マンモスローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

マンモスローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

ご融資どっとこむが提供している借換ローンは「ラクラクライト」のほかに「マンモスローン」という商品も取り扱っています。貸金業法に基づき、他社借入をまとめて1本化するおまとめローンで、どちらも利用条件が同じですので、名前だけが違うローンサービスと認識しても良いかと思われます。

 

そこで、ここではマンモスローンについて、申込から融資、解約までの流れを解説!退会手続きの方法や必要書類についてまとめいますので、契約後にキャンセルしたい!不要になったので契約解除したいという方も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

マンモスローンの解約・退会手続きについて徹底検証

 

これまでの債務を1本にして返済できるようになる借換ローンについても、完済したから終わりではなく、解約手続きしない限り契約は継続状態であると考えられます。そして、これからマイホーム購入するにあたり、住宅ローンを組む予定としている方は、マンモスローン契約が続いていると、審査に不利になることが予想されます。そのため完済しているなら早めに解約手続きしておいたほうが良いと考えられます。

 

マンモスローンの特徴

 

 

貸金業法に基づく借換ローン
「貸金業者から複数ローンをお借入中の方」、「総量規制における年収の1/3を超えるお借入がある方」に最適な返済プランを提案
※借換えの対象となる債務は、「貸金業者(みなし貸金業者を含む)」からの借入債務に限ります。 (銀行、クレジットカードのショッピング等は対象外)本商品は、施行規則第10条の23第1項第1号の2の要件を満たした商品です。


 

  • 毎月の返済金額が軽減
  • 金利の負担が軽減
  • 返済日は毎月1回・段階的に残高が減少
  • 本商品は、返済のみで追加の貸付け不可
  • 最高限度額はなんと2000万円

 

申込方法から融資

 

  1. パソコンやケータイ、電話でもOK
  2. 審査・結果
  3. 口座へ振込

 

マンモスローンはインターネット・モバイル・電話にて申し込みをサポートしており、専任アドバイザーが丁寧に手続きに必要な書類や流れなど説明してくれます。また、ご融資どっとこむのフリーローンなどは窓口での融資ですが、マンモスローンは口座振込になっていますので、全国から申込みすることができます。

 

そして、他社に負けないスピード審査もうりですが、借換ローンについては多少、審査に時間を要すると考えておいたほうがよさそうです。

 

返済方法

 

  • 返済期間は10年以内、1ヶ月単位。
  • 元利均等返済:元金と利息を含めて毎月一定の金額を返済
  • 返済回数は1回から120回、ローン金額に応じて設定
  • 増額返済や一括返済も可能

 

契約解除の条件は、貸付残高0円であることが必須です。早く解約したいけど、まだ残高があるという方は、お金に余裕があるときやまとまったお金が入ったときなど、積極的に返済していくようにしましょう。

 

解約手続きと流れ

 

マンモスローンの解約・キャンセルについての詳細は公式サイトに記載されていませんが、大手消費者金融の方法、流れを参考に手続きすることができると考えられます。公式ページにある電話番号に問い合わせして、解約したい旨を伝えると専任アドバイザーが応えてくれます。一般的に貸付残高が0円と確認できれば、解約に関する手続きはそれ以降不要となります。

 

電話受付時間は、9:00~18:00(土日祝日・年末年始除く)ですので、完済しており今後不要と考えているなら、営業時間内に申し出しておくと良いでしょう。その際に、解約証明書の発行について聞かれなかった場合も、住宅ローンを組むときに提出を求められることもありますので、申請して受け取っておいたほうが無難かもしれません。