キャレント、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

キャレント、解約方法の流れと必要書類を解説!

現在、法人向け融資のみ取り扱っているキャレントは、これまでの個人向け融資について、「即日融資してもらえた」「ダメもとで申込みしたけど審査に通った」などコメントがあります。そのため、以前に申込みしていてキャレントの会員である方、今も融資を受けている方も少なくないはずです。

 

そこで、借入はもう必要ない!他社に乗り換えたい!などそれぞれの事情により、キャレントの解約を検討している方は必見となっていますよ!ここでは退会方法や必要な書類について解説していますので、参考としてご覧下さいね!

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

キャレントの解約・退会手続きについて徹底検証

 

消費者金融は借入残高がなくなり完済することで、解約されるわけでなく、手続きしない限り契約が続いていると考えておくべきです。それ以降、お金を借りることがなければ、支払う必要はありませんが、会員として継続されていますので今後も融資を受けることができるということです。

 

また、カードローン会社や貸金業者の退会は至って簡単!キャレントについても用意に途中解約することができると考えられます。公式サイトでは解約方法や提出書類など記載されていませんが、一般的な消費者金融会社を参考にしてみると良いかと思われます。

 

大手消費者金融の解約方法に注目

 

  1. 電話・ネット・自動契約機で手続き
  2. 必要書類はなし
  3. ローンカードの返送

 

全国的に有名な消費者金融会社を参考にすると、申込みに多少手間、時間がかかったもの、退会・解約に関しては電話で本人確認を行い、そのまま解約扱いとして手続きが終わる場合もあります。ローンカードの返送があるところや利用者自身が処分して下さいといった会社もあります。

 

このように大手のカードローン会社は、解約の意思表明をすることで簡単に退会することができます。また、このとき、解約証明書の発行が必要かどうかも確認されますので、受け取らなくても問題はありませんが、後々、住宅ローンや他社でのりかえローンの利用を考えている方は受け取った方が良いと考えられます。

 

解約証明書は、記載されている業者への債務がない状態である、また、現在解約された状態という事実を証明するための書類です。何かと提出を求める場面が出てくるかもしれませんので、いざというときのためにも申請しておくと良いでしょう。

 

解約完了の確認

 

手続き後は解約完了の書類や通知が届くことはありませんので、本当に退会できたのかどうか不安な場合は、会員ページにログインで試してみると良いでしょう。。会員でなければ無人機やATMも利用できなくなり、ネットのマイページについても同じことです。万が一、これまで同様に利用できるのであれば、まだ解約になっていないということですので、再度、電話で確認する必要があります。

 

キャレント解約方法まとめ

 

ローンカードを持たない街金キャレントの解約は、会員専用ダイヤルでその旨を伝えることが最もベストな方法です。ネットは申込みや再融資などの受付専用となっていますので、電話1本で手続き完了することができると考えられます。その際は、もちろんですが残高0円であることが絶対条件としています。

 

また、解約証明書の発行については不明ですが、必要な方は可能かどうか確認すると良いでしょう。


キャレント、解約方法の流れと必要書類を解説!関連ページ

キャレント、申込後のキャンセル方法