アプラスパーソナルローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

アプラスパーソナルローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

新生銀行グループの一つであるアプラスは、Tポイント機能を搭載した提携クレジットカードの発行や、非接触IC決済サービスに対応したプリペイドカードの発行、中国人向け二次元コードによるモバイル決済サービスの日本国内における利用店舗網の拡大などの、消費者のニーズに応えた新たな決済サービスの提供に積極的に取り組んでいる会社です。

 

そして、そのなかでアプラスパーソナルローン「α倶楽部カード」は、カードローンでは珍しい返済時にポイントがつくサービスを提供し、利用者から大変、好評の口コミコメントが見られます。また、申込はネットで完結!即日融資が可能で、全国のATMが使えるのでとても手軽に利用できます。

 

しかし、契約したものキャンセル、解約したいという方も何らかの理由により検討している方もなかにはいるのではないでしょうか。公式サイトには詳しい詳細が記載されていませんので、ここでは、α倶楽部カードを含め、アプラスパーソナルローンの解約手続きの仕方や必要な書類をまとめていますのでご覧下さいね!

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

アプラスパーソナルローンの解約・退会手続きについて徹底検証

 

消費者金融のカードローンは、解約しない限り契約は継続していますので、退会したい場合はその意志を自ら申し出る必要があります。もちろんアプラスパーソナルローンについても同様で、公式HPにはこのような回答が見られました。

 

カードを脱会したいのですが、どのように手続きをしたらいいですか?

お電話にて脱会手続きが可能です。アプラスパーソナルローンにお申出ください。

 

解約方法は大手消費者金融と変わらない!

 

一般的なカードローン解約・退会は、電話でその旨を伝えるだけで、必要な書類と言えば身分証明書ぐらいです。また、ローンカードは、郵送で返却、店頭に持ち込み、自分で処分など業者によって指示は異なるもの、解約手続きは至って簡単な方法となっています。

 

アプラスパーソナルローンも電話で申し出て、受付の案内に従いカードの処分をすることで完結すると思われます。そのときに、解約証明書の発行について触れてこない場合、これから住宅ローンや他社でおまとめローンを組む予定のある方は、申請して受け取っていたほうが良いかと思われます。契約の際に、解約証明書の提出が求められる場面がでてくる可能性もあります。

 

ナビダイヤル(有料) ※番号は公式サイトで確認して下さい
【受付時間】9:30~17:30(土日祝休)

 

たまったポイントは景品に換えておこう!

 

アプラスパーソナルローン「α倶楽部カード」は、返済するたびにポイントが加算されていくシステムになっています。解約する前には、貯まったポイントを欲しい商品と交換しておくと良いでしょう。

 

アプラスパーソナルローンの返済方法

 

  • 返済方式:借入時残高スライドリボルビング方式(元利定額)
  • 返済期間/返済回数:元金と利息を完済するまでの期間、回数。利用可能枠の範囲以内で繰り返し借り入れる場合、返済額、返済期間、返済回数も変動。
  • 返済日:ATMの場合5・10・15・20・25・末日の中から選択 / 口座振替の場合毎月27日(休日の場合、翌金融機関営業日)
  • 随時返済可能

 

返済は提携ATMを利用、口座振替の2つから選択することができ、給料日が27日以前ならローンカードでの返済が良いでしょう。日にちが選べるので、給料日後であれば延滞することなく、しっかりと返済することができます。また、アプラスパーソナルローン解約の絶対条件が貸付残高0円が必須です。

 

まだ残高が残っているもの早めに退会したい方は、お金に余裕があるときに追加返済、もしくは、まとまったお金がはいったときに一括返済することで問題なく解約することができます。

 

繰り上げ返済について

 

「全額繰り上げ返済」をご希望の場合は、完済金額をお知らせしますので<お問合わせ先>までご連絡ください。
「一部繰り上げ返済」については、毎月のご返済に加え、当社提携のATMやコンビニで随時ご入金いただけます。