フクホー、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

フクホー、解約方法の流れと必要書類を解説!

24時間申込み受付しているフクホーは、全国どこでも来店不要で即日振込融資が可能の中小消費者金融です。口コミ等では審査が柔軟といったコメントが目立ち、実際に他社で断られた方やブラックな方の借入れ実績がある貸金業者でもあります。また、レディースキャッシングの女性専門ダイヤルを設けていますので、OLやパート・アルバイト主婦などもいざという場面で重宝している方も少なくないようです。

 

そこで、契約したもの融資の必要がなくなった、または完済したので退会したいといった理由で、フクホー解約方法や必要書類が気になるという方もいることでしょう。

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

フクホー解約・退会手続きについて徹底検証

 

ローンカード不要で振込融資のフクホーは、解約手続きについての詳細が公式HPに記載されていません。ですが、どの消費者金融会社においても契約後、借入残高が0円であれば、解約することができるとしています。フクホーにおいても、すでに借りたお金の完済が済んでいれば解約・退会できると考えられます。

 

フクホー解約のメリット・デメリット

 

メリット

 

  • 住宅ローンの融資可能額が増える可能性がある
  • 他社のカードローン審査に通りやすくなる場合がある
  • 賃貸の入居審査で審査に通りやすくなることも考えられる

 

デメリット

 

  • 再度借入するときは審査を受ける必要がある
  • いざという時にお金が借りられなくなる

 

某消費者金融の解約方法に注目

 

  1. 電話
  2. 自動契約機
  3. 店頭窓口

 

大手カードローン会社は、全国の主要都市に店舗が存在しており、自動契約機は全国各地に点在しているのが特徴です。そのため近くの店舗や無人契約機で簡単に解約することができます。そして、解約に必要な書類はなく、店頭なら身分証明書の確認、ローンカードの提出で完了します。また電話なら、わざわざ店頭窓口や無人契約機に出向く必要なく、ローンカードを郵送するだけで済みます。

 

 

そこでフクホーも大阪にある店舗への来店も可能ですが、遠方各地で利用している方にとっては、店舗での解約手続きはは難しいでしょう。よってフクホーについても電話が最もポピュラーな解約方法であることが考えられます。電話する前には、借入残高が0円であることを確認し、手元にはカードを用意しておくと解約手続きがスムーズに完了できるでしょう。


 

解約証明書の必要性

 

解約証明書とは、記載されている業者への債務がない状態である、また、現在解約された状態という事実を証明するための書類です。「住宅ローン」や他社「のりかえローン」の利用の際は、提出を求める場合がありますので、いざというためにも申請しておくと良いでしょう。

 

 


フクホー、解約方法の流れと必要書類を解説!関連ページ

フクホー、申込後のキャンセル方法