アコム、他社借入がある場合の審査

MENU

アコム、他社からの借り入れがある場合の審査

 

アコムの申込条件には「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。」と記載されていますので、他社借入がある場合でも20歳以上で安定した収入と返済能力があれば申込可能になります。

 

今回は他社借入がある場合の審査に関するまとめページを作成しましたので、既にほかの賃金業者から借入をされている方は必見です。

 

他社借入が原因で審査に落ちになる人の共通点

 

他社借入がある場合でも審査に通る人、落ちる人が存在します。ココでは審査落ちの例について解説します。

 

総量規制に抵触する場合

 

注意が必要なのは賃金業法の総量規制です。年収の3分の1までしか貸出をすることができませんので、既に年収の3分の1の金額を借り入れされている場合については審査NGになります。

 

また、例えば年収100万円の方で既に20万円借入をしている場合については審査に通っても利用限度額が20万円になることはありません。総量規制に抵触しない範囲で利用限度額が設定されますので、この場合ですと利用限度額は最大でも10万円になるでしょう。

 

信用情報機関に登録されていると審査落ち

 

過去に債務整理手続きや返済の長期延滞などの金融事故を起こしている信用情報機関に登録されている方については審査落ちになるでしょう。何で過去の金融取引の詳細がバレるのか?と疑問に思っている方のために説明をするとアコムでは審査の際に必ず信用情報をチェックして、「申込者に貸し出しても大丈夫か?」を判断されています。

 

ちなみに一度記録されてしまうと最大で10年は消えません。

 

他社借入件数が多すぎるとNG

 

借入総額だけではなく、借入件数が多すぎることで審査に落ちるケースもあります。

 

審査落ちの目安なるのは5件以上の他社借入件数です。アコムへの申込前に5件以上の他社借入をしている場合は減らす努力をする方が無難です。ちなみに5件以下の場合でも借り入れ件数は少ないにこしたことはありません。

 

他社借入があると利用限度額が少額傾向に

 

同じ年収であれば総量規制の関係で「他社借入なし」と比較して「他社借入あり」の方は利用限度額が低く設定される傾向があります。

 

ただ、他社借入がある場合でも高所得者の場合ですと利用限度額が高く設定される可能性があるなど1人一人の状況によって異なりますので、一概には言えません。

 

また、契約後の増額・限度額引き上げ審査においても「他社借入あり」より「他社借入なし」の方が好ましいでしょう。

 

アコム申込はこちら