アコム審査基準~落ちた人の特徴とは?

MENU

アコム審査で「通る人」と「落ちる人」がいます。

 

当然ですが、申込者の全員がアコムから借入することができる訳ではありません。アコムだけではなく、ほとんどの消費者金融・銀行のカードローンでは”審査”が存在します。これに通過することができない人はいくらお金に困っている場合でも借入できないのです。

 

今回紹介するのはアコム審査基準の分析に関する内容になります。通りやすい人、落ちやすい人の特徴・傾向について触れています。

 

アコム審査で落ちる人の条件一覧

 

キャッシング借入においてほぼ間違えなく落とされる条件が存在します。

 

まずはアコムのカードローン貸付対象者を見てみましょう。

 

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

 

未成年は申込できません。18歳・19歳も借入不可

 

まずアコムで借入をするには20歳以上の条件をクリアする必要があります。20歳未満の未成年は貸付対象外になりますので、注意が必要になります。また、アコム以外の一部の消費者金融で18歳~19歳の学生でもキャッシングすることができるサービスも存在しますが、高金利・少額融資のケースがほとんどになります。計画性がないと自らを苦しめる結果になりかねませんので、注意が必要になります。

 

安定した収入が無い人は借入できません。

 

”安定した収入”の条件は実は明確な基準は存在しません。例えば年収300万円以上で週3日以上勤務などのような基準はアコムにはないのです。何となく”安定した収入”と聞くと公務員や上場企業の正社員などをイメージされる方が多いと思いますが、アコムでは学生のアルバイトや主婦のパート勤務の方でも借入できる可能性がありますので、借入したいと考えているのであれば悩むより申込をして審査する方が早いです。

 

ワンポイントでアドバイスをすると同じ収入の場合ですと数カ月に1回程度の報酬を得ている人より毎月収入がある方が印象は良いです。毎月収入があることが1つの重要ポイントになっています。なお、給与だけではなく不動産所得、投資(FX・株)、事業所得などで稼いでいる個人事業主でも審査申込可能です。

 

多重債務者(他社借入)等で返済能力がない人は落ちます。

 

安定した収入がある場合でもそれ以上に支出が多い場合は落ちる理由になると考えられます。

 

例えば毎月60万円の収入がある場合でも多重債務者で毎月70万円返済している人は返済能力が低いと言えます。

 

他社借入の数、借金総額によって審査結果が変わる可能性はあるでしょう。

 

信用情報機関に掲載されている人は審査に通りません。

 

金融事故を起こして信用情報機関登録(ブラックリスト)されている人は審査に落ちます。こアコム以外でも優良の大手貸付業者であれば信用情報機関に掲載されている申込者はまず落とされるでしょう。

 

掲載される理由は様々で返済の延滞、任意整理、個人再生、自己破産などのケースが多いですね。今現在他社借入をしていて、返済を2ヶ月以上滞っている場合は掲載されている確率は高いでしょう。

 

「これって知られるの?バレるの?」ともしかするとスルーしてもらえるのではないか?と期待する声もありますが、必ずアコム審査では信用情報を確認しますので、バレます。なお1度登録されてしまうと1~10年は消えないので、くれぐれも計画的な借入・返済が大切になります。

 

年収の3分の1以上借入があると総量規制対象に

 

消費者金融のカードローン・キャッシングは総量規制対象になりますので、年収の3分の1以上の借入はできないことになっています。

 

既に他社借入がある場合は注意が必要になります。

 

在籍確認でつまづくことも?虚偽は絶対NG

 

アコム審査の過程で在籍確認は必須項目になります。どのような方でも必ずシッカリと記載通りの勤務先で働いているか?を調べられます。確認方法の基本は電話になります。「○○さんは在籍していますか?」と職場に連絡をされて在籍を確認するのが基本ですが、

 

電話に出た人が「そのような者は当社にはおりません。」のような誤った回答をしてしまうと落ちるケースもあります。また、よくある話ですが申込に既に退職した会社の名前を書いていたり、勤務先を虚偽記載されている人は在籍確認でバレて審査に落とされます。

 

アコム審査の流れ

 

まず最初に申込する必要があります。その方法がいくつかあります。下記に一覧にしてみました。

 

  1. インターネット
  2. 自動契約機
  3. 店頭窓口
  4. 電話

 

おすすめは24時間申込受付が可能なインターネット申込になります。話す必要もありませんので、場所や時間に捉われる必要もありません。電話の場合ですと声が漏れて周囲に知られる可能性がありますので、バレたくないのであれば誰にも聞かれない安全な場所で電話申込することをおすすめします。

 

なお、申込の際に必要な入力事項は下記の通りになります。

 

お客さま情報

 

氏名/氏名(フリガナ)/旧姓/生年月日/性別・独身 既婚/メールアドレス/メールアドレス(確認)

 

ご自宅情報

 

郵便番号/自宅住所/電話番号/住居種類/入居年月/家賃・住宅ローン/本人を含む家族人数

 

お勤め先情報

 

勤務先電話番号

 

入力して申込受付後に審査に入ります。

 

アコム申込はこちら