栃木銀行カードローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

MENU

栃木銀行カードローン、解約方法の流れと必要書類を解説!

宇都宮に本社を置く栃木銀行は、多様なローン商品を用意していますが、カードローンについては1種類のみとなっています。居住地または勤務先が、当行の営業区域内の方を対象にしていますので、全国展開している商品ではありませんが、WEBで契約完結が可能!使いみち自由で安定した収入があればパートアルバイトでも申込みすることができます。

 

消費者金融のカードローンよりも金利が低いですので、栃木県内のサラリーマン、OL、主婦など重宝している方も多いのではないでしょうか。そこで、申込して審査が通り契約したもの、まとまったお金が入り不要になった方や、これまで利用していたもの各々の事情により解約を検討している方もいることでしょう。

 

※こちらで掲載している情報は、今後、変更、終了になる可能性もありますので、公式HPで確認することをおすすめします。

 

栃木銀行カードローンの解約・退会手続きについて徹底検証

 

消費者金融や銀行の個人向けのカードローンは、一般的に契約期間が定められており、その期限が過ぎる前に問題がなければ、その都度自動更新になるシステムになっています。そして、契約の上限年齢まで続けられることになり、解約(退会)の申し出をしない限り、契約は継続されていることになります。

 

そして、その契約情報は信用情報機関に記載されていることになりますが、別に悪い情報として残っているわけではありませんので不安になることはありません。ただし、これからマイホーム購入を予定している方にとっては、今後の審査に影響があるということもなきしもあらずとしていますので、不要になったカードローンは積極的に解約しておくことが良いと思われます。

 

また、まだ完済していない方もいずれ住宅ローンを組む予定がある方は、早目に借入残高を0円にして手続きすると良いでしょう。そこで、栃木銀行の公式HPには、カードローン解約について詳しい詳細は記載されていませんので、一般的な銀行の解約手続きを併せて解説していきたいと思います。

 

解約方法流れ

 

銀行のカードローン解約は、所定の書類で申込する必要があります。残高0円であることを確認できれば、店頭窓口で簡単に手続きします。栃木銀行カードローンについても県内にある店舗で、書類提出が求められ解約手続きの流れになると思われます。

 

また、平日忙しくて来店できない人は、郵送での手続きが可能か問い合わせてみると良いかと思われます。解約証明書が必要な方は、その旨についても電話で申し出ておくとスムーズです。

 

解約証明書が証明書は記載されている業者への債務がない状態である、また、現在解約された状態という事実を証明するための書類です。それ程、必要な場面が出てくることはありませんが、住宅ローンや乗り換えローンを組む際に提出を求められることもあり、今後、予定がある方は万が一のために申請しておくとよいかもしれません。

 

そして、銀行窓口で手続きする際は、ローンカード、印鑑、身分証明書を持参する必要があります。ローンカードの返却を義務付けている銀行は少なくありませんので、勝手に処分しないように注意しましょう。

 

カードローン契約期間

 

契約日から2年後の応当日の属する月の末日までを契約期間とし、契約者の状況、信用情報等に問題がなく、一定の条件を満たした場合、自動更新となります。
※なお、満70歳の誕生日を経過した場合には更新は行いません

 

栃木銀行カードローンの返済方法

 

約定返済 ・毎月6日(銀行休業日の場合は翌営業日)に前月末の借入残高に応じて、返済用預金口座から自動引落し

 

・毎月6日(銀行休業日の場合は翌営業日)の借入残高、および利息の合計額が定額返済金額に満たない場合は、その合計金額を返済

臨時返済 当行のATM(現金自動取引機)または窓口で任意返済ができます。なお、ATM(現金自動取引機)での返済で借入残高を超えて入金した場合は、返済後残高について自動的に返済預金口座に入金します。

ただし、延滞している場合には、ATM(現金自動取引機)での返済はできません。

 

栃木銀行カードローンの返済は、約定のほかに随時返済も可能です。お金に余裕があるときは、早々に借金を返すことができます。ただ、一括返済についてはホームぺージに記載されていませんので、まとまったお金が入り、早く完済したいという方は、電話で問い合わせてみると良いでしょう。

 

フリーダイヤル ※番号は公式HPで確認ください
電話受付時間:8:00~20:00(12/31は18時まで、1/1は休業)

 

栃木県のカードローン・キャッシング情報