消費者金融の金利(利息)徹底比較

MENU

消費者金融の金利(利息)徹底比較

消費者金融を選ぶ上で絶対に知っておきたいのが金利(利息)です。

 

お金を借りる最大のデメリットと言えるのが金利ですが、その実質年率によって返済総額が増えますので、低金利の消費者金融を選ぶことが重要になります。もちろん、キャッシング・カードローンの利便性など特徴に合わせて決めるのも良いですが、借入先の情報は把握しておくべきです。

 

このページの題材は「消費者金融の金利(利息)徹底比較」になります。

 

最初のコーナーでアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルの大手消費者金融4社で金利を比較していますので参考にして頂ければと思います。

 

その次のコーナーでは初心者のキャッシング・カードローン利用のために金利に関する基礎知識や疑問について解説していきたいと思います。

 

大手消費者金融4社の金利を比較!

 

サービス名

実質年率

アコム

3.0~18.0%

プロミス

4.5~17.8%

SMBCモビット

3.0~18.0%

アイフル

3.0~18.0%

 

 

アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルの実質年率一覧表です。最低実質年率が低いのはアコムとSMBCモビットの3.0%、最高実質年率が低いのはプロミスの17.8%になります。

 

消費者金融の金利とは?

 

お金を借りるためのレンタル料

 

何となく「金利」、「利息」って聞いたことがあるけどイマイチ完璧に理解されていない方は多いと思います。実際にカードローン・キャッシング利用者でもあまり気にされない方はたくさんいます。

 

返済計画通りに毎月真面目に返済をすれば最終的には完済にたどり着くのですが、キャッシング利用者にとって知っておきたい知識だと思いますので勉強しておいて損はないと思います。今更聞けない「金利とは?」についてこの機会を通じて学んで頂ければと思います。

 

消費者金融の借入における金利とは借入額に対する利息の割合のことを「金利」と言います。お金を借りるためのレンタル料とイメージすると分かりやすいと思います。無料でDVDやCDを借りれませんよね?それと一緒でお金も無料では借りられないのです。

 

友人からの借り入れの場合ですと金利を無料にしてくれるケースもあると思いますが、消費者金融や銀行カードローンで借入をする場合は基本的に「借入額+金利=借金返済総額」になります。

 

金利・利息・利子・利率の違いは何?

 

金利ではなく利息と表記されているキャッシングサービスは結構あります。

 

金利、利息、利子、利率は使い方に若干の違いはありますが意味は一緒です。

 

基本的には「借入額に対する利息の割合のこと」と認識して頂ければと思います。

 

年利と年率の違いは?

 

なお、「年利」・「年率」とこちらも似たような言葉ですが意味は「1年間の利息の割合」でどちらも一緒です。ちなみに「月利」、「月率」は「1ヶ月の利息の割合」になります。

 

消費者金融の実質年率とは?

 

消費者金融のカードローンで頻繁に「実質年率○○%」と記載されている例を見かけます。

 

「年率」と「実質年率」は何が違うのか

 

年率は「借入額に対する1年間の利息の割合」ですが、それにプラスαで手数料、保証料などの諸経費を含むのが「実質年率」になります。消費者金融は利息を実質年率と表記することを法律で定められています。実際にアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルの大手消費者金融4社でも「実質年率」と表記されています。

 

但し、ほとんどの消費者金融は諸経費が無料ですので実際には「年率」と「実質年率」は同じ意味合になっているケースが多いのが特徴的になります。

 

消費者金融の金利に上限ってあるの?

 

元金

上限金利(年率)

10万円未満

20.0%

10万円以上100万円未満

18.0%

100万円以上

15.0%

 

 

例えば元金が5万円であればMAX年率は20%です。元金50万円ならMAX年率は18%になります。元金が5万円なのに年率25%の賃金業者があればそれは違法です。

 

大手消費者金融や銀行であれば上限金利を守っていますので安心して利用することができます。

 

消費者金融の金利計算方法

 

元金×実質年率÷365日×借入日数
※うるう年は366日計算になります。

 

事例①

 

元金100万円、実質年率18%、100日間の借り入れの場合

 

⇒100万円×18%÷365日×100日=49,315円

 

事例②

 

元金100万円、実質年率18%、30日間の借り入れの場合

 

⇒100万円×18%÷365日×30日=14,794円

 

事例①の場合ですと返済総額は元金100万円+金利49,315円になります。