プロミス、派遣社員の審査・在籍確認

MENU

派遣社員はプロミスで借入できるのか?

 

プロミスの申し込み条件には「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」と記載されています。

 

世間一般的な声としては「”安定している”正社員として就職するべき」との考え方が浸透されていますが、派遣社員においても継続して勤務されていれば「安定した収入のある方」と判断してもらえる可能性は高いので、プロミスで借入申込することは基本的に可能であると言えるでしょう。

 

派遣社員がプロミスのキャッシング・カードローンを利用する時の注意点や審査のコツについて今回は徹底解説していきたいと思いますので、ココで疑問を解消して頂ければと思います。

 

プロミス、派遣社員は審査落ちる?通らないの?

 

先ほどのコーナーで「申込は可能」であると記載しましたが、肝心なのは実際にお金を借りることができるか?という点だと思います。

 

しかし、残念ながらプロミス審査基準は明確に公開されていません。つまり、審査に落ちるか?通過することができるか?は予想するのが困難であると言えます。

 

但し、これだけは言っておきたいのは「派遣社員はプロミス審査に落ちる」という都市伝説は嘘です。派遣社員というだけで借りられないということはありませんので、ご安心くださいませ。

 

落ちやすい人とは?

 

一般的に消費者金融でキャッシング・カードローンに落ちやすい傾向がある人の特徴・共通点は存在します。それらを簡単にまとめてみましたので、ご覧くださいませ。

 

  • 信用情報機関に掲載されている
  • 年収の3分の1以上の借入が既にある
  • 派遣社員として働いて日が浅い
  • 他社借入が複数ある
  • 申込に虚偽の記載をした
  • 在籍確認できない

 

信用情報機関への掲載とは簡単に言えばブラックリストになります。過去に長期間滞納されたり、債務整理をした経験がある人は掲載されている可能性があります。事故情報は1つでも掲載されていると基本的に審査に落ちます。

 

総量規制の関係で賃金業者は年収の3分の1以上は貸してはいけないルールが存在します。よって、既に年収の3分の1以上の借入がある場合はそれ以上貸すことができないので、審査に通らない理由になるでしょう。

 

続いては明確なルールはないのですが、勤続期間が3ヶ月以内又は半年以内の場合ですと消費者金融の審査に不利に可能性があると言われています。その根源となる理由は「安定した収入」という申込条件の一文になります。確かに働き始めて1ヶ月、2ヶ月程度で「安定した収入がある」とは言い難いですね。短いと100%審査で落とされる訳ではないのですが、通常よりはリスクがあると言えるでしょう。

 

「他社借入が複数ある」既にほかの消費者金融や銀行などの金融機関から借入をされている方は返済能力によっては落とされる理由になります。簡単に言えば多重債務者になりますので、今後において任意整理、個人再生、自己破産などの債務整理をする可能性もありますからね。リスク回避という考えでは妥当な判断であると言えるでしょう。

 

「申込に嘘・虚偽記載をした」・・・これは正直言って論外ですね。

 

嘘を付く人=信用できない

 

と考えるのが普通ですし、悪質な場合は警察に通報されるケースもあるでしょう。絶対にやめましょう。

 

「在籍確認できない」・・・基本的に電話で在籍確認するのが一般的になります。ペーパーカンパニーなどで電話に出る人が居ないと落ちやすいです。

 

プロミス借入、派遣社員も「在籍確認あり」

 

最終審査と言われている「在籍確認」。

 

できれば「在籍確認なし」が良いな~と思われている方もいるでしょう。

 

しかし、プロミスはシッカリと派遣会社社員にも「在籍確認」が審査の1つとして実施されています。この確認が取れないと審査に通らないので、注意が必要になります。

 

派遣社員の在籍確認は「登録先の派遣会社」と「勤務先」どっち?

 

普通の社員との大きな違いは「派遣元」と「派遣先」の2つの所属があるということです。

 

結論を言えば在籍確認の連絡先はどちらでもOKです。

 

但し、確認が取れやすい傾向があるのは「派遣元」であると言われています。その理由は派遣先で大企業の場合ですと名前が憶えられていない可能性が高いことです。「○○さん在籍していますか?」、「そんな人いないと思いますが・・・。」みたいな感じで応えられてしまうと在籍確認が取れないで審査に落ちるリスクが高まります。

 

その点、「派遣元」であればそのような勘違いはほとんどないはずですので、在籍確認が取れやすいはずです。

 

「在籍確認の電話なし」は可能か?

 

条件次第では免除してもらえるケースはあります。

 

どうしても、キャッシング・カードローンの利用がバレたくないという方はプロミスのオペレーターへ事前に相談することがポイントになります。

 

もちろん、申込者によっては必ず在籍確認が必要になるケースもありますので、注意を。

 

プロミス

プロミス、派遣社員の審査・在籍確認関連ページ

プロミス、WEB契約の流れ・必要書類まとめ
プロミス、追加融資・追加キャッシング
プロミス、おまとめローン審査のコツ
プロミス、他社借入があると審査に落ちる?
プロミス、申込方法と時間帯まとめ
プロミス、借入方法と時間帯まとめ
プロミス、コンビニATMの借入と返済方法
プロミス、セブン銀行での借入・返済方法
プロミス、三井住友銀行ローン契約機の借入・返済方法
プロミス、無人契約機の借入方法
プロミスのポイントサービスとは?
プロミス、自営業(フリーランス)の借入方法
プロミスの営業時間まとめ
プロミス、利用限度額変更の申込と審査のコツ
プロミス、学生アルバイトの借入方法と審査のコツ
プロミスなら24時間借り入れ・返済できる!
プロミスは家族にバレる?夫・妻に絶対内緒!
プロミスは会社にバレる?「会社連絡なし」で内緒に!
プロミス、土日の申込・借入方法
プロミス、深夜(夜間)の申込・借り入れ方法
プロミスの瞬フリ(振込キャッシング)とは?
プロミス、「郵送物なし」、「カード発行なし」の借入
プロミス、来店契約で即日融資するには?
プロミス、インターネットで即日融資・即日審査するには?
プロミス、スマホ携帯での申し込み・借入方法