座振替)に選択、「カードなし」に選択することがポイントになります。このやり方であれば来店不要ですし、郵送物は一切なしでWEB完結も可能になりますので、非常に便利です。

 

自動契約機・三井住友銀行ローン契約機・店頭窓口の場合

 

先ほどは「来店不要」のネット完結パターンでしたが、続いては「来店必須」の契約について解説します。

 

結論を言えば来店する手間は多少面倒ではありますが、こちらも「郵送物なし」で契約することができます。

 

抑えておくポイントについては下記の通りになります。

 

  1. WEB明細にする
  2. その場でカード発行する
  3. その場で契約書類を受け取る

 

来店で借入をする場合ですとカード発行は必須になります。契約だけ来店して、以降は借入は振込キャッシング、返済は口座振替にする場合でもカードを受け取る必要がありますので、その場で発行しないと後日郵送されることになりますので、注意が必要になります。

 

最終的に不安であればネット申込後にプロミスコール又は店頭窓口で「郵送物なし」の相談をすることを推奨します。そのために必要な事項を詳しく説明してくれるはずです。

 

プロミス

プロミス、「郵送物なし」、「カード発行なし」の借入関連ページ

プロミス、派遣社員の審査・在籍確認
プロミス、WEB契約の流れ・必要書類まとめ
プロミス、追加融資・追加キャッシング
プロミス、おまとめローン審査のコツ
プロミス、他社借入があると審査に落ちる?
プロミス、申込方法と時間帯まとめ
プロミス、借入方法と時間帯まとめ
プロミス、コンビニATMの借入と返済方法
プロミス、セブン銀行での借入・返済方法
プロミス、三井住友銀行ローン契約機の借入・返済方法
プロミス、無人契約機の借入方法
プロミスのポイントサービスとは?
プロミス、自営業(フリーランス)の借入方法
プロミスの営業時間まとめ
プロミス、利用限度額変更の申込と審査のコツ
プロミス、学生アルバイトの借入方法と審査のコツ
プロミスなら24時間借り入れ・返済できる!
プロミスは家族にバレる?夫・妻に絶対内緒!
プロミスは会社にバレる?「会社連絡なし」で内緒に!
プロミス、土日の申込・借入方法
プロミス、深夜(夜間)の申込・借り入れ方法
プロミスの瞬フリ(振込キャッシング)とは?
プロミス、来店契約で即日融資するには?
プロミス、インターネットで即日融資・即日審査するには?
プロミス、スマホ携帯での申し込み・借入方法