関東信販、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

関東信販、解約方法の流れと必要書類を解説!

創業30年以上の関東信販は、埼玉県知事への登録、日本貸金業協会へ加入している正規の貸金業者となります。本社は埼玉川口市にありますが、申込はホームぺージのみ、ネットキャッシング専門であることから全国対応している消費者金融となります。

 

そして、主力商品であるフリーローンのほかに教育ローン、レディースローン、スーパーローンなどニーズに合わせて利用できる商品がラインアップされています。また、一般的なカードローンの最高金利が18%のところ、関東信販のフリーローンは16.9%と低金利となっています。そのため、急な入り用で思わず申込してしまったという方もいることでしょう。

 

ですが、その後、不要になってしまいキャンセル、解約を検討している方もいるのではないでしょうか。

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

関東信販の解約・退会手続きについて徹底検証

 

基本、貸金業者と契約して、貸付残高0円(完済)の状態であれば、どのような理由であっても解約・退会することができます。もちろん関東信販についても、これまでに借入した「元金+利息」全て返済していれば、容易に退会することができます。公式サイトには詳しい詳細は記載されていませんが、大手消費者金融と同様の方法で完結できると考えられます。

 

解約は電話1本で完了

 

フリーローン、教育ローン、レディースローン、スーパーローンの申込は、ネットのみの関東信販は、契約解除する場合は電話で申し出る必要があります。

 

 

営業時間AM 9:00 (8:00) ~ PM 3:00 (休業日:土.日.祝日)
申込み(新規・再・追加融資)は、ホームページからお願いしております。
申込み以外のお問い合せの方は、PM 3:00以降は自動受付電話にてお願いいたします。翌日営業時間に連絡させていただきます。


 

自動音声に従うことで、翌日営業時間内に電話がきますので、解約したい旨を伝えると良いでしょう。ローンカードの発行がないので返却する手間もなく、手続きの書類については、あえて必要とするなら身分証明書のみとなっています。

 

そこで、解約証明書の発行が必要かどうかの確認があれば、他社で住宅ローンや乗換ローンを組む際に提出が求められることもありますので、今後予定している方は受け取っておいたほうが良いかと思われます。また、確認されなかった場合は、必要な方は申請しておくと良いでしょう。

 

関東信販の返済方法

 

  • 返済方式:一括払い / 元利均等リボルビング方式
  • 返済期間:一括払い(最長60日以内)/ 2回~60回(2ヵ月~60ヵ月) ※レディースローンは2回~24回(2ヵ月~24ヵ月)

 

毎月の支払日を自分で決めることができ、給料日の5日後くらいが一般的な支払い日にしている人が多いようです。また、入金は1ヵ月に1回で、支払い期日の10日前より承っており、1ヶ月の支払い分以上は、完済も含めて自由に入金することができると公式サイトに記載されています。

 

関東信販の解約の絶対条件が完済していることですので、早く退会したいという方は、繰り越し返済、一括返済してから申し出ることができます。

 

消費者金融はクーリングオフできる?

 

クーリングオフはできるのでしょうか?

可能ですが、日数計算で金利分をいただく形となります。

 

上記は関東信販の公式サイトのQ&Aになります。消費者金融の借入は、特定商取引に当てはまらないので、原則クーリングオフはできないとなっています。金銭消費貸借契約書によって借主が同意した上で契約を交わしたことになりますので、「うっかり契約してしまった」や「訪問販売で契約する」には該当しないということです。※心裡留保、錯誤、詐欺又は脅迫の場合は、契約を取り消すことができる

 

融資を受け取ってしまった場合は、無駄な利息を支払わないためにも早めに全額入金して、電話で契約解除すると良いでしょう。