プランネルフリーローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

プランネルフリーローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

千代田区に本社を構えているプランネルは、東京都知事への登録、日本貸金業協会へ加入している正規の消費者金融業者となります。また、日本文化センターのグループ会社でありますので、安心、信頼できる会社となります。安定した収入と返済能力があれば20~85歳までが利用できるキャッシングサービスのフリーローン100は人気があり、東京都内だけでなく、全国各地で利用している方もいることでしょう。

 

また、20歳から79歳までの幅広い層の方が申し込みできるフリーローン50も、パート・アルバイトの主婦や高齢者から注目されています。そこでプランネルフリーローンを契約したもの、不要になり退会したいという方は必見となっていますよ!ホームぺージには解約の手続きの仕方や必要書類について解説されていませんので、どうしたものか悩んでいる方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

プランネルフリーローンの解約・退会手続きについて徹底検証

 

消費者金融は、どのような事情があっても貸付残高が0円であれば、解約、退会することができます。また、契約前であれば、審査後や書類提出する前なら、電話でキャンセルしたい旨を伝えることで取り消しすることが可能です。

 

プランネルについても、フリーローンの契約後、借入れ全額返金(利子を含め)が済んでいれば容易に契約を解除できます。ここでは、返済方法を含め、大手消費者金融の解約流れと併せて、解説していきたいと思います。

 

 

プランネルフリーローン100の返済方法

 

  • 毎月の均等返済
  • 毎月規定の返済額以上の返済も可能
  • 12回・18回・24回・30回・36回・48回・60回・最長6年の72回払いまで可能
  • 利用口座からの自動引き落とし、もしくは郵便振込から選択

 

 

フリーローン100契約条項 第5条(返済期日前の返済)
借主は、返済期日前であっても元本の一部、又は全部を支払うことができます。この場合返済をする日までの利息をあわせて支払うものとします。


 

プランネルフリーローンの融資金額は10万円から最高100万円まで利用でき、返済は毎月の均等返済で12回~72回払い(最長6年)までの中から自由に選ぶことができます。また、返済の途中でも追加の申込みが可能です。そして、返済方法は、銀行またはゆうちょ銀行からの引き落とし、郵便振込の中から好きな方法が選べます。

 

そこで、契約解除の条件は完済していることですので、プランネルとの契約をすぐにでも解除したいという方は、繰り越し返済、一括返済すると良いでしょう。これは、フリーローン100だけでなく50の商品についても、利用条件、返済期限は異なるもの同じことが言えます。

 

電話1本で解約・退会

 

一般的にローン契約解除は、営業時間内に電話で申し出ると、受付の案内に沿って手続きすることができます。また、大手会社の場合、無人契約機等でも手続きすることができ、カードについては自分で処分、もしくは金融会社へ返送など指示があります。

 

そして、プランネルフリーローン(100・50)は振込融資になりますので、カード返却、処分など煩わしいこともなく、公式HPに記載されているフリーダイヤル(受付9時~20時・年中無休)で申し出ることで簡単に解約できると推測できます。

 

解約証明書は必要?

 

  • 住宅ローンや他社でのりかえローンを考えている方は必須
  • 会社側から話しがなければ、必要な方は自ら申請する必要がある

 

解約証明書は、記載されている業者への債務がない状態である、また、現在解約された状態という事実を証明するための書類です。それ程、必要な場面が出てくることはありませんが、住宅ローンや乗り換えローンを組む際に提出を求められることもあり、今後、予定がある方は万が一のために申請しておくとよいかもしれません。