東邦銀行カードローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

東邦銀行カードローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

福島の人なら誰もが知っている東邦銀行は、個人向けのカードローンを提供!福島市やいわき市、郡山市、会津若松市、白河市、相馬市、須山市などパートアルバイト主婦や会社員など利便性の高いサービスとして申込、契約して利用している人もいることでしょう。

 

そこで、既に完済している人、まだ残高が残っている人で東邦銀行カードローン解約にあたり、悩んでいる方は必見となっていますよ!

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

東邦銀行カードローンの解約・退会手続きについて徹底検証

 

代表的な東邦銀行のカードローン「TOHOスマートネクスト」の規定は、融資期間3年(原則自動更新)で、更新時に満70歳の誕生日を迎えられている場合には、以後の新規貸越はできないようになっています。対象年齢の69歳に近い方であれば、自動更新されることなく解除されますので、あえてこちらから申込みしなくても、銀行側からの通知が来てから手続きすれば良いと思われます。

 

しかし、そうでない人は、何らかの問題がなければ3年ごとに自動更新されますので、今後、利用しない、不要といった方は、自ら解約手続きの申込をする必要があります。東邦銀行ホームぺージには、TOHOスマートネクストの解約(退会)方法や流れなど詳しい詳細は記載されていませんので、ここでは、一般的な銀行カードローンの手続きと併せて解説していきたいと思います。

 

店頭窓口で解約申込

 

  1. 本支店にて来店、解約の申込み
  2.  

    東邦銀行本支店:福島県(312)、宮城県(13)、山形県(1)、茨城県(2)、栃木県(1)、東京都(2)新潟県(1)

     

  3. 書類記入、捺印、身分証明書提示
  4. ローンカード返却
  5. 手続き終了
  6. 解約証明書申請した方は後日、自宅に郵送

 

TOHOスマートネクストなど東邦銀行カードローンの契約解除は、電話で手続きできるかは定かではありません。一般的に解約方法は来店ですが、電話の場合は郵送による手続きが可能な銀行もあります。平日、日中忙しくて来店できないという方は、電話で問い合わせてみると良いでしょう。

 

いずれも簡単手続きで解約することができますので、マイホームや車購入でローン契約を考えている方、他社で乗換ローンの利用を検討している方は、早目に申込して退会することをおすすめします。

 

年会費は無料!いざというときに重宝!

 

東邦銀行カードローン解約してしまうと次回、確実に審査が通るとは限りませんので、借入れ状況によっては今後利用できるかどうかわかりません。また、「信用審査基準のハードルが高い」といったクチコミが見られますので、今後のマネープランに応じて検討してみると良いかと思われます。

 

そこで、年会費等は無料ですので、お金を借りなければ利息が取られることもなく損することはありません。ローンを組む予定がなければ、完済後も慌てて契約解除する必要もないかと思われます。

 

東邦銀行カードローン(TOHOスマートネクスト)の返済方法

 

  • 約定返済:毎月10日に借入残高に応じて、指定の返済用口座から自動引落し
  •  

  • 利息は毎月10日に前1ヵ月分(前月10日から9日まで)の利息をカードローン専用口座の貸越残高に組み入れます。
  •  

  • 任意返済:約定返済とは別に、カードローン専用口座へのATM、ダイレクトバンキングサービスまたは店頭での入金により、随時返済 ※WEB契約型は店頭での入金は不可

 

カードローン「TOHOスマートネクスト」は、毎月の返済のほかに、繰り越し返済も可能ですので、お金に余裕があるときやまとまったお金が入った場合は、積極的に返済しておくと、いざ解約したいという時もスムーズに手続きすることができます。東邦銀行に限らずカードローン解約は、貸付残高が0円、元金+利息の全額完済が絶対条件となっています。

 

ハローサービスセンター ※番号は公式サイトで確認下さい
受付時間:平日9:00~17:00 土・日・祝日を除く

 

福島県内のカードローン・キャッシング