七十七銀行カードローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

七十七銀行カードローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

仙台に本店を構える七十七銀行は「77カードローン」「77スマートネクスト」など、個人向けの融資サービスを提供しており、仙台市をはじめ石巻市や大崎市、登米市、名取市、栗原市、気仙沼市など宮城県で人気のカードローンで、東北地方の方も利用されています。

 

そこで、それぞれの事情により、七十七銀行カードローン退会を考えている人もいることでしょう。既に完済している方、現在、返済中という方は必見となっていますよ!

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

七十七銀行カードローンの解約・退会手続きについて徹底検証

 

一般的に銀行カードローンは、契約期間(融資期間)を1~3年間を設けており、期限がすぎても自動により更新されるシステムとなっています。そのため、自ら解約手続きの申込をしない限り、最終期限まで契約は継続されていることになります。

 

そして、七十七銀行については1年毎の自動更新で、これからローンを組む予定がある方は、完済後、速やかに退会しておくことで、審査通過しやすくなることが予想されます。そこで、公式ホームぺージにはカードローンの退会方法など記載されていませんので、一般的な銀行の手続きと併せて、方法や流れを解説していきたいと思います。

 

契約期間:1年(1年毎自動更新)
・契約期限:契約日の属する月の1年後応答月の末日
・最終期限:68歳の誕生日以降に到来する契約期限

 

解約方法・流れ

 

  1. 本支店に来店、解約手続き申込 ※営業時間内(平日9:00~15:00)
  2. 元金や貸越利息がある場合は精算
  3. 身分証明書提示・必要書類に記入(捺印)・手続き完了
  4. ローンカード返却
  5. 解約証明書が必要な方は発行してもらう ※後日自宅へ郵送

 

基本、カードローンなど契約を解除する場合は、来店での手続きのほかに電話(郵送)でも対応している銀行もあります。七十七銀行が電話での解約手続きができるかどうかは定かではありませんので、気になる方はテレフォンセンター「ハロー77」に問い合わせてみると良いでしょう。

 

テレフォンセンター「ハロー77」(フリーダイヤル) ※番号は公式サイトで確認下さい
祝日を除く平日9:00~19:00

 

七十七銀行カードローンの返済方法

 

  • 約定返済:毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)に前月末日の借入残高に応じて、返済用普通預金口座から自動振替で返済
  •  

  • 随時返済:毎月の約定返済に加えて、ATMまたは窓口でローン専用通帳へ直接入金することにより返済できる。 ※入金額が借越残高を超過した場合、超過分は返済用普通預金口座へ自動入金されます。

 

銀行カードローンの解約は、貸付残高0円であることが絶対条件で、もちろん七十七銀行についても同様です。そのため、ATM等で残高照会して確認しておく必要があります。そして、早々に契約解除しておきたいという方でまだ残債がある方は、随時返済も可能ですので、余裕があるときやまとまったお金が入ったときは、積極的に返済して全ての借入れ額を返済しておくと良いでしょう。

 

完済後の七十七銀行カードローンは解約すべき?

 

年会費は無料ですので、利用しなければ損することはありません。ですので、住宅ローンや乗換ローンの予定がなければ、あえて解約しないという選択肢もありかと思います。もちろん信用情報機関は、解約をしない限り契約の記録は残ってしまいますが、他の銀行や消費者金融カードローンなど借入予定がない方は、これといってデメリットはありません。

 

いざというときにお金を借りることができる七十七銀行のカードローンは、今後のライフステージで必要になる場面が出てくることも予想されますので、契約解除は慎重に検討してみると良いかと思われます。

 

仙台市のカードローン・キャッシングおすすめ